第2065回 最近は、「負けるが勝ち」とか「損して徳とれ」で自然の流れに逆らわずに身を任せて行動し...!!(2021.05.13.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月13日のテーマは

~プレッシャーに負けるのは練習量が足りないから~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005130000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2065日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私が負けるときは今までの人生で二つ+アルファです。

一つは自分の中にある弱い心が強く全面に出てしまい、
負ける時です。

具体的には、自分の実力に関係なく、
たまたま運だけで勝利が転がり込んできそうなときです。

なぜ負けてしまうのかというと
まだ勝負の結果が決まっていなく、
ゲームセットのコールの前に
「これは勝てる」という欲望が先に立ち、
自滅していくパターンです。

若い営業マンのころはよくこれで
競合会社の特にベテラン営業マンの方に逆転負けを喫し
契約を持っていかれていました。

この経験で私の身に染みたのは
「勝負は下駄を履くまでわからない」
という言葉です。

対策としてそう感じ始めたときに
自分に意識させる言葉は
「百里の道は九十九里をもって半ばとす」
です。

「勝てそうだな」と感じた時こそ、心を引き締め、
「ようやく半分まで来た。」
これからが本当の勝負のスタートだと意識することにしています。

二つ目は完全に実力不足で完封で負ける時です。

負けた相手の方に「顔を洗って出直して来い。」

という言葉を言われているようで
その時の私にはちょうど当てはまるな。

と思っていました。

ちなみにこんな時は
すぐにこの勝負は
「歯が立たない」と感じる自分に気が付きます。

気持ちで負けたら
どんな勝負もものにすることはできません。

まさに「上には上がいる」です。

今日のお題は
「プレッシャーに負けるのは練習量が足りないから」
です。

「+アルファ」とお書きしましたが、
私にとってこの意味は

「負けるが勝ち」とか「損して徳とれ」

という意味です。

最近、生意気な行動ですが、
何でもかんでも挑発に乗って勝負に行かず
自分に合わない方はお客様にしないことにしています。

その時、最近、頭の中に浮かぶ言葉は
「何とかうまく、相手の方から断ってくれないかな」
です。

私の経験上、自分の実力でコントロールできない
お客様と契約してしまうと
感情的なクレームにお付き合いしなければならない。

という時間ができてしまい、
それが私にとって大きなしっぺ返しとなり
ストレスが増えます。

最近は、「負けるが勝ち」とか「損して徳とれ」
で自然の流れに逆らわずに身を任せて行動し、

千載一遇のチャンスが来るまで
ずっと心を落ち着かせて自分の心を
安定したいい心の状態を保つことにしています

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月13日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2387117718057569
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2387365794699428
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1616150965205669&id=100004323422366
https://www.facebook.com/photo?fbid=2387531948016146&set=a.1023123091123712
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2387868451315829

の5つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2064回 とにかく数値化して冷静に自分で分析しできるだけ時代の流れに沿っていこう。と今は思って...!!(2021.05.12.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月12日のテーマは

~この時期の過ごし方であなたの未来が決まる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005120000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2064日目、私がfacebookに書いた言葉
から

1年前から新コロナウィルスの影響がニュースで
連日のように取り上げられていますが、
実は、私の場合、普段の生活とあまり変わりがありません。

1年前から変わったことといえば、
出張の回数が激減しました。
昨年2月に名古屋、6月に東京、7月に山形県酒田市、9月に盛岡市、
今年1月に仙台市と盛岡市に合計6回の出張した以外は
秋田県から出ていないことぐらいです。

ちなみにコロナ禍以前のペースならば、
最低、1か月間に一度ぐらいは秋田県からでて
何らかの勉強会に参加していましたが、
今はそれがありません。

逆にZoomでの勉強会は増えました。

あともう一つは、昨年に入ってなぜかお問い合わせが増え、
それも私の会社で家を建てたい。

という密度の濃いお客様が増えたことです。

多分こちらの方は
新コロナウィルスの影響ではなくて、
私がホームページにテコ入れした成果が
上がってきているように感じています。

生意気な発言で申し訳ございませんが、
数字に限定して言うと
私は数字に関しては記憶力がいいと自分勝手に思っています。

今、ホームページにテコ入れするうえで意識していることは、
OBのお客様で協力してくださる方だけのみですが
月1000円のアルバイト形式で
光熱費のデータをいただいていることです。

ちなみに、ここからはお金は関係ありませんが、
似たようなご家族構成の方のデータを望まれたときは
詳しくお教えしています。

今日のお題は
「この時期の過ごし方であなたの未来が決まる」
です。

特にコロナ禍の過ごし方として
私はできるだけ数値化することにこだわって
今の時期を過ごしています。

まだまだ、私のあらゆる面で目標は遠いのですが、
データを集め、数値化することが
次の時代に残るような気がしています。

とにかく数値化して冷静に自分で分析し
できるだけ時代の流れに沿っていこう
と今は思って行動しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月12日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2385206231582051
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2385550488214292
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2386082031494471
https://www.facebook.com/naoki.soma.18/posts/2617782898501167

の4つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2061回 若いころは能天気な性格の私でしたが、今は巡ってきたチャンスは一発で決めて...!!(2021.05.09.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月9日のテーマは

~ほんのちょっと早いか遅いかでチャンスの数が変わる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005090000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2061日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合、自分の性格を分析して
「仕事はすぐに手を付ける」ことにしています。

私の性格は、いったん自分で手を付けたら
とことん自分で納得するまで、
とにかく仕上げるという性格です。

一番いやな行動は
いつまでもぐずぐずして中途半端でいることです。

どうしてもこれが続くと私の場合は
精神的にどうしても耐えられません。

たとえ、結果は望み通りいかなくても
その時までの自分の実力はここまでだ。

という結論に至ることにしています。

スピーディーな行動を心がけて行動すると
そのうちそれが自分の身に付きます。

話は脱線しますが、
ディメリットもあって行動の遅い方
特に判断が遅い方に対しては
イライラしてくるということです。

でも、大体そんな傾向のある方は判断も誤った方向に行くことが多いな。

と今の私は割り切っています。

しかしながら、人の性格は変えられないことも私は悟っており、
スルーして自分の結論に責任を持って判断し、
結果責任で行動することにしています。

今日のお題は
「ほんのちょっと早いか遅いかでチャンスの数が変わる」
です。

全般的に行動が早い方はスピードをコントロールして
遅くすることはできますが、

もともと行動が遅い方がその場しのぎで
いきなり早く行動すると
慌ててしまい、かえって悪い結果を招きやすい。

というのが私の経験です。

当の私もどちらかというと行動が遅い方でした。

でも遅く行動して自分で「この遅い行動はいいな」
と感じることがありませんでした。

それよりだったら、早く動き、失敗を重ね
その都度改善して修正していった方が
テンポよく行動でき、
自分自身の心もすっきりできることに私は気づきました。

私はほんのちょっとのタイミングのズレならば、
常に早い方を選択して今は生きています。

そちらの方が私にとって
チャンスを成功に持っていける確率が上がると
勝手に私が感じているからです。

チャンスのタイミングをものにする
ということも実力のうちだ。
と私は思っています。

50歳を過ぎて失敗をした経験は
ありすぎて数を数えきれません。

でも、若いころはチャンスが訪れていても
「また来るだろう」という甘い考えで対応していたため、
チャンスをものにすることができませんでした。

しかし、歳をとって俊敏な感覚は衰えていますが、
その分過去の失敗した経験から、

「ここはチャンスが巡ってきた。絶対ににものにする。」

という感覚は若い時よりも
ドンピシャリのタイミングで行動することができ
臨んだ結果も伴います。

若いころは能天気な性格の私でしたが、
今は巡ってきたチャンスは一発で決めて
自分のものにする確率が上がってきました。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月9日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2377484859020855

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2060回 「建設的な心配性」が自分に定着した途端、どんどん進化していける可能性が自分の中に生まれだし...!!(2021.05.08.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月8日のテーマは

~心配性のメリットを活かしながら成長する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005080000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2060日目、私がfacebookに書いた言葉
から

心配性とは、いい傾向の表れだと私は思っています。

たまに私の周りにも現れますが、

「こうなるとは思っていなかった。」
という言い訳が癖になっている方よりはよっぽどいい。

が私の感覚です。

心配性とは、自分で何かを感じ
気づかなければなりません。

気づけない人間に心配性は生まれません。

ちなみに能天気な性格の私もその一人でした。

それでも、最初は、もともと備わっている
自分の腕力で跳ね返すことができました。

でも、自分と互角以上の実力の持ち主が現れると
完全に作戦負けになってしまい、
最後、追い込むところまでは行くけれども
結果はいつも負けに至ってしまうという傾向が続きます。

これではだめだと気付き、
やはり気づいたことは前もって対策を打っておき、
準備しておくことが必要だな。

という風に私は変わりました。

もちろん、準備しておいたからといって
必ずいい結果に結びつくとも限りません。

むしろ、空振りする方が多い。

というのも私の経験です。

でも、せっかく心配性で気づいていたのに、
何も対策を打っておかないと
負けるということだけは間違いありません。

結果が出てから悔やんでみても後の祭りです。

今日のお題は
「心配性のメリットを活かしながら成長する」
です。

後の祭りではなくて
常に祭りの時期に間に合わせることが大事だ
というのが

「心配性のメリットを活かしながら成長する」

ということだと私は思って実行に移しています。

もちろん、私が気づけないことで
相手が気づいていることがあれば、
その差で負けることも多々あります。

これは、単に自分の実力不足です。

でも、「しまった。これは気づけなかった。」
と思って負けることにより、
気づける心配性も徐々に増えていく。

ということは事実です。

きつい言い方かもしれませんが、
「ただの心配性」とは、自分への甘えそのものです。

しかし、「建設的な心配性」が自分に定着した途端、
どんどん進化していける可能性が自分の中に生まれだす。

というのが私の経験で、

後は行動するのかしないのかですべては決まります。

当たり前ですが、行動しない場合は
なにも進化は得られなく
後悔だけが自分の中に増え続けていきます。

私にはこの状態は耐え難いことなので
失敗してもいいから心配性で気づくことができたら、
ただ行動に移すだけ。

というのが今の私の生き方です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月8日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2375319405904067

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2375393459229995

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2375051369264204

の3つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2059回 おせっかいと思われることを恐れずに、自分の直感を信じ、即座に気遣いを行動に移すことに私はしていて...!!(2021.05.07金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月7日のテーマは

~「これは助かる!」と感動するほどの気遣いができる人~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005070000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2059日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私自身も特に初対面の方をしっかり記憶できないことを自覚していました。

もし、ちょっとでもいい加減な風に覚えてしまうと
明らかに別の方と間違えて覚えてしまったりして、
本当に致命的でした。

何とか克服する方法はないものか?

と思って気づいたことが
私自身は数字を覚えるのが結構得意であったことです。

顔と名前と生年月日を一組合せで覚えることにより、
特にお客様の場合は絶対に忘れないようになりました。

さらに奥様の方は許可を得て下の名前で
呼ばせてもらうことで
旦那様と混乱が起こらないようにしています。

さらに私は誰にも頼まず
申請の図面まで自分の手で仕上げること
お客様の思いが入った清書図面を書いているときも
「奥様の要望は間違いなくこれだったな。」

と確認しながら清書図面を書いています。

それでも今までに確かにどこかでお会いしている。
お顔は記憶にあったとしても
どこで出会ったっけ?

と、スルーしてしまったことがありました。

リフォーム工事の依頼があり、
そんなときも私はあの場所でお会いした時、
実は名前と顔が一致せず、失礼な態度をとってしまいました。

と自分の方から謝りました。

私はミスを犯したことに気づいたら、
潔く自分から行動に出ることに美学を感じます。

今日のお題は
「『これは助かる!』と感動するほどの気遣いができる人」
です。

話が脱線したままですが、
私は外に出て「この人困っているな」
と感じたら、すかさず手を差し伸べてフォローすることにしています。

中には、「余計なことをして」
と感じる方もいらっしゃいますが、
私のかかわったデータでは少数にとどまっていて
あまり気にしないことにしています。

それよりも私が気づかいを行動で示すことにより、

のちに、「あの時助かりました。」

と一言言われた方が私は幸福感を得ることができます。

余計なおせっかいになってしまうこともありますが、
私はそのことを恐れずに自分の直感を信じ
即座に気遣いを行動に移すことにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月7日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2372557532846921

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2058回 唯一、誰にでも平等に与えられている1日24時間という時間の使い方が「ステイホーム」のカギを握るな。と私は思って...!!(2021.05.06.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月6日のテーマは

~"ステイホーム"は"スイートホーム"ではない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005060000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2058日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、「忙しい」という言葉を使いたくない。
と自分自身では思っていますが
昨年のゴールデンウィークは
約束が絶えませんでした。

お客様自身で私の会社にお問合せしてこられ、
訪問する約束の期日と時間を決め、
自ら足を運んでこられるという個人面談のパターンでした。

しかも新規の見込みのお客様が4組という実績で
すべての方が契約に至り、
おかげさまでお客様が今は並んでいる状態です。

私の感覚だと新コロナウィルスの影響で
景気が後退していて人が来ない。

というようなニュースやCMを目にしますが、
私はこれに疑問を感じています。

お客様が来ないのは、常に必要とされる
魅力ある情報を発信し続けていないからだ。

というのが私の答えです。

もちろん、当の私もいつそういう状況に追い込まれるのか
予想できず、不安も絶えず付きまとっています。

でも、不安ばかりでは前へ進めません。

初めて出会ったお客様に言われた言葉の中に

「ブログ、拝見しております」

というフレーズがありました。

また別のお客様からは

「料理、得意そうですね」

と妹の社長が言われました。

本当は得意ではないのですが、
毎日、手作り弁当をインスタグラムにアップしている
弁当の写真を見て
そう思ったらしいのです。

いまだに私はきちんと理解できていないのですが、
「ブランディング」
という言葉をよく耳にします。

毎日、更新しているブログとその内容が
私の会社の「ブランディング」なのかな。

と感じながら、毎日を過ごしています。

今日のお題は
「『ステイホーム』は『スイートホーム』ではない」
です。

私の感覚では、不特定多数の方を集める集客方法では、

いくら、うちの会社では
新コロナウィルス対策に万全の態勢で臨んでいますので、
安心してお問合せし、お越しください。

とCMやSNS等で発信しても
自分の会社の理念にあったお客様は集まりません。

こんな表現をすると叱られてしまうのかもしれませんが、

新コロナウィルスに感染する可能性があっても
あの住宅会社の方に実際に会ってみて
お客様自身の生の感覚で
どういう人間なのか確かめたい。

という情報を発信し続けることが
初回アポから契約に至っていると
私は分析しています。

私は、常々、目に見えるハードよりも
目には見えませんが
自分の中に存在するソフトの方が重要である。

と思ってこのブログを更新しています。

必ず、そこに目が留まるお客様はいる。

今の結果です。

かなり的を絞った集客方法が

今の新コロナウィルスの流行の中でも、
力を発揮する集客方法だ。

という結果が私の場合には出ています。

「ステイホーム」という現実は
今まで自分の発想の中にはあったものの、
なかなか深堀して実行に移しきれなかったことを
思う存分行動に移して実験できるチャンス到来だ。

と私は受け止め、
今の結果が物語っていると分析しています。

でも、先は未知です。

唯一、誰にでも平等に与えられている1日24時間という時間の使い方が
「ステイホーム」のカギを握るな。

と私は思って日々を過ごしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月6日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2370279923074682

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2057回 観察力から洞察力につなげることができれば、自分にとってはかなりいいな。と...!!(2021.05.05.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月5日のテーマは

~ファーストステップとして"まわりの人に関心を持つ"~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005050000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2057日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「電車で小銭を落とす」から連想されることをお書きしていきます。

今の時期は新コロナウィルスの影響で参考になりませんが、
「電車で小銭を落とす」から連想したことは

東京で行われる講義時間のスタート時間に間に合わせるため
私は、よく前乗りで東京入りし、安いビジネスホテルに宿泊し
次の日に朝の満員電車に乗車して目的地に向かうのがいつものパターンです。

私がよく泊まる安いビジネスホテルは八王子駅近辺にあり
八王子駅始発の中央線の快速電車に乗車し
1時間ちょっと居眠りをしながら目的地に向かいます。

大分前に隣の方がいきなりスマホを床に落とした音がしました。

ちょっと黙ってみていたものの満員電車は駅によっては
どっと下車する方がいる場合もあり
床に落としたスマホがその勢いとともに
どこに飛んで行ったのかわからなくなってしまうと私は困る
と思いデカい体でごそごそしながら
スマホを探し何とか見つけて拾い上げ、隣の方にお渡しし
また居眠りに着きました。

このアウトプットの行動が私の中にとどまり

私の場合、見ず知らずの方とスマホを拾ってあげることで
一気に距離が縮まり、
私の1日はいい気持ちでスタートが始まりだしました。

今日のお題は
「ファーストステップとして『まわりの人に関心を持つ』」
です。

「まわりの方に関心を持つ」ためには
視野を広く取りながら、
自分の神経を張り巡らせなければ
気づくことができません。

私はこれを自分流で私は「アンテナ」と表現していますが、
どちらか言えば、私の苦手な分野です。

私はターゲットを絞って
1点集中型で行くやり方のほうが力を発揮できるタイプです。

しかし、ながら、苦手を克服すると
それは、得意分野よりも
「自分のいざというときの力になる」
ということも分析して知っています。

まわりを「よ~く観察する力」が身に着くと、
同時に人の気持ちの動向に気づける人間になれる。

が私の身に着けた感覚です。

営業マンにとってこの感覚を持つことは
大変すばらしい自分の武器になる。

と私は感じ、苦手の分野だからこそ
今も気を付けて周りの方に接しています。

相異なる、大きな視野を持つという「アンテナ」と
「ここぞ」というときにたたみかけられる集中力を養うと
最強の営業マンになれると私は思って生きて言います。

しかしながら、大きな視野を持つという「アンテナ」のほうは
まだまだ、ペーペーの私です。

観察力から洞察力につなげることができれば、
自分にとってはかなりいいな。
と、意識に保ちながら毎日を過ごしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月5日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2368148779954463

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2056回 自分の感性を信じる方が、今後の自分の人生を切り開いていくうえでいい展開になっていて...!!(2021.05.04.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月4日のテーマは

~自分がよく知っていても相手が知っているとは限らない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005040000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2056日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「バイアス」=「思い込みのワナ」

と覚えると私の中に入ってきます。

漢字言葉についてはかなり厳しい私ですが、
いくつになってもカタカナ言葉は苦手としていて
毎回、その都度ひとつずつ語彙を増やしていくしかない。

と思っていて、菊原さんのブログは
意外とその生命線になっています。

ブログを読んでいると私にも、
「今のはなんだろう?」
という言葉が出てきます。

そんな時私は検索をすぐにかけてみて、
自分の中に入ってきやすい漢字言葉に変換します。

一人の時は自分の時間を使い
これで済みますが、

そのほかにいろいろな方が集まっているとき、
「今のはなんだろう?」
が出てきたとき、
私はすぐにその方に

すみませんが今の言葉の意味が理解できません。

わかりやすく変換して教えてもらえますか?

とすぐに聞くことにしています。

ここで相手の方の人間性が見え隠れします。

「俺しか知らないことだ」という意識を持っている方は

「こんなこともわからないのか?」

と口に出しては言わないものの態度に現れます。

また、

今はこうやって言葉を使っていますが
実は、ちょっと前まで私も理解できていませんでした。

という風に接してくださる方もいらっしゃいます。

今後の展開でどちらが
「徳を積む」のかというと間違いなく、後者の方です。

それに前者の方はその後
「井の中の蛙」になってしまいがちですが、

後者の方はどんどん多数の方に受け入れられる展開の人生が待っていて
人に好かれ求められるようになります。

今日のお題は
「自分がよく知っていても相手が知っているとは限らない」
です。

私は、お客様に接するとき、
絵や写真、それに自分で調べ上げたデータ
をすぐ手元に置き、
それに基づいて自分が伝えたいことを伝えます。

もちろん、「データ不足だな。」

とこの歳になっても
実践では感じることが多々あります。

しかし、その都度修正し、改善していくと間違いなく、
相手の方に以前の資料よりは納得してもらえ
腑に落ちる資料が出来上がっていきます。

専門用語は使ってもいい。

と私は思っています。

しかし、いいっぱなしは逆に反感を食らいます。

専門用語をフォローできる体制を整えておくことが大事だ
と私は思って行動しています。

「実は、以前は私も...」

はそれをつなぐ接続言葉と私はよく用いています。

私は性格上、気取っている自分は似合わない

と思っています。

逆に、泥臭い自分は私の性分に合っています。

人間を見極めるときに私はわからないことがあったら
低姿勢ですぐに聞き返します。

そうすると付き合っている人間の本質が見えてきます。

そこで、今後のお付き合いの仕方をどうするのか

私は判断して行動します。

意外とこれには

「バイアス」=「思い込みのワナ」

に、はまらず、

自分の感性を信じる方が
今後の自分の人生を切り開いていくうえでいい展開になっています。

そうすると「フローな人生を生きることができるな」

と私は感じて今に生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月4日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2365809853521689

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2055回 「どん詰まり」の状態から、自分だけのノウハウを見つけ出すことも私の人生を生きる上での楽しみの一つで...!!(2021.05.03.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月3日のテーマは

~相談すれば道が開ける、一人で悩めばどん詰まる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005030000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2055日目、私がfacebookに書いた言葉
から

生意気な発言で申し訳ございませんが、

私の抱えている悩み事は永遠に解決しない。

という風に今の私は割り切っています。

だから、本当の悩み事は相談しません。

ちなみに私の悩み事とは、一言でいうと「人」です。

自分以外の人が絡む人間関係の本質については
第3者の方では絶対に解決できず
本人同士で解決するしか道はない。

が私の結論です。

しかし、お金を払えば、解決できる
悩み事はよく利用しています。

具体的にはサポート付きのノウハウです。

今、私はいろいろ合計すると
毎月10万円弱のサポート費用を支払って
サポートを受けており、
貧乏性の私でも、悩み事ができた時は、
問題が解決し自分で納得するまで
毎日電話やメールで相談することもあります。

そういう状況になった時はサポート担当者の方も
腹を決めて私にサポートしてくれます。

有料のサポートは素早く私をランクアップさせてくれます。

今日のお題は
「相談すれば道が開ける、一人で悩めばどん詰まる」
です。

ランクアップさせてもらうと
それは自分色のノウハウに進化していきます。

ということは、立場を変えて誰かに相談を受けた時に
自分が経験したことについては
明確な答えをはっきり言えることになります。

アウトプットするとさらに新たな気づきを得ることができます。

そうするとそれが今度は自分の悩みになるのですが、
これを自分だけで解決することに
私は楽しみを感じます。

私の悩み事で他人がかかわることは解決できませんが、
自分だけでなんとか解決の一口を見つけるできることかもしれない。

と感じた瞬間、

私は必ず答えは存在する。

と思い込み、

まっしぐらにそれだけを追い求めてしまうのです。

よって、私の場合、人から悩みを聞くことによって、私の脳が活性され、
それが私の新たな課題となり解決を図っていく

という流れならば、

私の脳は喜び始めるのがわかるます。

それに私の場合、実は、一人で悩むことを楽しんでしまう傾向もあります。

私の年代だからかもしれませんが、
私は「試行錯誤」をするということを望む傾向にあります。

「どん詰まり」の状態から、自分だけのノウハウを見つけ出すことも
私の人生を生きる上での楽しみの一つです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月3日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2363698250399516

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2054回 自然体を基本とし、ちょっと自分に負荷をかけて試してみる。という繰り返しで自分の自然体も進化させ...!!(2021.05.02.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月2日のテーマは

~相手のニーズをヒアリングする人、こだわりを語る人~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005020000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2054日目、私がfacebookに書いた言葉
から

最近の私のメインの集客法は
ホームページかOBのお客様からの紹介です。

これで反応してこられた方に
私のお聞きするポイントは

「どのくらいの予算で、どんな結果を求めていますか?」

なのです。

この質問の答え方次第で
私のお客様になる方なのか、そうでないのか
は勘の鋭くなってきた今の私でもすぐにわかってしまいます。

といっても、私の会社では企画住宅は売っていません。

すべてオリジナルの間取りで
事実、同じ間取りの家を私は設計したことがありません。

そう標準仕様内の許容範囲が存在するのです。

この許容範囲も自分で設計している私には、
「このぐらいの間取りが可能です」
ということもわかってしまいます。

どうしてもいうときは
特殊材料の追加工事費が発生し、

ひどい時にはよく売られている材料での
木造では施工不能
というレベルもわかってしまいます。

今日のお題は
「相手のニーズをヒアリングする人、こだわりを語る人」
です。

相手のニーズを聞き出し、自分のお客様になるのかならないのか

あるいは、自分のお客様に育てることができるのかできないのか。

これは、私にとって、効率よく仕事を日こなしていくうえで
とても大事なターニングポイントになるのです。

馬鹿なふりをして、私はニーズの本音を引き出します。

今の私はこれも自分に合う方だけを
ピックアップすることができるようになりました。

ニーズなのかそうでないのかを見抜く秘訣として
私の感性で大事にしていることは、

相手の方が話すときに肩に力が入ってギンギンになっているのか
それとも心地いい自然体で話しているのかです。

私は何事も自然体が一番心地いいと思って生きています。

それに肩に余計な力が入っていると
相手の方はしゃべり疲れますが、
心地いい自然体で話しているときは、
ものすごい持久力が発生し、
いつまでその状態が続きます。

私は、自然体を基本とし、
ちょっと自分に負荷をかけて試してみる。

という繰り返しで自分の自然体も進化させています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月2日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2361031877332820

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2053回 ロープレという言葉が耳に入ると心が「ざわっ」とした気持ちになりますが、いざ、実践となると私の心はワクワクし始め...!!(2021.05.01.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年5月1日のテーマは

~最強に話がつまらない講師から"話のコツ"をつかむ~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202005010000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2053日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「最強に話がつまらない講師」=「大学時代の先生」

これが私のイメージです。

もちろん、すべての「大学時代の先生」ではありませんが、
何を言っているのかさっぱり伝わってきません。

当時、私なりにその特徴を分析してみたところ、
授業がつまらない講師には、次のようなことが挙げられます。

まず、間違いなく、過去の自分の武勇伝が好きでたまらなく、
そこに浸っていたい。

それが自分の自慢話で
周りの空気を読まず
授業中、時間かあれば、話をつなぐためにその話ばかりです。

さらに、自分はこれだけ知っているんだ。

と専門用語ばかり使いたがります。

さっぱり、訳が分からない。

というのが私のイメージでした。

一方、私が好きな先生は非常勤の先生でした。

普段は、ほかの国立専門学校や民間の企業で立場もかなり上の方です。

でも、非常勤講師としてやってくると

短期間の授業期間内でも内容が実にわかりやすく、
とても授業が楽しくて私は興味を持って講義を受けていました。

さらに、言葉遣いです。

常勤の先生方は言動も行動も間違いなく、上から目線です。

しかし、非常勤の先生の場合、私が感じた印象は

どちらかといえば、私たち学生に対して
お客様のように接するということです。

もちろん、「おべっか」ばかりではなくて
単位をとるための授業もきちんとします。

でも私に伝わってきた心は

非常勤講師だからだったからかもしれませんが
授業を休まずに出席した学生に対しては
落第者を作らない。

ということです。

事実、単位をとる試験も基本的なことばかりで
きちんと出席していれば100点をとれる問題ばかりです。

当然、ほとんどの学生が80点以上の成績をとり、
A判定の成績で単位を取得しました。

今日のお題は
「最強に話がつまらない講師から『話のコツ』をつかむ」
です。

こんな私の大学時代の経験から

新人営業マンになりたての頃にマニュアルで学んだ
機関銃のように商品説明だけで営業トークするやり方の
ロープレで私はいつも成績が下位で
ダメな営業マンという評価を受けていました。

しかし、実践は別です。

トップセールスではありませんでしたが、
いわゆる当てにされる営業マン
という評価は受けていました。

私の感覚は昔の営業マンの感覚かもしれませんが、
結果を残し続ければあとは何をやっていてもいい。

という感覚です。

今でも、ロープレという言葉が耳に入ると
心が「ざわっ」とした気持ちになりますが
いざ、実践となると私の心はワクワクし始めます。

その時の私の感性は
大学時代の非常勤の先生方の顔が浮かび
やる気がわいてくるのです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年5月1日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2358804207555587

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2052回 手抜きをして、後で後悔するよりも、しらみ潰しに行動して失敗をした方が...!!(2021.04.30.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月30日のテーマは

~わずか違いを見逃せばゆっくりと置いて行かれる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004300000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2052日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があります。

私はこの言葉をその方の座右の銘としてよく耳にする機会があります。

当の私自身も「人事を尽くして天命を待つ」自分の座右の銘でもあるのです。

この言葉を聞くと私はその方にたいして間違いなく興味を抱き、
観察してチェックを入れます。

そうすると、前半部分の「人事は尽くし切れていないだろう」
と感じることがよくあります。

私の思う人事とは今日のお題にも関係して
「わずか違いを見逃さない」
ということだと思っています。

例を挙げると

土地から探すお客様がいらっしゃったとします。

範囲はこの地域の範囲内でかなり大雑把でいいのですが、
予算が私たちの土地の予算を守ってください。

という条件付きです。

不動屋さんを回るときも予算が厳しく、ほかの不動産屋さんにも
声をかけてもいいですか?

とお聞きし許可も得ることができました。

実際に探してみると
10ある物件の中で一つの物件だけ、
事故物件で相場よりかなり安い価格です。

事故物件なので「ここはないだろう」と勝手に判断し、
残りの9つの物件候補をお客様に提出しました。

お客様は納得がいかず、自分で調べ上げ
残っている1つの事故物件がいいと思ってしまいました。

この時、住宅会社の営業マンの方が

私の判断で事故物件ということもあり、お勧めしませんでした。

といってしまった瞬間、
その営業マンとお客様との関係は終わりを告げるのです。

今日のお題は
「わずか違いを見逃せばゆっくりと置いて行かれる」
です。

「わずか違い」とは
実は「大きな違い」だと私は思っています。

実力が足りない時は自分の実力不足と素直に認めて
あきらめるしかありませんが、

問題なのは、自分の思い込みによる勝手な判断や
手抜きで起こるケースがある方です。

後で後悔してもそのお客様とは二度と何も始まらず、
そこで関係は終わってしまいます。

「人事を尽くす」とは
可能性があることに対しては
自分の判断を入れず
すべて公開していくということだ。

と私は思っています。

10可能性があったら、10全部上げていく。

これでお客様の条件を満たせない時は
しょうがありません。

しかし、1つ見逃しただけで、お客様に見透かされ、
他の住宅会社の営業マンの方に仕事を持っていかれた時、
私だったら悔いが残ってしまうのです。

人事は自分で作るものですが、
天命は自分の意志だけでは作ることができない。

というのが私の経験です。

私自身もこの悪い癖を治すのに、時間を要しました。

しかし、今は、たとえ時間を要したとしても
「しらみ潰し」に行動することに何の抵抗もありません。

今の私はたとえ失敗に至ったとしても

手抜きをして、後で後悔するよりも
しらみ潰しに行動して失敗をした方が

結果は同じですが、
次の光が見えてくるように感じています。

わずかな違いに気づくキッカケも
その答えは自分の中に存在する
と思って私はいつも行動しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月30日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2356568237779184

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2051回 勝利の女神が微笑んで降りてくる地点までは、是が非でも自分の身を削って行ってスタート地点に立ってからが...!!(2021.04.29.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月29日のテーマは

~事前チェックした上で話をよく聞ける人になる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004290000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2051日目、私がfacebookに書いた言葉
から

生意気な発言ですが、
私の場合、お客様の意志で口を開いた一言から
連想できる世界は人並み以上だと思っています。

ただし、これは、もとから私に備わっている能力ではありません。

私の接客経験から失敗で身に着いた技です。

人間は自分が長く生き延びるために
自分中心に生きることが基本の生き方です。

よって、選択肢がいろいろとあったとしても
最後は自分の意志ですべての決断を下します。

ところが営業においてコミュニケーションをとるとき
買う方はそのままでもいいのですが、
売る方はこのままではいけない。

というのが私の経験です。

売る方が自分勝手に思うことを言い続けたら、
今の時代、絶対に契約できません。

そうすると、自然と気づくことが
人の話を聞いて真実だけを感じ取る能力を身に着ける能力です。

初め、お客様は自分の正体を見せないことから
営業展開が始まりだします。

特に各住宅会社を回り続けた方ほど
この傾向がよくみられます。

お客様は本当のことを自らの意志では話してくれず
いかにも知っているようなふりをして言動を開始します。

私は新人営業マンの頃、これを鵜呑みにしてしまい、
よく失敗していました。

しかし、失敗を繰り返しているうちに、
私の第六感が働き、

その発言はどこかの住宅会社さんの営業マンの方から
お聞きになられたことなんでしょうか?

と聞き返せる技を身に着けたのです。

そうすると、図星ならば、それまで軽快に話していたのに
間違いなくお客様は一瞬、黙り込みます。

自分は何でも知っているというように見せている方ほど
この傾向はよく現れます。

人間は自分の能力の上をいかれると
言い返せなくなります。

なぜなら、言えば言うほどウソがバレ
真実があらわになってしまうからです。

そして、つじつまが合わなくなり、
自分が嘘をついている
という正体が誰にでもわかってしまい
二度と会えない状況を作り出してしまうのです。

昔は仕方ないと思い、このような方も追客していましたが
今の私はバッサリ切り捨ててほかのお客様に行きます。

今日のお題は
「事前チェックした上で話をよく聞ける人になる」
です。

私は、いわゆる「雑学」好きです。

ほとんど、使えないということも知っています。

効率でいうと悪い分野に分類されます。

ところがそのままの「雑学」では使えませんが
「雑学」を学ぶことでイメージトレーニングという分野は鍛えられ、
応用はできるのです。

応用というのは、相手の方が何に興味を本心では抱いているのかが、
見抜ける感性が身に着くことです。

当然ながら、相手の方の事前チェックも自然としてしまうようになります。

情報社会になったとはいえ、
広く浅くという情報しかウェブ上に乗っていません。

メッキは剥がれてしまうのです。

プロというのは、常に進化し続けていなければプロとは言えない。

と私は思っています。

一つ例を挙げると2020年3月から
法律で保存義務のある図面が増えました。

もともと手を付けて確認していなければならない分野ではありましたが、
世の中では負の問題が山積みされ、
義務化になってしまったのです。

お客様は無料のソフトを使い、
自分で思うがままの図面を仕上げ、
いきなり持ち込んで来られる方も今の時代はいらっしゃいます。

ところが

2020年3月から法律で保存義務のある図面が増えました。

法律関係や構造計算の確認はどうなっているのか教えてもらえますか?

とお聞きすると、いきなり黙り込むのです。

ここがプロと素人の違いです。

そして、それができる方に対して
人間は尊敬の念を抱いてしまい
信頼関係の築ける商売が始まりだします。

実力が伴っている方は人前では感情を高ぶらせ
声が高くなったり、あせったりしません。

こんな時は説明するなどと言う言葉数は不要で
無言で自分の実力を証明すればいいことだけだ。

と私は師匠から学び今もそう動いています。

自分を研いて、技という自分で作り上げた地運を持ち合わせた方に
天からもらった天運が加わった時、最高の力が発揮され、
私ならばそんな相手が目の前に現れただけで
戦闘意欲をなくしてしまいます。

逆を言えば、自分がそうやって技を研き続けて得た地運に
私の感覚では偶然ではなくて、必然なのですが、
勝利の女神が微笑んで舞い降りてきて天運を得た時、
誰にも手を付けられなくなっている状態です。

でも、勝利の女神は勝手に誰のところにも下りてくるものではなくて
その勝利の女神が微笑んで降りてくる地点までは
是が非でも自分の身を削って行ってスタート地点に立つしかない。

が私の経験です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月29日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2354204451348896

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2050回 途中はどう転んでも「終わり良ければ総て良し」で私は生きていて...!!(2021.04.28.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月28日のテーマは

~「どうしよう」ではなく「どっちにしようかな?」~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004280000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2050日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合、時間の経過に伴い
その時、その時の優先順位が目まぐるしく変わります。

私はこのことを自覚していて対策をとっています。

要は優先順位1位になったら、
片っ端から仕事を片づけていくことです。

思い通りにいかなくても、自分ではここまではやった。
という実感で終わるときもありますが、
それでも、その時の自分の能力ではこれが限界
というところまで追求します。

それに、私の場合、よくても悪くてもとにかく結果にこだわり、
一度、自分で納得した結論を出してから次に進みます。

最近は、ありませんが、
以前は勝手にお客様にドタキャンされたことが多々ありました。

これは、その時のお客様から自分の大事な時間を作ってまで
私に会うだけの私の魅力が備わっていないことを意味している。

という事実を痛感させられる時でした。

でも、この事実は、素直に受け入れて認めない。
と次へステップアップできません。

絶対に、

「なんて人だ。約束を守らないなんて失礼だ。」

と思ったままではいけない。

というのが私の教訓です。

このタイミングで起こる発想が

「さて、今日はこの後どうしよう」

です。

でも、「どうしよう」という発想のままでは
永遠に「どうしよう」というままで時間だけが過ぎていきます。

時間の無駄使いとまでは言いませんが、
効率はかなり悪い

と私は思っています。

今日のお題は
「『どうしよう』ではなく『どっちにしようかな?』」
です。

私の場合はきつい性格といわれるかもしれませんが、
「どっちにしようかな?」
を通り越して、

「ダメなら、次はこれをやる」

という発想です。

うまくいかなかった優先順位は一度記憶の彼方に葬り
次に頭の中に浮かんできた優先順位第一位に手を付けます。

私の場合は先にも書いたように

よくても悪くてもとにかく結果にこだわり、
一度、自分で納得した結論を出してから次に進みます。

ということは
もう前の結論は私の中で尾を引いていない状態まで前進しています。

つまりは「ダメなら、次はこれをやる」
に集中できる状態が常に出来上がっています。

しかし、だからと言って過去に使った時間だけは戻ってこず、
その時間を挽回できないと結果オーライにはなりません。

私はその時だけではなくて
すべての時間を含んだトータルで
プラス側の結果をだす。

ということにもこだわっています。

私の過去の人生を振り返ると
「ダメなら、次はこれをやる」
と断定することと

すべての時間を含んだトータルで
プラス側の結果をだす。

で生きてきていて
今のところ、この方向性を変えるつもりもありません。

途中はどう転んでも「終わり良ければ総て良し」

で私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月28日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2352025938233414

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2049回 自然に流れる真実をそのまま素直に伝えることが大事なことだ。と私は思っていて...!!(2021.04.27.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月27日のテーマは

~トーク設計図に「お客様との会話トーク」を追加してみる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004270000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2049日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の勝手な意見を書いて申し訳ございませんが

集客においての最強の武器は「お客様の声」だと思っていて
私は「お客様の声」をいろいろな段階で追求し続けています。

ネガティブな発言になってしまいますが、
各住宅会社のイメージCMやホームページにも
「お客様の声」があります。

しかし、私は時々、これに

「お客様はこんなフレーズでは言わないだろう。」

少なくても私の経験の中にはない。

という「うさん臭さ」を感じるときがあります。

そこで手書き「お客様の声」というものが出現していますが、

やはり、「お客様はこんなフレーズでは言わないだろう。」
という部分が出てきて、

たぶんその住宅会社の社員さんかパートさんが
上から言われて書かせられたのだろう。

と感じてしまいます。

「お客様の声」は手書きだけではダメで
さらにお客様と一緒に映っている写真が一緒にあれば
信頼度は増すな。

と私は思っていました。

これを実行できている住宅会社は信頼できますが、

今これをどこに乗せるのかという、
私の感覚ではホームページの記事としてのみです。

しかし、ここには

お客様の許可を得ていなければならない。

高いハードルが出現します。

いくらお客様の声を集めても、
そのお客様の許可を得ていなければ

無理やりホームページに挙げても
すぐに取り消しを要求されたら、
従わなければならないのが今の日本の社会常識です。

今日のお題は
「トーク設計図に『お客様との会話トーク』を追加してみる」
です。

私の感覚では、
「お客様との会話トーク」の中は宝物でいっぱいだな。
と感じています。

どんなに気の利いたキャッチコピーを自分で作り、
高い反響を一瞬得たとしても
お客様自身の意志で発せられた
生の「お客様の声」の真実を
覆すことはできない。

というのが私の教訓です。

ここで絶対にやってはいけないことは
売る側の意思の入った演出を入れないことです。

特に映像の場合は、
誰かの意向が加わっていて演出が入っている場合、
一発で「うさん臭い」と私は感じてしまうのです。

逆の展開も存在します。

真実なのに「うさん臭い」
という表現が出る方もいらっしゃいます。

これは、その方自身が
「うさん臭い」人生を歩んでいて
真実が見えなくなっている方。

というのが私の経験です。

この傾向のある方は、

仕事を契約すれば、クレーマーになりやすい。

という傾向があり、
今の私は契約をしないことに決めています。

私の感覚では「真実は一つしかない」
と感じています。

契約を取りたいために

真実を捻じ曲げると必ず、自分にしっぺ返しが返ってくる。

私にはこんなねじ曲がりを自分の意志で受け入れる覚悟がないため、

自然に流れる真実をそのまま素直に伝えることが大事なことだ。

と私は思っていて、

「お客様との会話トーク」
から気付いたことをそのまま発信していくことにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月27日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2349631891806152

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2048回 なるべく、変ななまけ癖ウィルスが入ってこないように気を付けていますが、入ってしまったら...!!(2021.04.26.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月26日のテーマは

~いいと思ったことは血肉になるまで繰り返す~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004260000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2048日目、私がfacebookに書いた言葉
から

以前の私の意識の中にはありませんでしたが
今の私は
「いいと思ったことはすぐに実行に移してみる」

という風に自然となってしまいました。

基本形はできるまでやる。

ということですが、
できなくてもいいから
とにかくいろいろな発想がうまれたら、
悪戦苦闘しても手を付けてやってみることにしています。

私の場合は、ただ軽い気持ちで手を付けると
優先順位の高いことが目の前に現れる

と、簡単に記憶の彼方に消えてしまい
元に戻ってこない傾向にありました。

しかし、悪戦苦闘してやってみることで
いったん、最後まで行かず途中で立ち消えになっていても

「あれ待てよ。あのことは、まだ自分で納得するまで片付いていない。」

となり、忘れていた記憶がよみがえってきます。

また、歳をとった私が最近よく試してみることの中に

「これ、以前は、難なくできていたが、今も同じようにできるのかな?」

と自問自答して、実際にやってみることです。

一度身に着けたことは
最初、ドギマギするものの
昔の勘が戻ると前に出来たようにできます。

ただし、俊敏さだけは若い時のようにはいきません。

これは、仕方ないとあきらめることにしています。

今日のお題は
「いいと思ったことは血肉になるまで繰り返す」
です。

このブログもまる5年以上毎日続いていますが

正直、スラスラたくさん言葉が出てくるときもあれば、
なかなか、前へ進まなく、はかどらなくて困るときもあります。

でも、自分で決めている「原稿用紙と同じ400文字を死守する」
と毎回決めてかかっていることもあり、
文章の内容は自分で「いいな」と感じるときもあれば
「今日の内容はイマイチだな」と感じるときもあります。

しかし、この「原稿用紙と同じ400文字を死守する」と
自分で決めたルールだけは未だに破っていません。

私はこのことが自分の「血肉」になっていることだ。

と思ってやっています。

自分の「血肉」になると簡単には自分から離れられなくなります。

私はこれが自分にとっていい傾向だと勝手に思っています。

でも、今のコロナ禍の時期に大変申し訳ない表現ですが、

時折、なまけ癖を誘おうとする
変なウィルスみたいなものが私の中に入ってきて、
なかなか、自分の中から抜けなくて困ったこともあります。

しかし、これも、一度対処できる癖が身に着くと
二度と同じウィルスが入ってきてもいいように
私の中に抗体が出きます。

なるべく、変ななまけ癖ウィルスが入ってこないように気を付けていますが、
入ってしまったら、自分の進化につなげることができる
というのも私の経験です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月26日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2347326218703386

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2047回 買う方も売る方も尊敬の念を抱かれたら、最高の状態だな。といつも私は思いながら「家を売る」...!!(2021.04.25.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月25日のテーマは

~客単価が高いトップ販売員の「罪悪感を消すトーク」~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004250000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2047日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、「罪悪感を消すトーク」ができない。
というよりもやりたくありません。

という方が意識の先に来ます。

代わりに時間はかかり、
これを実行すると
私が選ばれないかもしれませんが、

こんな選択肢があり、
ご家族様で『よ~く』話し合われてみてはいかがでしょうか?

とはお客様によくお伝えしています。

私の目指している営業マンの理想は
同じ商品を売るときに、

「あなたから買いたい」

と指名される営業マンです。

もちろん、これには、営業力も必要ですが、
それ以上に人間的な魅力を研き続けていなければ、
長くは続きません。

一年前の今日のNHKの朝のニュースで

JR福知山線の脱線事故から15年たちました。

という報道がされていました。

15年前私はホームページの写真に使わせていただいている
ご家族様のお住まいを東京の高尾に立てていました。

お金もなかった私は自分で運べる資材関係は
自分でトラックを運転し、
運んで何とかお金を残そうと必死でした。

どうやって残したのかは
当時の税法上の合法的なルールに従い残しました。

さすがに今は心臓の持病もあり
お声がかかったとしてもできません。

その時、今は、みんな大人になってしまい
よくわかりませんが、

そこのお宅の子供たちやそのお友達から、
「田澤」と呼び捨てですが、呼ばれていて
親近感を持ってもらっていました。

私は、自分以外の方にはすべて「○○さん」とうように
さん付けで呼んでいます。

しかし、自分の名前に歳に関係なく
呼び捨て大いに結構で
名字でも、名前でも覚えてもらえば、
それだけでうれしくなります。

今日のお題は
「客単価が高いトップ販売員の『罪悪感を消すトーク』」
です。

自分で稼いだお金で何を買おうが
私は罪悪感を自分では持たなくてもいいと思っています。

しかし、プラスアルファで周りの方にも
喜んでもらえるものを買うことが大事。

ということが私の原則です。

ここに生まれるのが尊敬の念だ。

と私は思っています。

高額商品になるほど
尊敬の念で商品を買う力が増します。

買う方も売る方も尊敬の念を抱かれたら、
最高の状態だな。

といつも私は思いながら
「家を売る」
という商売を続けて先月から31年目に突入しました。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月25日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2344956662273675

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2345127885589886

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2046回 「こうなるとは思っていなかった」と口に出す前に、「こうなったら、こうして対応し、臨まれる結果に結びつける」が大事だと...!!(2021.04.24.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月24日のテーマは

~危機的状況の時"どんなメンタリティ"で仕事するか?~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004240000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2046日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合について、一つ一つアップしていくことにします。

新型コロナウィルスがテレビのニュースに取り上げられてきた
昨年の1月ころ、一番初めに行動に移したことは
キッチン、洗面、トイレなどの住設メーカーさんの営業マンの方とアポを取り、
納入の確保についてメーカーさんの予定を聞き出したことです。

私の利益は落ちるものの
私は純日本産や秋田県産にこだわったお付き合いを
日ごろから実行しています。

住設メーカーさんの営業マンの方答えは、
納期が遅れ気味になることもあるかもしれませんが、
国産ということもあり、納入不能ということはない。
ということを確認しました。

そこで打った対策は、お金を前払いするので
品物を今から確保してほしい。
ということをお伝えしました。

普段はお金を稼ぐことに対しては貪欲な私ですが
お金を使うことに対しては、かなり、消極的です。

結果、予定納税から始まり、決められたルールに従って
納税しますが、それでも、若干手元にお金が残っています。

「お金を使うときが今だ」と私は勝手に判断し、
お客様からお金をいただく前に
自己資金で品物を日々、確保し続けています。

ちなみに倉庫から盗難被害にあった時の保険も
お金はかかりますが、加入しました。

「やれば、できるものだ」と今の私は思っています。

とても29年前に3000万円以上の借金を背負い、
自転車操業のように生きていた私からは想像ができない現象です。

それから、「やはり日本はいろいろな国に頼ってきているんだ」

こそ、感謝を忘れている状況だと私は感じています。

何もないところに有形であれ、無形であれ、
何かが現れたことを初めだけはみんな感謝しますが、
そのあと当たり前になってしまって感謝を感じなくなり、
逆にクレームという現象が巻き起こってきます。

しかし、今のような世界情勢になると一転し、
絶対に必要な物事だけが生き残り、
不要と感じられることから消えていき、
そこには、自然とインフレが生まれだします。

新型コロナウィルスの発生はそんなことを私たちに気づかせてくれた。

と私は感じています。

しかし、「まさか」こんなことが引き金となり、
インフレが自然におこりだす原因になるとは
正直、想像していませんでした。

今日のお題は
「危機的状況の時『どんなメンタリティ』で仕事するか?」
です。

「できることから、やるだけ」というのが私の答えです。

なんて言っても「釘が足りませんからね」
という場合もあります。

しかし、そうと感じたら、
自分の気づくことを手あたり次第、行動に移し、
ポイントは売掛ではなくて、現金で勝負をかけるのが今の私です。

そうすると適正な価格で、「釘はあるところにはある」

というのが今の私の経験です。

それでも足りなかったら、
一本一本手打ちで打つバラ釘は残っています。

私よりも年代が一回り以上、歳下の大工さんは
釘を一定の速度で、手打ちする技術を学ぶ機会がなく、
いきなりピストルのような釘打ち機から始まっています。

結果、手打ち釘ができません。

なぜなら、釘を一本打つにしても
技術とスピードと正確さを求められ、
それは、いきなりやってできるものではないからです。

私が笑い話として、冗談で師匠に
「釘打ち一本1円で私が請け負います」
というと

「それもありかな」と一瞬、
師匠の頭によぎる現象が
コロナ禍でいつ起こってもおかしくない状況下にあります。

自分自身の手で一本一本釘を打てる技術を持たなければ、

こんな冗談も言えません。

いろんな場面で、今アナログの併用制が求められてきているな。

と私は感じています。

でも、よ~く考えてみると
日本最古の木造建築物と呼ばれている法隆寺は
電動工具に頼らず、
道具職人さんの手で作られた道具を
大工さんの技術を用いて建てられ、
今も現存している。という事実です。

物がなければ、技術で補うことができます。

ただし、技術は一日では身に付きません。

なんでも、まずアナログで基本を学び基本技術を身に着けて
自由自在に活用できるようになることが大事だ。
と感じられるこの頃です。

最近、地震もまた、多発するようになりました。

新型コロナウィルスの収束を大災害は待ってくれず
「まさか」が起こる可能性も
地震国日本には身近にあります。

どんなにお金持ちで偉くなっても自然現象には逆らえません。

今、私が感じることは、「こうなるとは思っていなかった」
と口に出す前に、
「こうなったら、こうして対応し、臨まれる結果に結びつける」
が大事だと感じて今に生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月24日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2342656789170329

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2045回 自分だけの『プラスアルファ』を自分の意志で見つける必要がある。と思って...!!(2021.04.23.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月23日のテーマは

~結果を出す人は"プラスアルファ"で差をつける~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004230000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2045日目、私がfacebookに書いた言葉
から

最近、私が気を付けている中に
電話連絡で最小限の要件をお伝えするときに
同時にショートメールで同じ内容を活字にして伝える。

ということを自分の癖にしようとしています。

私は1996年から携帯電話を所有しています。

本当は所有したくなかったのですが

当時、NTTに勤めていた私の退職間際の女性のお客様は

「携帯電話の契約をとって来い。」

とおそらく、上司から言われていたらしかったので、
私は即決で携帯電話の契約をしました。

それに、今はドコモのほうがNTTよりメジャーですが、
まだドコモがNTTから離れて
独立し始めた時期と重なっています。

それからは、何があろうとも、ドコモ一筋で
私の携帯電話の番号も20年以上変わっていません。

余談が長くなりましたが、
携帯電話を持ち始めて20年以上たった今、
私が気づいたことです。

それに、貧乏性の私はお金に対して細かく、
ショートメールで送ると3円かかることも知っています。

でも、私には、
電話連絡で最小限の要件をお伝えするときに
同時にショートメールを併用することで、
記憶とともに見えやすい場所に
簡単で分かりやすい記録も残ることに
3円の価値を感じるのです。

確かにメールだと0円で済みますが、
どうもメールは今の時代は蚊帳の外
という感触を私は持っています。

実際に私自身も「あまりにも迷惑メールが多いな」
という意識が潜在意識の中に
入ってしまっていて、必要なメールでも
誤って削除してしまうことがあります。

そんな時は、申し訳ございませんが、
誤って削除してしまったので、
もう一度送っていただけますか?

と、催促してしまう状態が増える傾向にもあります。

今日のお題は
「結果を出す人は『プラスアルファ』で差をつける」
です。

私の感覚では『プラスアルファ』も
身近に落ちているように感じています。

『プラスアルファ』という字を見ると
なんか頑張って外で勉強して身につけなくてはならない。
という活字に私は以前、見えていましたが、
今、は違って見えます。

『プラスアルファ』は自分の中にある。

という感覚です。

私は「ホーム」アンド「アウェー」の戦いでいうと
「アウェー」の戦いの経験のほうが圧倒的に多い。
という印象が私の中には残っています。

「アウェー」の戦いをものにするには、
初め、どんなに辛くても短気を起こして圧倒的な差がつき
試合を壊してしまわないように
「しのぎ」から始めなければなりません。

どんなに強引に攻められても、
とにかく均衡を保つようにしのいで踏ん張り続けることです。

そうすると相手は攻め疲れて
私と同じ状態まで落ちてきます。

その時です。

同じ状態になったら、
自分がひたむきにやってきたことを
一度限りの大勝負と覚悟を決め、
表に出して勝負に出ます。

相手は疲れてきているので
なかなかこの攻撃をねじりあいで「しのぐ」ことはできず、
勝ちが転がってくる確率が上がる。

というのが私の経験です。

世の中の傾向では
イケイケどんどんの華やかさの方がもてはやされる
という現実があります。

そして、「しのぎ」は初め、辛いことばかりが続き、
つまらないと感じる方が多いのも現実です。

でも、ここに私は勝機を自分のものにする
自分だけの中の光が隠れている。

というのが私の経験です。

私はそれがブログをはじめとする
日々の地道な努力です。

私は、会社の名前や自分がメジャーではないから負ける。

とは思っていません。

今だと、住宅の契約が取れないのは、
新型コロナウィルスのせいにしないことです。

仕事の契約が取れないのは自分の中にある。

と思っています。

そう、負けるときは、自分だけの『プラスアルファ』が足りなく、
まだまだ、身についていない。

と感じ、

そのことを見出して結果に結びつける努力が必要だ。具体的には...

という発想が私の中に浮かんできます。

自分だけの『プラスアルファ』を自分の意志で見つける必要がある。

と思って私は今に生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月23日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2340475039388504

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2044回 いつかはこの仕事から引退する日がやってきます。その日まで...!!(2021.04.22.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月22日のテーマは

~忙しい時こそ楽しい予定を入れてしまう~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004220000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2044日目、私がfacebookに書いた言葉
から

ここでもよくお書きしていますが、
私は先約優先の法則をとっています。

この法則を破るときは、
身内に不幸があった時か、
家が火事になってしまった時です。

今としては、
表現は適切ではないかもしれませんが、

いわゆる、村8分に含まれていない
残り2分の出来事が起こった時のみです。

約束の日を私はどうとっているのか?
というと

○○の日と□□の日と△△の日の予定が
今現在では空いていますが、
どの日になされますか?

という風にです。

この3日のどれかを即決できない方とは、お付き合いしません。

断り方は、

何かありましたら、また、私にご連絡ください。

一見肯定しているような発言ですが、
実はこれは断りの文句なのです。

たぶん私だけではなくて、
仕事ができる方ほど、こういうセリフで
遠回しに断っています。

なぜかというと
こう対応しておかないと
自分の仕事の効率は絶対に上げられないからです。

私は気が長いように見えて、かなり短気な性格です。

振り分けのスピードを上げなければ
ストレスがたまる一方で精神的に不安を抱え
心はどんよりした天気のようになります。

私はいつも心が快晴になる状態を目指して生きています。

この状態を達成するには
心のどんより状態をすぐになくさなければ
いつまでも気になってしようがなく、

続けていると私の心は病気になってしまうな。

と感じてしまいます。

今日のお題は
「忙しい時こそ楽しい予定を入れてしまう」
です。

私は先約優先でどんどん予定を入れていき、
スケジュール帳をいっぱいにしていきます。

ここまではかっこいい話ですが、
もし、スケジュール帳に空きが出てきたら、
どう行動するのかというと

カッコ悪い話で、博打打ちのようですが、

以前にメモ用紙に書き出しておいた
自分のアイデアに本腰を入れるチャンス到来だ。

と感じ、その空き時間を利用し実行に移します。

予定があるときは、
アイデアか浮かんでも先約を優先し、
実行するにしても内容は浅いままだな。

が私の感性です。

自然にできた空き時間を
私は天の声として聞き入れ、
貧乏性の私はこの時間を活かし
更なる仕事の成果に結びつける行動に打って出ます。

ボケっとしているように見えて
私の頭の中は常にフル回転することを
実は望んでいるようだな。

と自分のことを認識しています。

いつかはこの仕事から引退する日がやってきます。

その日まで、私は自分自身で思いついたことは全力で取り組み
自分の人生を謳歌したいな。

と思って日々を生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月22日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2337656339670374

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2338286649607343

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2043回 失敗から学んだことを改善し、その改善を繰り返す。という「緻密なアドリブ」で...!!(2021.04.21.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月21日のテーマは

~"何が問題なのか"をハッキリすれば光が見えてくる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004210000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2043日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「何が問題で何が足りないのか?」

これを痛切に感じるのは実践経験においての失敗の直後です。

そして、お客様は十人十色で
似た失敗はあっても
まったく瓜ふたつ
という同じ失敗の状態は二度と存在しない。

「これが実践だ!!」

というのが私の経験です。

申し訳ございませんが、
トーク設計図というシステムが私には存在しません。

私に「これだ」という決まった形の商品はありませんが、

しいて言うならば、「世界に一つだけの間取りの家」です。

私の経験上、まったく瓜二つの同じ間取りの家を
今まで私は設計したことがありません。

お客様一人一人によって、どこかが違うのです。

私はこの原因がどこから来ているのかと推測すると
初めに戻りますが、「お客様は十人十色」だ。
ということだと私は思っています。

よって、初回アポから接し方もそれぞれの道で
お打ち合わせの方向も変わっていきます。

私は、自動販売機の戦略は取っておらず

「この企画住宅の中からあなたの好きな家をお選びください!!」

という戦略は取っていません。

ただし、変わらないことも存在します。

同じ内容のことをお客様や協力業者さんに伝えるにしても
自分の謙虚な気持ちが全面に出て「美しい」伝え方だ。

ということを私は常に追求しています。

しかし、実践ではトークをしてしまった後に
今の伝え方は「美しくなかった」
と反省することも常に私には存在します。

やはり、実践での失敗の直後が
私自身を進化させてくれる最大のチャンス到来だ。

といつも身に染みて感じています。

今日のお題は
「『何が問題なのか』をハッキリすれば光が見えてくる」
です。

変な表現ですが
私は「生き物オタク」です。

人間ばかりではなくて、動物や植物全てにおいてです。

例えば、我が家には、現在、
みなしごで生まれて1年足らずの「猫」が2匹
4年前に迷い込んできた年老いた「猫」が1匹、
合計3匹の猫がいます。

4年前に迷い込んできた年老いた「猫」の特徴は

これまた、変な表現ですが、

自分は「猫」なのに「猫」嫌いというか、
うまくほかの2匹との「猫」同士では
うまく交じり合うことを望まない。

という特徴を持っています。

その分人間が好きで、いつも「にゃー」しか聞こえませんが、
「にゃー」のトーンやその勢いによって
何かを私に伝えています。

私の接客時におけるお客様の接し方を
言葉の通じない我が家の「猫」で
今は私の「心」の訓練をしています。

いわゆる、「以心伝心」です。

私の心を以って、私の本心が相手の方に伝わると、
自然と相手の方は心を開いてくれ、
当たり障りのない会話ではなくて
本音の会話を交わすことができる。

というのが私の経験です。

今の私は「心」が通じ合う、実践向きの基本トークを身に着け、
尚かつ、その基本トークを適材適所に応用できる
言葉のニュアンスも会得して実践に臨んでいます。

いわゆる「アドリブ」が大切だと感じて
実践での対応をしています。

「アドリブ」と聞くと、「破れかぶれ」
という風に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、

私の「アドリブ」は実戦での経験から気付いた失敗を改善し、
更にまた、即座に実践投入し、気づいた失敗をまた、改善していく
という繰り返しです。

こんな表現が適切なのかどうかはわかりませんが、

失敗から学んだことを改善し、その改善を繰り返す。

という「緻密なアドリブ」で接客時における
実戦での勝負に私は挑んでいます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月21日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2336293496473325

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2042回 すべてのことに対して「いいところ探し」を心がけて生きていると自分を幸せへと導いてくれているな。と私は感じ...!!(2021.04.20.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月20日のテーマは

~物と他人に対して"いいところ探し"を心がける~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004200000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2042日目、私がfacebookに書いた言葉
から

Aさんの奥さんは厳しい人

中略・・・

「尻に敷かれていて、なんだか哀れだ」

といった感じになる。

の部分は、そういう奥様を選び
自分で決断を下しのだから、
その与えられた条件の中で結果を出すしかない。

が私の答えです。

でも、お互いに「いいところ」があったら
一緒になったのではないのかな。

と私は感じ、ロボットではないので
全部が全部自分の思い通りになる方がおかしい。

と私は感じます。

夫婦の場合だけは身内といってもわかれれば他人の関係で
自分の親や子供のように血縁関係はなくなる。

というのが今の日本の法律で
どうせなら、どんなことに対しても感謝して生きた方が
ポジティブになれると私の答えです。

しかし、他人がとやかく言って、
そう思うこと自体大きなお世話なのかもしれません。

よく菊原さんのブログでも出てきますが、
人間は否定形を認識できない。

というような内容が出てきます。

失敗をした過去のネガティブなことは変えられなくても
その経験をもとに未来はポジティブシンキングを目指し
必ずうまくいくのかどうかは別として
自分の意志で明るい兆しになるように
自分の人生を決定していくことができます。

そうすると私は、自分に対して

「私は幸せなのか?」

ではなくて、

「今日、どう生きたら、私は幸せになれるのか?」

という発想で毎日を生きています。

具体的には、私の経験上、お金がたくさんあるほど
変なストレスが溜まっていき、いい発想も生まれず
自分の意志とは裏腹に知らぬ間に
自分の心がネガティブ志向に向かっています。

この状態を私は幸せだと感じません。

むしろ、「お金がちょっと足りないな。困ったな。」

と感じる方が自分のいいアイデアが
次から次へとどんどん生まれてきて、
私自身はポジティブシンキングになれます。

今日のお題は
「物と他人に対して『いいところ探し』を心がける」
です。

ここで私は生きる上で
他人の上げ足とりや否定ばかりして
生きる人生を選んで生きるよりも
とにかく、自分以外の方のの「いいところ探し」を心がけて
生きる癖を身に着けた方がいい。

と私は思って生きています。

当然ながら、嫌な場面も私の五感から入ってきますが、

そんな時こそ、幼いころに目上の方に言われた

「お前は、鶏のように言われたことをすぐ忘れる」

とか

「左の耳から入ってきたことが右の耳からすぐに抜ける。」

で対応することにしています。

私の経験上、自分と向かい合って、現実を見つめる。

ということは絶対手を抜いてはいけないことですが、

自分でいくら真摯な気持ちで聞いていても
ネガティブにしかならない内容だったら、
今の私は、バッサリ切り捨てることに決めています。

それに他の方の上げ足とりや否定ばかりして生きていると
自分の進化にはつながりませんが、

「いいところ探し」を心がけて生きていると
自分自身の心も鍛えられ
以前の自分では気づかなかった「いいところ」も
どんどん発見できるようになります。

すべてのことに対して
「いいところ探し」を心がけて生きていると
自分を幸せへと導いてくれているな。

と私は感じ、

「自分に与えられた条件で、自分の人生を楽しんで生きているな。」

と実感することができます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月20日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2334028310033177

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2041回 アポの時の打合せと同じ内容をメールやSNSでも順次伝えるという、二枚腰が今は必要な時期と思って...!!(2021.04.19.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月19日のテーマは

~メッセージを送るときは相手を迷わせないようにする~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004190000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2041日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は最近、お問い合わせがあると
きつい言葉ですが、トーンは優しくして

「会えないと○○様の家を建てることはできないですよね」

と電話嫌いの私ですが、初めにそうお伝えすることにしています。

ちなみに、どうして私に興味のある方は私に会わざるを得ません。

中には、電話で情報を引き出そうとする方もいらっしゃいますが、
断固として、壊れたテープレコーダーのように

「会えないと○○様の家を建てることはできないですよね」

を連呼して、「YES」か「NO」
だけを迫ることにしています。

お互いに時間を合わせて会うと、
一番初めの10分間で
「目の前の方は私と感性が合う方なのか、そうではないのか」
すぐに感じ取れます。

そこで、私は

お互いに感性が合わないと後々嫌な思いをすることになりますよね?
その時はお付き合いをやめましょう。

といきなり出口を切り出します。

ここで大体のお客様はリラックスされ、
特に奥様の方は本当に疑問に抱いていることを私に聞く。

という行動に出られます。

私の長所でもあり短所でもあるところは
相手の方に嫌われる玉砕覚悟のうえで
結論をまずはっきりわかりやすく伝えることです。

大体は即答しますが、
もちろん、わからないこともあります。

その時は、
すみませんがその件に関しては今の私では即答できません。

そしてどういう状態になったら答えを出せるのか期限を入れてお伝えします。

必ず、決めることは次回アポの日時を決め、
そこで何をするのか明確に伝えることです。

次回アポがとれないのであれぱ、

私とのお付き合いを今はやめた方がいいのでは?

とお伝えして相手の方に答えを出してもらい、
それによって、長期のお客様としてフォローし
また逢えたら、儲けものぐらいの感覚でいます。

今日のお題は
「メッセージを送るときは相手を迷わせないようにする」
です。

私のメッセージは海外にいる場合などを除いて
多くの場合、出会ってお互いを感じあうための
アポを取ることが目的です。

ダメならしょうがありません

ほかの方がお問い合わせたくなるようにホームページを進化させます。

ポイントは会って打ち合わせを終えた後です。

複写便せんにメモをした内容もその場で相手の方にお渡ししますが、
同じ内容でメールでも添付して送るということもします。

ちなみにこんなメールは簡単に捨てられず、
ストックしておく

という統計を取り
私は確認しています。

私の伝えたいことが相手の方に伝わるには、
まず、相手の方に私を意識の中に入れてもらえなければ、
深い付き合いをして信頼関係を作っていくことはできない。

というのが私の経験です。

今後どうなるのかはわかりませんが、

新型コロナウィルスが流行してから
お問い合わせだけではなくて、

私のおんぼろ事務所に足を運んでくださる方が増えています。

ただし、昨日もその内容に触れましたが、
例えば釘がなければ、今の家は建てられません。

仕事を契約するだけではなくて
ちゃんと完成してお引渡しするまでの根拠を証明できていなければ
会社は黒字倒産に追い込まれます。

今はこのことを
アポを取って会いに来てくださったお客様にお伝えしています。

具体的には、私の会社は家を建てられない可能性あり
他の施工可能な住宅会社をお探しください。

と迫る時も存在するということです。

アポの時の打合せと同じ内容をメールやSNSでも順次伝える
という二枚腰が今は必要な時期と思って私の行動に取り入れています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月19日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2331891470246861

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2040回 素直な気持ちで「その評価が真の私の姿なんだな。」と今は...!!(2021.04.18.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月18日のテーマは

~ゴルフ仲間が90→80前半にレベルアップした理由~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004180000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2040日目、私がfacebookに書いた言葉
から

自分が不器用だと感じている私は、幅広く複数の意識を
同時に同じレベルで持つということはできません。

よって、一番優先順位の高いことを実行し、
そのとき、他は記憶のかなたに一度、葬ってしまいます。

新型コロナウィルスの影響で、いまは、営業という攻めよりも
契約した仕事にたいして
お客様にとっても私にとっても穴をあけて迷惑をかけない。

ということに意識を集中しています。

世の中は完全にインフレの流れになっている
と私は感じています。

特にインターネットでの買い物で
釘などの金物関係は価格も上がっていますが、
それ以上に、納入予定がはっきり確定できない。

となると

さすがにこれでは怖くて買えません。

効率化ばかりを追い求めてきた会社ほど
仕事はあるのですが

こなせない。

という地獄を見る気がしています。

一年前、私は前もって新型コロナウィルスが流行り始めたころに
とりあえず、
今、動き始める現場分の金物を間に合うように
勝手に気を効かせて買っていました。

ところが次に動く現場分から見通しが立たない。

とい情報を
金物持ちで木工事の仕事を請け負っていただいている
私の大工の師匠から連絡がありました。

ホームセンターなどの大手量販店でも
その傾向が出ていて必要なサイズの釘類はありません。

師匠は困っているようでしたので
ちょっと金額は高くても
こんな時こそ、同級生がお嫁さんに行っていてお付き合いのある
資材屋さんに連絡をしてみました。

ズバリ的中で
今ある必要な釘関係の在庫を全部買い、
何とか次の現場も数を確保しました。

それにそのあとに入荷した時も連絡がもらえるように約束もしました。

その時、同級生からボソッと聞いた言葉に

実は、見ず知らずの大工さんも買いに来るそうですが、
取引をしてくださっている私みたいなお得意さんのために
お金をいくら積まれても売らない。

という風に伝えていたそうです。

今日のお題は
「ゴルフ仲間が90→80前半にレベルアップした理由」
です。

世界の工場である中国が風邪を引けば、世界中が風邪をひく。
というたとえ話を聞いたことが昔ありましたが、
まさに今がそんな状態です。

私は価格が高い時があっても
秋田県産の杉を90%以上使い続けることにこだわり、
さらに構造計算でその安全性を確認してきた実績もあり
構造材についてはほぼ秋田県産です。

ユニットバスなどの水回り製品も
工場が日本にあるメーカーさんとの
30年にも及ぶお付き合いで住設関係を確保してきました。

なんか、グローバル社会の弱点である負の正体が見えてきたな。

と私は感じ
こんな時こそ、今までお付き合いしてきた
真の人と人との関係かも浮き彫りになるな。

とも感じました。

原価率を保つため
価格ばかりを優先して私が生きてきたら
私はインフレの状況を乗り切れない。

と私は感じています。

過去の自分の行動が鏡に写され、
人の評価の真価が問われるのがこんな時なんだな。

やっぱり商売の原則は人と人のつながりだな。

と感じながら、
私にそのお店のいつもの価格で売ってくれることに感謝しています。

今こそ、私に対して正当な判断が下される時期だと感じています。

素直な気持ちで「その評価が真の私の姿なんだな。」

と今はどんな評価でも真摯に受け止めて生きることにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月18日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2329817687120906

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2039回 お客様が悩みを打ち明けてくれないのは、自分の言動と行動にまだまだおおきな隔たりがあり...!!(2021.04.17.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月17日のテーマは

~ほとんどの人は「何か聞かれたい」と思っている~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004170000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2039日目、私がfacebookに書いた言葉
から

昨日のブログで、

私は、初めから決まっている先生と生徒というような上下関係を好みません。

とお書きしました。

自分では話しかけやすい雰囲気を心がけている。

と、自分では思っていても、
周りの人間がそれとは、反対の雰囲気を感じ取っている限り、
誰も話しかけてくれません。

つまりは、「社員とコミュニケーションが上手く取れない」

は自分に原因がある。
というのが私の経験です。

これは、お客様を接客するときにもその人間の本質が出ます。

自分では話しかけやすい雰囲気を心がけている。

と思っていても、

お客様の感情で持っている本当に聞きたいことを隠し続けている限り、

結果として、話しかけやすい雰囲気はできていない。

ということになる。

と私は思っています。

こんなことから、
初めから決まっている先生と生徒というような上下関係を
私は好まないのです。

「親友」という言葉がありますが、

私はこの状態にできるだけ近くなる状態をいつも望んでいます。

どちらかがいつも言いたいことだけをいい続け
我を通し続けると「親友」の関係はいつか崩壊します。

バランスが大事です。

お客様との関係も長く続けるには、バランス感覚の継続です。

でも、どうしても会わない時は、断る覚悟も必要です。

今日のお題は
「ほとんどの人は『何か聞かれたい』と思っている」
です。

「何か聞かれたい」と思っているならば、
雰囲気作りが目的ではなくて、
結果にこだわるべきです。

また、「何も聞かれない」ということは、
誰もあなたのことを当てにしていない。
ということを意味しています。

なぜ、人は、この行動がとるのか
というと、私の結論は言動と行動が一致していない。

ということを感じ取っているからだと私は思っています。

最後、人は隠し事のない正直な行動を自らの意志でとり、
なおかつ、その行動が「美しい」と感じられる方に
悩みを打ち明けてくれます。

お客様が悩みを打ち明けてくれないのは、
自分の言動と行動にまだまだおおきな隔たりがあり
その差を縮める必要がある。

と私は思っていて
自分の行動に取り入れることにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月17日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2327543664014975

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2038回 「インプット」したことに対して、自分の言葉に変換して「アウトプット」をし、自分の無知に気づくことが...!!(2021.04.16.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月16日のテーマは

~"学び"と"教える"をセットとして考える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004160000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2038日目、私がfacebookに書いた言葉
から

学ぶとすぐ実践で試してみたくなるのが私の性格です。

私の場合、「教える」というよりは、
相手の方に私と同等以上の知識をもってもらいたい。
と思ってお伝えています。

ということは、伝えた方も相手の方も私と同じ国家資格を持ち、
建築士として生きていけるレベルを私は目指しているということです。

ここまでたどり着いた方はいませんが、
ある部分の知識においては、
私と同等以上のスペシャリストになられる方もいらっしゃいます。

下の者が自然に師匠と仰ぎ、
そういう想いのもとにできる関係なら別ですが、

私は、初めから決まっている先生と生徒というような上下関係を好みません。

しかし、同じ仲間としてなら、話は別です。

仲間でなおかつ、私と同じ共感を持つ方ならば、
絶対に私と同じレベル以上になってほしいと私は思っています。

なぜ、こんなことを思うのかというと
そうなってもらったほうが
私が落ち込んでいると思ったら
目標にできるからです。

目標ができたら、それを達成しよういう力が働き、
また自分自身の進化につながっていきます。

今日のお題は
「『学び』と『教える』をセットとして考える」
です。

私の解釈では、この関係は、

「インプット」と「アウトプット」という風になります。

更に「インプット」とは、「基礎を学ぶ」で
「アウトプット」とは、「実践で試す」ということです。

基本を学ぶことは大事です。

しかし、世の中はその目まぐるしくかわる変化に合わせて
実戦での戦い方を微妙に変えていける応用力が必要だ。

というのも私の経験です。

「アウトプット」を自分だけで試していても「インプット」のままです。

必ず自分以外の方が必要になり
そうしないと進化は生まれません。

そして、本当は有限なのかもしれませんが、
その広がりは50歳を超えた私でも無限大です。

教えても、その上があるかもしれません。

「インプット」したことに対して自分の言葉に変換して
「アウトプット」をし
自分の無知に気づくことが私の最大のテーマです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月16日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2325306664238675

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2037回 売る力を研き続けていなければ、売れる営業マンは存在し続けることができるんだな。と感じた一年前の出来事から...!!(2021.04.15.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月15日のテーマは

~キツイ状況に追い込まれた時、真価が問われる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004150000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2037日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「よっし、あらゆる知恵を使ってこの逆境を何とかする」

は、私のモットーです。

ただし、そう感じた時こそ、
肩の力を抜き、リラックスした状態で物事に取り組み、
大事なモチベーションは
「その状態を自分で楽しむ」
ことが大事だ。

というのが私の経験です。

なぜかというと、何とかしようと動くとき、
人は必要以上に感情移入してしまいがちで
動き自体が固くなります。

こうなればうまくいくものもうまくいきません。

新型コロナウィルスの影響で「緊急事態宣言」が発令されていた一年前

私は、はじめてお付き合いする会社から
100万円ほどの高額ノウハウを買いました。

会社は初めてなのですが、
売りに来た営業マンは、私よりも10歳以上若く
以前のコンサル会社で面識がある営業マンです。

現在は、大阪を中心にその会社でご活躍されていて
ほかの秋田のお客様に合うために
前日入りでやってきました。

さかのぼること一週間前に電話連絡が5年ぶりに入ってきました。

内容は、いついつ秋田にほかの約束で行くのですが、
1時間ほどお時間をいただき、お会いできますか?

というものです。

もちろん、私はすぐに可能かどうかはわかりませんが
私へのノウハウの売り込みだ。

ということに気づきました。

しかし、私の興味はそれよりも5年の月日が経って
どんなセールスをかけてくるのかな。
の方がとても楽しみだ。

という方が強かったです。

今回は、カジュアルな服装に身を包み
スーツという戦闘服ではありませんでしたが、
営業マンとしてのソフトの面はビンビンと伝わってきて、
学ぶべき営業感覚の気づきがたくさんありました。

今日のお題は
「キツイ状況に追い込まれた時、真価が問われる」
です。

こんな状況でも、私が
この方はすごいと認めるトップセールスマンは、
電話での声掛けから始まり、
アポを取り、100万円のノウハウを私に売っていくのです。

どんな状況でも
売る力を持っている人間は
買える力を持っている人を見極めます。

それに、真新しい商品ではなくても
お客様の希望をかなえられそうな商品を見つけ出して提案し、
今、手持ちにあるその商品を売っていくのです。

経済状態が悪化していても
売る力を研き続けていなければ、
売れる営業マンは存在し続けることができるんだな。

と感じた一年前の高額な買い物から気付いた出来事でした。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月15日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2323171857785489

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2036回 集客を誰かに任せるとなるとそれは、自分の会社ではなくなり、誰かに乗っ取られてしまうかも...!!(2021.04.14.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月14日のテーマは

~"結果を出しているのに暇そうな人"を目指す~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004140000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2036日目、私がfacebookに書いた言葉
から

よくこのブログでも話題にしますが、
私が定期的に参加している講習会で
ホームページを立ち上げたばかりの方に対しての
基礎のフォローアップ研修があります。

講師は、私と同い年で
毎回そのホームページ会社の社長さん
自ら講師をしています。

基礎のフォローアップ研修ということもあり、
基本研修の流れは大きく変わりませんが、
しいて言えば、毎回5%の進化が繰り返されています。

この社長さんの持ちネタに

忙しそうにしている社長さんの中には
儲かっている方もいれば、
自転車操業のような経営状態が苦しい方もいる。

しかし、暇そうにしている社長さんで
儲かっていない人はいない。

というネタです。

新型コロナウィルスが収束の見通しが立たない今は論外ですが、
ちなみに落ちもあります。

遠回しな言い方で
今日も私は6時からどこそこで懇親会の予定があるので
この講義の時間は伸びても、5時前には終了します。

と明言し、ポイントは抑えて講義を進め終了することです。

要は

自分もほとんど毎日のように懇親会で情報交換していて
時間の余裕を作り出しています。
でも会社の経営はコントロールできていますよ。

と私には聞こえてしまうのです。

暇そうに見えていて
結果を残し続けている社長さんは
間違いなく儲かっている。

という自分の経験を毎回私たちに伝えてくれます。

そうなるには、ホームページを社長自身で
自ら手を付けることが大事ですよ。

ということだと私は受け止めています。

2割8割の法則でいうと

集客だけは人任せにせず、
必ず、自分でコツコツとやっている。

ということも教えてくれます。

ちなみにこの社長さんの独立する前の職種は営業職で、
成績は常にトップセールスだったということです。

一度、自分の会社の中で営業マンの方と成績を競ってみたら、
会社の専属営業マンの方は足元にも及ばなく、
ダントツで成績を残し、

社員の営業マンの方に
社長の実力は証明され、実感できました。

と言われ、また、いまは、集客に直結することだけは
自分でやっている。

に戻ったそうです。

今日のお題は
「『結果を出しているのに暇そうな人』を目指す」
です。

私の感覚では、周りには、暇そうに見えますが、
実は、頭の中は、集客のことでいっぱい
という風に私自身は感じています。

集客が「0」ならば、
いくらものすごい商品を持っていようが

「0」×「無料大数」=「0」

ちなみに「無料大数」とは、

簡単に言うと
漢字文化圏(漢字圏)における数の単位の一つで。
漢字文化圏において名前がついている最大のものです。

特に、中小企業の場合
他の仕事はほかの方でも可能ですが、

集客を誰かに任せる

となると

それは、自分の会社ではなくなり
誰かに乗っ取られてしまうかもしれない。

ということだと私は受け止めています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月14日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2320813304688011

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2321325637970111

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2035回 「人を見れば、その人間の本質がどうなのかがすぐにわかります」がすべてではないのか?と今は思って...!!(2021.04.13.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月13日のテーマは

~勝手なイメージではなく"現実の姿"を見て冷静に判断する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004130000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2035日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の意見で申し訳ございませんが、

「部下に期待しない方がいい」は、

部下の方に対して「なんか失礼だ」と私は感じるのです。

私が新人営業マンとして修業していた部下の時代、
家づくりを通してお客様に喜んでいただく。

ということはもちろんのことではあったけれども、

私が契約を取ってくることにより、
そのことと同じぐらい、上司や同僚の仲間が
自然と喜んでいる姿を見るのが好きでした。

私の場合、

「上司の期待に応える」

ということも自分の仕事に対する
モチベーションを上げる要素にもなっていて

上司も私にとってはお客様でした。

そうすると、特に私が調子を落としているときなど、
素のままの姿の私を見て、

自分の営業経験をテーマとして、
私の復活につながるヒントを与えてもらうことができました。

困っているときに高い声で注意されると
反発が生まれて頑張ることもできますが、

それ以上に低い声で自分の経験をもとに淡々と話される
私の場合は、

何とかして「上司の期待に応えられる」ようにしよう。
という力が沸々と湧いてきたことを覚えて今も実行しています。

今日のお題は
「勝手なイメージではなく『現実の姿』を見て冷静に判断する」
です。

今は上司の立場になりましたが、
上司の立場で大切にしていることは、

部下に対してのきめ細やかな観察力です。

確かに単純な作業をやらないで手抜きし
3回も同じ失敗を繰り返すと

私の雷が落ちます。

しかし、基本に忠実にやっていての失敗ならば、
私の雷は落ちず、どこかに
私自身の部下への観察力の見落としがあったのでは?

と自分の過去を振り返ることにしています。

これは、お客様への応対でも言えることです。

私は、お客様を「よ~く」観察します。

見た目ばかりではなく、しぐさや言動などすべてに対してです。

これにより、お客様をクレーマーに育てなくて済むようになります。

クレーマーとは、確かに本人の性格によるところもありますが、
結果的に、営業マンがクレーマーに育ててしまう場合もあります。

最近、私は、初対面の時から、

「人を見れば、その人間の本質がどうなのかがすぐにわかります」

と人によってはかなりきつい言葉にも聞こえますが、
堂々と私は初対面で伝えています。

この言葉を伝えることにより、
クレーマーになりそうな方は自ら身を引いてくれます。

逆に私への信頼を得るスピードが速くなる方もいらっしゃいます。

私は、結局のところ、

「人を見れば、その人間の本質がどうなのかがすぐにわかります」

がすべてではないのか?

と今は思って自分以外の方とコミュニケーションをとることにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月13日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2318797424889599

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2034回 あらさがしこそ、無駄な時間の使い方だと私は思っていて...!!(2021.04.12.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月12日のテーマは

~あら探しをすれば楽しさは半減してしまう~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004120000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2034日目、私がfacebookに書いた言葉
から

今日は「」かっこを抜き出して
そこにフォーカスし、ブログを書いてみることにします。

前半部分の

「まあ、文句を言わず持ってきてくれるだけでもありがたい」

「器が多い人だなぁ」

この言葉を聞いて人はどんな気持ちになるのだろう?

私の場合を書くと、

「まあ、文句を言わず持ってきてくれるだけでもありがたい」

は私もよく思うことです。

というか、自分以外の方の力で
何もないところに何かかが出てくるだけで
私は感謝してしまいます。

さらにそれに自分の意向が少しでも入っているだけで
幸福感でいっぱいになります。

「器が多い人だなぁ」は、
私自身に関していうと、「鈍感である」ということです。

普段は神経ビリビリで仕事をしていることが多いのですが、

外でお酒を飲む時ぐらいは
誰から指摘されない限り、
とにかく気にならない。

ということです。

ちなみに、いま、持病を持っている私は
新型コロナウィルスのこともあり、
お酒を飲むこと自体を避けています。

「あの店員の料理の置き方が気に入らない」

「あの言い方はおかしい」

この感覚は私にはありません。

しかし、状況をガラリと変え、

「あの店員さんの料理の置き方は気が利いていてすばらしい」

とか

「あの店員さんの話し方や声のトーンにはツイツイ魅かれてしまう」

となったら、私の場合は、日常茶飯事よくあることです。

結果、「あぁ、場がしらけちゃうな」

が「なんか場が魅惑的になってくる」

という風になり、不思議ないい心地の感覚に浸ることができます。

今日のお題は
「あら探しをすれば楽しさは半減してしまう」
です。

人前で愚痴にも聞こえることが出てくることを
他の方でも自分自身でも
私は、自分の心に余裕がない証拠だ。

という風にとらえています。

あらさがしが得意だな。

という方のそばは、私にとって、余裕がなくなる前兆の危険地帯にいるな。

と感じ取り、もし、そんな場面に遭遇してしまったら
私は酔ったふりをして、
誰から見ても制御できないと感じるように行動します。

当の本人が何かを感じてその場から消えたら、
素面の自分に戻り
いつも通りの上機嫌状態の私に戻ることにしています。

人の性格は本人で気づいて意識して変えなければ
絶対に他人があれこれ言い続けても変えられるものではない。

あらさがしこそ、無駄な時間の使い方だと私は思って生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月12日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2316326691803339

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2033回 私は仕事にたいする労働意欲の調子が落ちてきたら、解決策として・・・!!(2021.04.11.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月11日のテーマは

~マズローの第一段階を甘くてはいけない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004110000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2033日目、私がfacebookに書いた言葉
から

初めて接した

「マズローの5段階欲求」

とパソコンに打ち、検索をかけると
が一番初めに出てきました。

第1段階の生理的欲求の中には
「食欲」「排泄欲」「睡眠欲」などとありました。

私の場合、この中でも仕事を続けていくうえで
もっとも我慢できないのは、「睡眠欲」です。

「排泄欲」は我慢という感覚よりは

出るものはしょうがない。

で済ませています。

私の好きな言葉

「来る者は拒まず、去る者は追わず」

の感覚に似ています。

私の見た目とは違い、変に聞こえるかもしれませんが、
私は、「食欲」は我慢できます。

もし、どうしてもというと「食欲」に関しては食べ物ではなくて、
「水(H₂O)」はどうしてもというときは補給するし、
間違いなく水を飲みます。

話を戻しますが、私が仕事を続けていくうえで
「睡眠欲」だけは我慢しないことにしています。

「睡眠欲」を我慢すると、いいことがありません。

仕事をしていて頭が疲れてくると
一気に自分の仕事のパフォーマンスが
急降下していることに気づきます。

たいていの方は、「食欲」優先に動くようですが、
こんな時の私の行動は「睡眠欲」を満たすように
仮眠をとることのほうが最優先します。

大分昔になんかの健康番組で
人間は「寝貯め」はできないようですが、
「寝る」ことによって、
「寝不足」は解消できるということを知りました。

これを見ていて私はしっくりきました。

腕がよく仕事の効率よくはかどる大工職人さんの特徴に
昼ごはんを食べた後、
午後の仕事が始まる1時までの昼寝の習慣があります。

特に木造大工職人さんの場合、
見た目は、肉体労働でありながら、頭脳労働の割合が強い
と、私は感じながら、弟子時代を過ごしていた経験があります。

要は、それだけ、自分の魂を仕事に込めるために
細かい神経を使っているということだ。

ということも経験してきました。

最近、にわか職人が増えてきて、
昼ご飯を食べた後、一生懸命にスマホをいじっている
方が増えてきているようですが、

私はそんなことに神経を使っていることは無駄。
どうしてもやりたかったら、仕事を終えた後、
家に帰ってからやるか、

仕事を変えたほうがいいんじゃないの?

と思ってしまう自分がいます。

今日のお題は
「マズローの第一段階を甘くてはいけない」
です。

この中でも、私は仕事にたいする
労働意欲の調子が落ちてきたら、
解決策として「睡眠欲」を満たすこと
第一優先ですることにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月11日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2314211222014886
の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2032回 人生にとって不必要と思われることからビジネスは消えて行っているように感じていて...!!(2021.04.10.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月10日のテーマは

~何かに迷ったらフローチャートを書く~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004100000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2032日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は自分の字で紙にかくということを大切にしています。

しかし、キャパシテイーが低い私は
日本人としてはマズイのかもしれませんが、
長文は昔から苦手で
矢印を書きながらつなげていきます。

これは中学時代の社会の先生が黒板に書くやり方で、
私の中に入ってきて定着しやすいのでやすいので続けています。

でも最後は結果にフォーカスし、
余計な言い訳を言わないということも決めています。

どんなに矢印をつなげても
自分で求めている結果に至らなければ、
そのフローチャートの存在自体が怪しくなります。

こんな時、私は自分を否定して考えてみることにしています。

そうすると、うまくいく方法が見つかります。

今、新型コロナウィルスの影響で、世の中は先が見えず、
混乱した状態が続いています。

でも、これを逆にとらえると
自分にとってダメ情報は
ダメ情報の発信元から消えて行ってくれます。

最近、メールが届きますが、
発信元を見た瞬間、
すぐにメールを残すのか、
ばっさり切り捨てて
もう付き合わなくてもいい
がすぐに決断を下せるようになりました。

私でもこうなので、
若い方はもっと瞬殺してしまうのだろう。

と感じています。

今日のお題は
「何かに迷ったらフローチャートを書く」
です。

フローチャートのいいところは、
自分にとって、

おかしい発想の分岐点が発見できる点です。

私は、よくここで間違えたな。

をよく発見し、修正して新しいフローチャートを作り上げています。

もしかすると人生そのものがフローチャートで
フローチャーの通り進まないから
人生は楽しいんだな。

と最近、思えるようになりました。

追伸、
いつまで、新型コロナウィルスの影響が続くのかわかりませんが、

確実に、人生にとって不必要と思われることから
ビジネスは消えて行っているように感じています。

逆にこれが正常な世の中の成り立ちなのかもしれません。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月10日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2312181555551186

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2031回 こんな時代だからこそ、世の中の流れに逆らわず、その中からチャンスを自分で見つけ、勝負をかけることに徹して...!!(2021.04.09.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月9日のテーマは

~厳しい状況で「ピンチはチャンスだ」と言えるか?~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004090000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2031日目、私がfacebookに書いた言葉
から

実は、昨年の1月に新コロナウィルスが発見されてから、
お問合せが増えていて、私のおんぼろ会社の事務所での
個別相談が結構、続いています。

とはいっても、悪い傾向もあります。

代表的な例を挙げると
歳は数年で60歳の定年後を迎えた後、
また、再雇用で雇われる。

さらに、年齢ばかりではなく、
夫婦そろって結構頻繁にキャッシングしている。

更に...

という感じですが、
住宅ローンを組むための準備期間が明らかに足りない。

という方です。

ちょっと1度過ちを犯してしまった方ならば、
手の救いようもありますが、

常習化している方に対しての道は、
短期間で家を建てる道は
残念ながら
現金で家づくりするしかありません。

以前はこんなお客様は稀だったのですが、
今の感覚だけでいうと
確率にして5割はいらっしゃいます。

もちろん、私の能力で住宅ローンの審査に
触れないようにできるのであれば、
動きますが、手に負えない状態で
逆に向こうから断ってくれないかな。

と生意気ですが、これが私の本音です。

しかし、悪い方ばかりでもありません。

確かに借金はありますが、
きちんとお金に対して誠実にお付き合いされている方もいらっしゃり
そんなお客様は、国がバックアップしているフラット35の融資が
いとも簡単にとおり、
家づくり計画が順調に進んでいます。

秋田県は例年寒くなると家のことを考え、
あったかくなると
「今すぐに家を建てなくてもいいや」
という発想の傾向があり、

農家でいうと春先までが刈り入れ時ですが、
珍事です。

今日のお題は
「厳しい状況で『ピンチはチャンスだ』と言えるか?」
です。

私自身もそう動いていますが、
私の会社の傾向は、消費税導入等となると
わざと売り上げをコントロールして落とし、
世の中がつらくなってくると集客率はアップする傾向にあります。

私が望んでやっていることですが...

一つ気がかりなことは、需要と供給のバランスが崩れ、
日本企業が労働力を中国に転換していて
製造されている
家を作るための材料の供給が少なくなり、
必要な数を確保しにくかったり、
期限が伸びるということです。

紙幣を増産し、政府の現給付も決まり、
明らかにインフレ傾向に世の中は徐々に移っているな

というのが私の第6感です。

つまりは、仕事は契約しても下手に実行すると
赤字をこいてしまう流れです。

でも、私の今の器量は決まっていて
こんな時こそ、例年通りマイペースで行くしかない
ということを実行することです。

私の営業感性の中には、爆発的な契約数を確保するよりも
少なくてもいいから、自分の器量にあうように
契約数をコントロールできる営業マンが
NO.1の営業マンだと思っています。

こんな時代だからこそ、世の中の流れに逆らわず、
その中からチャンスを自分で見つけ、
勝負をかけることに徹しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月9日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2310130632422945
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2310444402391568

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2030回 自分の意志で志の覚悟を決めたら、「結果」に結びつくまでひたすら、「努力」し続けるのが...!!(2021.04.08.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月8日のテーマは

~努力は必要だが"意味がある行為"だけ行う~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004080000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2030日目、私がfacebookに書いた言葉
から

授業料を払っていた学生時代から社会人になり、
最も変わったのは、
「結果が重要である。」
ということが私の中には植え付けられています。

学生時代は結果も重要ですが、
そこにたどり着くまでの過程が大切だ

という風な割合が強かったように私は記憶しています。

時間はたくさんあり、うまくいかなかったら、
また、初めからやり直して
どういう過程をたどって現在があるのかが、
大学時代の恩師に求められました。

「努力」のための「努力」でもよかったわけです。

しかし、社会人になってからは
給料をいただいている会社は

基本的に途中経過はどうでもよく、
会社に対して「結果」さえ残してくれれば、
あとは問題ない。

ということです。

要は「結果」を残し続けるための「努力」でなければ、
意味はなさない。

が私の人生観です。

授業料を支払う学生と給料をもらう社会人の差はここにある。
と私は思ってずっと生きています。

今日のお題は
「努力は必要だが『意味がある行為』だけ行う」
です。

しかし、すぐに「結果」に結びつく、
麻薬みたいな「努力」などないが私の経験です。

あったとしても、麻薬やドーピングと一緒で
一事的でしかなく、永遠に続かないことも私は経験してきました。

私の経験では「努力」に「無駄」はつきものだ。

という感覚もあります。

「無駄」の価値観が人によっては、違うと感じますが、

なかなか「意味のある努力」には結びつかないな

が私の感覚で、そこに生まれるのが

自分で試行錯誤していろいろ工夫し挑戦してみる。

ということです。

しかし、ここで満足してしまったら、
社会人としてはダメなのです。

「結果」に結びつくまで「努力」し続けなければなりません。

世の中には、初めは目立たないが亡くなった後、
後々過去の人生を振り返ってみると
トータルでプラスの人生を歩んでいる方がいらっしゃいます。

そして、この方たちの共通点は、お金だけでなくて
人材であったり、人のつながりであったり、
プラスの財産を残している。

ということです。

つまりは、私利私欲ではなくて
世の中の方に対して求められた
「結果」を残し続けたからだ。

というのが私の経験論です。

私の経験の中で「結果」に至らないのは、
どこかで折角続けてきた「努力」の方向が
ズレてしまっていることに気づかい自分がいる

ということだと思っています。

私の経験上、一番わかりやすい「努力」の成果は
「数字」に変換してみることです。

このことをもとに「努力」の方向のズレを自分で気づいて
その時代にあった流れに修正していくことしか方法はない。

と私は思って生きています。

生意気な発言に聞こえるかもしれませんが、
自分の意志で志の覚悟を決めたら、
「結果」に結びつくまでひたすら、「努力」し続けるのが私の生きざまです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月8日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2307321176037224
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2307949869307688

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2029回 ザイアンスの法則には、「1ずつ伝える」という事と、とても相性が良く...!!(2021.04.07水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月7日のテーマは

~"7つのポイント"ではなく、1つずつ伝える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004070000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2029日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、お役立ち情報に限らず、
お客様とお打ち合わせをするときも
1つのことだけを伝え続け
相手の方に理解してもらうようにしています。

人間は自分の意志が働いた出来事は覚えていますが、
意識のないことを伝えられて
そんなに興味をひかないことであれば
記憶のかなたに葬られてしまいます。

特に、初対面の時の情報こそ、
一つに絞ることに私はして言います。

逆を言えば、
お客様は自分の意志で発信したことであれば、
全てといっていいほど覚えています。

その中に私の伝えたいことが入り込もうとしても、
1つが限界というのが私の経験です。

たまに、ポイントではなくて、
流れで続いていくときは

1番の結果を用いて
2番目に利用し
3番目で実になる。

という流れで3つまでなら覚えてもらうことができます。

しかし、これには、お客様が動くメリットがない
とさすがに動いてはもらえず、
特に信頼関係がまだ築かれていなく浅いときは
二度と会えなくなることも気を付けなければならないも私の経験です。

最近、「結構多いな」と感じている事例の中に
土地の登記簿の名義に関することがあります。

お亡くなりになられたおじい様の名義が変更できず、
住宅ローンが組めなかったり、

更にそれに抵当権が付いたままでいると
抹消しない限り、担保として
ローン会社に提供することができません。

でも、生まれた時からそこに住み続けているため、
当の本人はなんとも思っていない。

という意識のままです。

私が伝えようとしても
これがなかなか伝わらないのです。

きつい言い方かもしれませんが、
住宅ローンを利用し、家を建て替えなされる方は、
最初から、

法務局で建て替えられる土地の登記簿をお取りになり
お持ちになられてください。

それができなければ、住宅ローンを組む準備にも入られません。

とお伝えたえして、ダメならば最初から会わないことにしています。

私でも、法務局で土地の登記簿をとることはできますが、
要はお客様の意志がそこに入らないと
お客様の心の中に残らない
という結果になってしまうからです。

今日のお題は
「『7つのポイント』ではなく、1つずつ伝える」
です。

最近、結果という言葉を多く用いていますが、
一度に7つ全部を完璧な結果に残せる方など、
稀にしかいません。

稀というのは、それほど家づくりに対して意識が高い方だけ
というのが私の営業経験です。

1つクリアするのも大変なのに、
7つは無理だと私は思っています。

私が意識していることはやはり、

ザイアンスの法則です。

ザイアンスの法則には、「1ずつ伝える」ということと
とても相性が良く、
いい結果に結びつく。

が私の経験です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月7日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2305917339510941

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2028回 「無茶ぶりは頭の中が真っ白になるからいい。」と私は感じていて...!!(2021.04.06.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月6日のテーマは

~無茶ぶりが自分のポテンシャルを引き出してくれる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004060000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2028日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私にとって、上司から

「この資料明日までにやっておいて」

は無茶ぶりではありません。

というか、私が若いころは、これが日常茶飯事でした。

でも、明日までという期限が付いています。

この時間制限の中で仕上げればいい。

と受け止め、徹夜してでも仕上げるのが当たり前だ
という風に何の疑いもなく、今も思っています。

今の時代の働き化改革に当てはまらないかもしれませんが...

何しろ、私の社会人になりたての頃に耳に残っている歌は

リゲインのコマシャールソングで
時任三郎さんが歌っていた

「24時間戦えますか?ビジネスマーン...」
でした。
ところが、その場で、いきなり挨拶を求められることは今でも苦手です。

特にお題も与えられなかったり、
同じ場所で大人は変わらず、子供たちが年代別に入れ違いで集まり
そり場でネタを変えて3回挨拶させられた経験もあり、
この時は、よく切り抜けたな。

と今でも自分に対して感心しています。

話はまた飛びますが、
私は、お題が与えられなくて多数の方々の前で10分話せ。

と言われたら、10分続くネタを持っています。

それは、大学の卒業論文で発表した

テーマの

「カロリーメーターを用いた石炭の水分測定」

です。

字のごとく、一般の方は何を話していて
何に役立つのかさえ、わからないテーマです。

結論だけを言うと、石炭を温めて水分を蒸発させて
その質量差を測定して含まれている水分量を図るよりも
さらに1/10分の単位で正確に水分を測定でき、
石炭の燃焼効率化を挙げることに役立つ技術となるものです。

ちなみに今の時代、石炭は世界中のどこにでもあるものの
エネルギー化するときに二酸化炭素が多く
温暖化に影響があり、
環境面で避けられているのが現状です。

と話を締めくくっています。

今日のお題は
「無茶ぶりが自分のポテンシャルを引き出してくれる」
です。

私は自分が無茶ぶりされるのが嫌いなので、
他の方には強要しませんが、

自分がされたら、苦手と分かっているものの
絶対に受けて立ちます。

さすがに毎回、無茶ぶりされると神経がおかしくなりますが、

「無茶ぶりは頭の中が真っ白になるからいい。」

と私は感じています。

その時、即席で組み立てて結果を示す。

とてもいい刺激になり、
私は無茶ぶりを交通事故に遭遇してしまった

と思って素直に受けとめることにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月6日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2303823399720335

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2027回 「営業マンは孤独だ。」で今後も生きていき、孤独でもその中で楽しみ見つけて、結果を出して...!!(2021.04.05.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月5日のテーマは

~部下の調子に合わせて声掛けの言葉を変える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004050000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2027日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私のハウスメーカー時代の経験からです。

月初めに行われるに月一回の営業会議で
支店長が一人一人の営業マンの方に
話す順番のパターンは決まっていました。

今月の見込み客の見通しと先月の営業成績についてです。

支店長自身も営業を経験しているので
調子のいい営業マンの方はもう雰囲気で分かっていて
対応している自分が馬鹿らしいと思っていても
一人一人聞いていくしかありません。

更に資料にも今月の見込みが決まっている方は
担当の営業マンの方と予定の受注金額と乗っています。

今月の見込み客の動向はどうなのか

と聞いて唯一わかるのは、ランク分けです。

Aランクは今すぐに契約できる状態にあるお客様
Bランクは競合との戦いのさなかという状態のお客様
Cランクはどこの馬の骨かもわからずという状態のお客様です。

でも聞かなくてもその営業マンの方の雰囲気から
どのランクなのかは支店長も長年の経験から察しがついています。

契約が見えている営業マンの方に対してはその話はしたくない。

という姿勢が見え、
かなり口数も少なく飛ばして面談していますが、
最後言う言葉が決まっています。

それは「隠すなよ。まだほかにいるだろ!!」という言葉でした。

奥深い意味は
「これだけ、調子がいいのなら、契約数が複数あってもおかしくないはずだ」

という支店長の経験です。

でも、そうはいっても本音を明かさないことも
営業経験のある支店長は知っていて
それ以上は突っ込みません。

今日のお題は
「部下の調子に合わせて声掛けの言葉を変える」
です。

言葉には出しませんが、調子のいい営業マンに方に対しては

あなたのおかけで、来週本社で呼ばれて行われる支店長会議で
私も肩身の狭い思いをしなくて済みます。

というオーラが漂い続けています。

一方、調子が悪く、成績の残らない営業マンの方には
かける言葉は、滅多くそですが、
それでは何も解決しないことも支店長は知っています。

営業会議の後、別室に個人的に呼ばれて
静かな口調で淡々と原因を探り、
解決策を見つけていく
というのが当時の支店長のやり方でした。

戦いの世界では

勝者が敗者にかける言葉などない。

という言葉を聞いたことがありますが、
まさにそんな感覚です。

会社の経営者と同じように営業マンも孤独だ。

という現実に対して、賛否両論はあると感じますが、
私の今まで生きてきた営業勘です。

最近、「グループ営業」など
という言葉を聞く機会がありますが、
私にとっては「?」マークがつきます。

今日のお題とはかけ離れてしまいましたが、

私自身は「営業マンは孤独だ。」で今後も生きていき、
孤独でもその中で楽しみ見つけて、結果を出していく。

結果にこだわらなければ結果は出ない。

という方向性で生きていくと私は決めています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月5日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2301676826601659

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2026回 途中は悪戦苦闘の連続ですが、やはり、結果に結びつくと、私の脳は最も活性化し...!!(2021.04.04.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月4日のテーマは

~興味が無い分野の本をネットで買って読んでみる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004040000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2026日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の今のアナログツールは
メモをすることを除いては
手書きのハガキだけといってもいいくらいです。

何のためにやっているのかというと
自分の脳の活性化のためです。

といっても私のレベルは
過去に学んで身に着けた漢字を
実際に今も思い出してかけるのか、
自分を試すためにやっています。

相手の方に贈るハガキの下書きは
手書きでノートに書いてみた後に
ワードに移しそれから、
ハガキに清書します。

お恥ずかしいお話ですが、
下書きの段階でなかなかか漢字が出てこず、
「これじゃ、小学校一年生の文章だな」
と最近、よく感じています。

毎日、ブログを書いていると

自分らしい言葉で書く文章力は身に付き、
ものすごい文章ではありません。

自画自賛に聞こえるかもしれませんが、

「自分の色が出ている文章だ。」

と私は勝手にそう感じて楽しんでいます。

でも、簡単な漢字が書けないのは、
自分でもかなりショックです。

一方、ワードで漢字を変換すると
漢字を読む力は増します。

かなり難しい漢字を読むことはできますが、
小学生でも書ける簡単な漢字が書けないのが
今の私の現状です。

私にとっては、正直、まじめな話で
笑い話として笑い飛ばすことができません。

ハガキを書くことによって、
自分の漢字力の減退を抑えています。

今日のお題は
「興味が無い分野の本をネットで買って読んでみる」
です。

私が今、取り組んでいる本で「ウェブ解析士」の本があります。

目的は少しでも多く、自分でホームページを
自分自身で自由自在に進化させられることです。

今の私のお役立ち情報は、明らかに紙ベースではなくて、
ホームページ上にアップするという流れに徐々に変わってきています。

その時、自分で自在にコントロールできない
と歯がゆい思いになります。

「ウェブ解析士」の本は
はっきり言って私の性格ではかなり遅い速度でしか前に進みません。

本当にちんぷんかんぷんな言葉ばかりで
本を読んでも理解できなくて
一つでも実戦に活かすことができればいい方です。

でも、私の脳を刺激し、間違いなく、活性化できます。

スピードは遅くてもいいから、
覚えたことを実践で試し、
少しでも実績が上がる結果に結びつくと、
私は嬉しくてたまりません。

途中は悪戦苦闘の連続ですが、やはり、
このブログでも何回も書き続けていますが、

結果に結びつくと、私の脳は最も活性化し、
また、次の困難に立ち向かう闘志が自然に湧いてきます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月4日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2299622706807071

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2025回 スマホの使い方次第が「一瞬で信用を失うとき」の要素としてこの行動は含まれていると...!!(2021.04.03.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月3日のテーマは

~スマホで人との関係を悪化させないよう注意する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004030000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2025日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の携帯電話からの習慣で
スマホになっても続けていることがあります。

それは、お客様はもちろんのことですが、
たとえ、業者さんであっても、
アポを取って打合せしている時間は、
「マナーモードにして応対しない」
と決めています。

この私の習慣をお客様や業者さん
の目の前で私が実践することにより、
お客様や業者さんも同じ行動をとってくれるようになります。

具体的には、はじめは、電話に出るものの
「後でこちらからかけなおします。」
という姿勢を見せてくださいます。

そのうち私と同じように、
マナーモードに自分自身の意志でしているようで、
スマホが反応する状況が私の目の前からなくなります。

さらに進化して、

ほかのお客様との打ち合わせの時間も
こんな打ち合わせの状態であるときは
電話にすぐ出られませんが、
よろしいですか?

とお聞きすると、快く承諾して下くださいます。

さらに、どうしても出張が入っているときは、
ご返答の対応が出張から戻ってきてから対応になりますが、
よろしいですか?

とお伝えすると、

出張の期間はよっぽどの急用でない限り、
私が秋田に戻ってきてから私に連絡が入ります。

今日のお題は
「スマホで人との関係を悪化させないよう注意する」
です。

私は大切な時間からアポの時間をお互い作り出し、
何のためにあっているのか?

ということが私の第一優先です。

だからほかのことには目もくれず、
目的を達成することだけに私は集中するのです。

これは、社会に出てから私が最も大事にしてきたことです。

相手の方によっては、私に気を使ってくださり

電話に出た方がいいのでは?

とおっしゃってくださる方もいらっしゃいますが、
こんな時こそ、私が試されているときだ。

と思い、「今はあなた○○様が最優先です。」

と相手の方の目を見つめて伝えます。

スマホの使用は自分一人だけのフリーの時間と私は決めています。

そして、私の感覚では、スマホの使い方次第が
「一瞬で信用を失うとき」
の要素としてこの行動は含まれている。

が私の第6感として働く時で
誰かが目の前にいるときは
自ら進んで絶対にしない行為の一つです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月3日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2297528430349832

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2024回 「父を亡くしてからは絶対にウソはなく」と「最初から全力を出し続ける」という言葉から...!!(2021.04.02.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月2日のテーマは

~意識して"話しかけやすい雰囲気"を作り出す~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004020000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2024日目、私がfacebookに書いた言葉
から

なぜか、私の場合、
見ず知らず方によく道を尋ねられます。

秋田県なら、まだしも、わかりますが、
日本全国どこに行ってもこの傾向は変わりません。

あっているのかどうかはわかりませんが、

私の自己分析では、服装を中心として
周りに同化しているからではないかな。

と思っています。

私の服装は、いわゆる営業マンのように
スーツに身をくるんでいません。

特別な会合を除いては
どこに行くにしても普段着のまま行きます。

それにいつも高笑いで笑ったり、
大きな声で話しているのも普段のままです。

特に高齢の方や外国人の方に道を聞かれる
というイメージが私の中には残っていますが、

ある時知り合いの工務店に学びに行ったときに
その会社のトップセールスマンに言われた言葉があります。

「田澤さんは、ウソがないからな」

という言葉です。

そう私は、何も進歩を生まないウソが大嫌いです。

この私の普段の想いが行動に出ているからだ。

と感じ取っています。

今日のお題は
「意識して『話しかけやすい雰囲気』を作り出す」
です。

1年前の3月29日日曜日に志村けんさんが、
新型コロナウィルスが原因でお亡くなりなってしまいました。

私はテレビのコント番組で見る志村けんさんよりも
コメンテーターとして素の自分を語っている
志村さんのほうが好きでした。

志村さんの名言の中に

自分を大きく見せようとする段階で人はうそをつくし、
それはすぐに見破られるものですよ。

という言葉があります。

私の性格にとてもあっている言葉です。

もちろん、今まで絶対にウソをつかない人生を
自分が歩んできた。

というつもりもありません。

ウソをついたこともあります。

しかし、確実にいえることは、
父を亡くしてからは絶対にウソはなく
自分と向かい合って、
正直に生きてきたということです。

というか、これしか、父の残した債務返済地獄から
這い上がってくる方法を私は知りませんでした。

等身大の自分で生きていると
私の場合は、とても楽で、なおかつ、
世の中の方に喜んでもらえるようなアイデアが
自然と浮かび、実行できるようになってきました。

それにもう一つ志村さんの

最初から全力でいかない奴は、その時点で先がない!

という名言があります。

これも私の性格に合っています。

「全力を出し続ける」という姿が
素のままの自分で出ていると

見ず知らずの方に道を聞かれる雰囲気を自然と醸し出しているかな。

と私は思っています。

声をかけられるということは、
それだけで「人徳だ」と私は思っています。

私は、「とく」いう漢字でも「得」ではなくて、
「徳」という漢字の方を意識して
自分の行動に取り入れています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月2日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2295583143877694

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2023回 諦めずにやっているとなんか光が見えてきて突破口となり、自分なりの楽しみも見えてきて...!!(2021.04.01.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年4月1日のテーマは

~脳にストレッチをかけるなら難解な本を遅読する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202004010000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2023日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、速読をしないというか
正確には、速読ができないほど不器用な人間である。

ということを自覚しています。

全て遅読で、さらにどうしても前に進めないページに引っかかると
納得できるまで、いつまでも、そのページにとどまり続け
自分の中に「こうだな」と落とし込むまで考え込むか、
頭が疲れて痛くなり、どうしても仮眠が必要だな
と昼寝を入れることもあります。

たまに速読を意識しているわけではありませんが、
すっと自分の中に結果的に速読になっていたなんてことも
ごくまれにありますが...

難解な本というと私の場合は、
法令集とか、取り扱いが書かれてあるマニュアルがイメージとして
頭の中にうかんできます。

建築基準法の関係なら、

建築基準法の法令集のこの辺りに条文が書かれてあり、
その状態もイメージすることができますが、

他の法令は触れる機会もほとんどなく、
読んでもちんぷんかんぷんです。

でも、マニュアルはどうしてもその機械の操作で必要なことがあれば、
絶対に理解して学ばなければ、
永遠にその機能は自分ではマスターできず使えません。

それでも若い時には、自分の訓練だと思って、
やっているうちに自分の世界が出来上がりましたが、
今はそれが続かない障害があります。

それは老眼がひどくなってきているということです。

小さい字でマニュアルは書かれてあるため、
それだけで苦痛になってしまいます。

でも、やらなければ、自分の一部とはならないことも知っているので
是が非でもやりますが、
疲労度が半端ではないのです。

今日のお題は
「脳にストレッチをかけるなら難解な本を遅読する」
です。

脳にストレッチをかけることに対して

実は私自身も自分の意志で
望んでいるところがあります。

生きているその難解な本に出合う機会は必ず訪れます。

その時に逃げずに私は全力で立ち向かうことにしています。

でも諦めずにやっていると
なんか光が見えてきて突破口となり、
自分なりの楽しみも見えてきます。
やはり、楽なことを考えるとろくなことがない。

は不器用な私にとって
とってもあっている言葉です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年4月1日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2293385164097492

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2022回 目の前にやってくるお客様の個性は人それぞれというのが私の実践感覚で...!!(2021.03.31.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月31日のテーマは

~ロープレの審査員は何を基準にジャッジしているのか?~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003310000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2022日目、私がfacebookに書いた言葉
から

大変申し訳ございませんが、
ロープレすること自体を私は反対派です。

私の経験からいうと、ロープレをする時間よりも、
自分の接客においての失敗経験をもとに
自分でおさらいしてみたが、
どうしても原因がつかめない。

というとき、実際に自分でやってみたことを
直属の上司に時間を作ってもらってみてもらい、
ダメ出しをしてもらっていました。

私の意見で申し訳ございませんが、
こうやって、実践感覚を研ぎ澄ましていく
という感覚です。

その時、直属の上司に見てもらっていて気づいたことは、

上司がおかしい。

と感じたところは、その時すぐに止め、

今のところをもう一度やってみて!!

という風に言われて、やってみた後、

今のところ自分がお客様だったら、どう感じる?

自問自答させられたことです。

ロープレではありませんが、
自分の意志で発信してみてもらった方が
私はロープレをやるよりも数段進化する。

が私の経験です。

こんなことをお書きすると叱られてしまうのかもしれませんが、

ロープレという言葉を聞くだけで私は

「やらされられている感」が強くなります。

それよりだったら、自分の意志で上の方に見てもらう。

もちろん自分以外の方はそれぞれ
自分で決めた仕事のノルマがあり、
こちらの都合では付き合ってくれません。

それを見つけるのも自分の進化につながる。

と私は感じ、失敗も繰り返してきましたが
諦めずよくやっていました。

今日のお題は
「ロープレの審査員は何を基準にジャッジしているのか?」
です。

ある程度、戦力として会社に認められていても
スランプはやってきます。

今まで自分でやってきたことをもう一度細部にわたって
やってみて確認しても答えが見つかりません。

こんな時、私は、プレーイングマネージャーの上司に
頃合いを見計らって自分のやっていることを見てもらい、
ダメ出しをしてもらっていました。

私は「やらされられている感」が強い、ロープレよりも
自分の意志で自分の信頼できる上司にポイントで見てもらい
解決した方が進化できる。

というのが私の経験です。

それにロープレの評価がそのまま実戦での安定した
契約数アップの結果につながる。

ということはない。

というのも私の経験です。

あくまでも、ロープレは客観的な判断です。

目の前にやってくるお客様の個性は人それぞれ
というのが私の実践感覚です。

ここまで言うと嫌われてしまうかもしれませんが、

結果に結びつかないロープレをしている時間は無駄で、

それよりだったら、お客様への想い、短く書いた手書きはがきを
一通仕上げて送っておくほうが効果は上がる

というのが私の経験で今も変わらず
そういう風に私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月31日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2291275874308421

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2021回 嫌われてもいいので、今、実行すべきことを私は感じ自分の行動に取り入れて...!!(2021.03.30.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月30日のテーマは

~「これ知っている」が学びの一番の障害になる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003300000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2021日目、私がfacebookに書いた言葉
から

セミナー、勉強会等に参加し、

「これ知っている」

はこの歳になると至るところに出現します。

しかし、私の場合、

「これ知っている」の後に続くことがあります。

この講師の方の脳に一度インプットされたあとに
アウトプットして出てくるときにどう進化しているのか?

ということに興味津々です。

ごく稀に、たぶん、私も同じセミナーに出て
前に学んだ「これ知っている」が
まったくそのまま真似だけで出てくる方もいらっしゃって

失礼かもしれませんが、
講師なのにそれじゃ私と同じレベルで
セミナー講師としてはどうかな?

と疑問符がついてしまう方もいらっしゃいます。

こんな講師の方に対しては
やはり興味をそそるオーラもなくて
魅力も感じ取れません。

しかし、同じことを学んでも、
一度人間の頭の中を通ることにとって、
その方の主観が必ず入っています。

ちょっとでも入っていると

そうか、この方の脳を通るとこういう発想が生まれるんだ。

となり、私は魅力的でたまりません。

そうすると、自然に箇条書きで自分が「これだ」と感じた部分をメモします。

時には、箇条書きまでも行かず、単語やフレーズのみの時もあります。

今日のお題は
「これ知っている」が学びの一番の障害になる
です。

来年もどうなっているのかわかりませんが、
「パンデミック」となって
新型コロナウィルスが世界中で勢いが衰えなく増え続けるとなると
この話題を避けるわけにはいきません。

私は10年以上前に防犯知識を学ぶ過程で
「アウトブレイク」というダスティン・ホフマンが主演の
「パンデミック」に関する映画に出会っています。

少なからずとも、私自身で感じたその時の知識を
私はひとつひとつ今、実行に移しています。

この映画に出会ったときは
正直、脅しの要素もかなり見られましたが、
今そうなっている現実を実感すると
とても他人事とは思えません。

しかし、現実を怖がって逃げているばかりでは尻すぼみです。

私の経験上、必ず、勝負所は現れます。

その時に何もできなければ不戦敗で
自分の人生を終えることになります。

現実、そのまま生き残れるほどのお金の蓄えも私にはありません。

あるのは、たった一つ自分自身という身一つです。

そして、私の経験上、
こんな時期に大切なことは、
攻める要素ではなくて、
何事においても守り切れるのかどうか

という要素です。

1年ほど前までは毎月どこかへ出かけて学んでいましたが、
この1年間で県外に出かけたのはたったの5回です。

これには、対応しないとまた生き残れなくなる。

と私は危機感を感じています。

要はそこまで行くための交通の移動手段です。

今私が大事にしていることは、
誰にも迷惑をかけないように
直接関係のない方との接触を減らすということです。

私の中の「これ知っている」を発揮すべき時だと私は思っています。

私の中では、かなり両極端な「時間」と「お金」の使い方になりました。

幸いにも、東北の各県は、
それほど新型コロナウィルスに感染している方が
急激に増えていません。

東北人らしい、

石橋を叩いて渡る

人の話を素直に受けいれ行動に反映させている。

が出ていると私は感じています。

どこかでは立ち向かわなければなりませんが、
今は、新型コロナウィルスから逃げの一手が基本の行動です。

必要最小限以外の行動は慎むべきと

2020年2月11日お亡くなりになられた野村克也さの名言

断る度胸を持つ人間が結局、勝つんだ

嫌われてもいいので、
今、実行すべきことだと私は感じ自分の行動に取り入れています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月30日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2289164451186230

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2020回 逆算して生きるということは、このことわざそのものなのかもしれない。と私は感じて今に生きて...!!(2021.03.29.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月29日のテーマは

~仕事は料理と同じようにゴールから逆算して考える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003290000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2020日目、私がfacebookに書いた言葉
から

専門的なこと、かつ、失礼にあたるかもしれないことを
書いて申し訳ございませんが、
最近、仕事をして気づいたことがあります。

もしかするとこの方は住宅ローン審査が通るには、厳しいかもしれない。

と思う方が住宅ローン審査をパスし、

楽々行けそうだな

という雰囲気をその方が醸し出していても
落ちてしまう方の傾向がデータとして蓄積されてきました。

結論から言うと家を建てられる方は
どれだけ、本当に自分の持家が欲しいのかどうか。
という意志の強さです。

当然のことながら、何よりも優先順位は第1位に来ます。
そして、こういうタイプのお客様の行動パターンは
私が提案したことに対して
期限を決めていつまでやる。

と覚悟を決め、絶対にその期日よりも前に連絡が来ます。
どういう連絡が入るのかというと、
言われたとおりここまでやりました。

確認してもらってもいいですか?

そして必ず、そのあと、

その次は何をいつまで準備すればいいですか?

という流れです。

プロであるこちら側があおられている。

と感じるくらい、
家を必ず建てるというゴールに向かって、
どんな困難なことでも、
必ず、答えを見つけて邁進してこられます。

プロの仕事はこの順番の通りやっていけば、
あなたのご予算で家は必ず建つ。

という道筋を示すところまではやれます。

しかし、家を建てたいけれど、
そんな困難があるのなら、後回しにし方がいい。
と思ってしまう方は

いくら世帯年収はあっても
持家に住んでも、ずっと永遠に幸せ状態が続く
という夢はかないません。

というかその前に住宅ローンに申し込んでも
落ちてしまうのです。

今日のお題は
「仕事は料理と同じようにゴールから逆算して考える」
です。

毎日の積み重ねが大事だ。

といつも私は思ってこのブログを書き上げています。

しかし、ゴールが決まっていないのであれば、
ただ「なあなあ」やっているだけで
いつまでたっても自分の実になりません。

そして、そのゴールも短期もあれば長期もあります。

私の場合の

短期のゴールは、生きていくうえで他人に迷惑をかけないようにする

蓄えにつながればいいということです。

長期のゴールは明確には見えていませんが、
私が死んだときに世の中にどう評価を受けているのか。

で私は死んじゃっているので知ることはできません。

もし、一言で表すと自分で「美しい」と感じる
自分の人生になっていればいい。
と私は思っています。

つまり私は自分の寿命を終えたときから逆算して今に生きています。

難しい表現に聞こえるかもしれませんが、
私の人生は
足し算をして生きているようで、
実はすべての人生からその都度必要な分を引き算で差し引いて
その結果、残った蓄えで自分の人生を生きています。

それに私自身も、高級車を乗り回したりするような派手な人生は
心が落ち着かず、望むところではありません。

昔何かのマンガ本を読んでいて、出てきたことわざに

起きて半畳寝て一畳

ということわざがあります。

今の時代は180CMを超える身長の方もいらっしゃるので
畳ではなくて、私の業界語だと
メーターモジュールということになるかもしれません。

歳を重ねるごとにつくづくこの

起きて半畳寝て一畳

ということわざが身に染みるようになってきました。

逆算して生きるということは、このことわざそのものなのかもしれない。

と私は感じて今に生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月29日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2287494094686599

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2019回 私の結論は、どんどん切り込んでいって、「立ち向かう」やり方だということにたどり着き...!!(2021.03.28.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月28日のテーマは

~「逃げるな」ではなく「立ち向かえ」を伝える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003280000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2019日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「〇〇するな!」はよくキャッチコピーで用いる
逆説的な技術だと私は学びました。

わかりやすい表現でいうと
「気にするな!」
といわれるだけで
もう気になって気になってどうしようもなくなります。

人間は興味がなかったり、
意識の中にないことは言葉にでない。

というのが私の経験です。

特に逆説な言葉はその人間が興味を抱いている本質をついています。

ところがこれを見破られると
人は「だんまり」を決め込みます。

「図星をつく。」

という言葉がありますが、これなんかはもう当たっている証拠です。

お客様は最初、うそをつく。

これは、詐欺師みたいに最後にやり込めようとしているのではなく、
まだあなたことは信頼していませんよ。

ということだと私は思っています。

今日のお題は
「逃げるな」ではなく「立ち向かえ」を伝える
です。

私は、いろいろな営業手法を実践してみましたが
私の短気な性格もあり、私に向いている営業手法は
「立ち向かえ」が自分にとってシックリ来ている。

と今は感じて実行しています。

「立ち向かえ」の具体的な方法は
本質を感じ取り、ぶち当たったら、

とことん、切り込んでいく。

という超接近戦に出ます。

しかし、拒まれたら、「THE END」で結構だ
という覚悟も同時に持っています。

特に最近のお客様は、
「結論が早い」という傾向を持っていると
私は感じています。

ということは、

昔のやり方のままでは通用しないお客様が増えている。

という意味です。

今の時代のスピードが重視された時代背景が
そのまま反映されている。

という感覚です。

そこで、まだリタイアを宣言していない私が見つけたやり方は

玉砕覚悟の上での超接近戦です。

これは、自分自身という一兵卒で
「立ち向かわなければならない」

が今の私流のやり方です。

私の中には、相手の方に対しても自分に対しても

「逃げ切りを絶対に許さない。」

逃げるんだったら、
向かい合っている間の今ここで
結論を出してもらいます。

という風に動きます。

こちらの方が今後の方針も明らかになり、
結果的にお互いに楽です。

こういうやり方をしていれば
契約率は「0」%になるのかというと、
私の経験ではむしろ集客数は減りますが、
契約率は上がる。

という結果に至っています。

どうも、私の短気な性格は治りません。

ならば、その性格に合った営業方法を身に着ける必要がある。

その結果、私の結論は、どんどん切り込んでいって、
「立ち向かう」やり方だということにたどり着き、
今は、これで、「勝負」をかけています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月28日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2285243471578328

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2018回 自分の存在が周りに元気を与えられ、更にそのことを自分で喜べる人生になったらいいな。と思って...!!(2021.03.27.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月27日のテーマは

~職場に向かう際、どんな気分かで1日が決まる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003270000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2018日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の発想では、「あぁ、今日も始まったかぁ・・・」
ではなくて、「あぁ、今日も終わってしまうなぁ・・・」
という感覚です。

今日一日の行動の中でも
特に、打ちのめされたヘビーな経験はなかなか離れなません。

でも、なかなか結論も出ないので
そのまま寝てしまうことになります。

もう一つ、

結論が出ていて、
もう一呼吸置いて、冷静になって行動していれば
ミスにつながらなかった。

ということもあります。

こちらの方は対策がすぐに見つかり、
次は、こういう準備を整えてから行動に移ろう。

と私の脳は働きだします。

そしてこの行動はかなり短期間で
自分の行動に現れ、
苦もなく、習慣化しています。

こんな流れが、
私の「あぁ、今日も終わってしまうなぁ・・・」の流れです。

一方、幼い時から、早く行動に移したいタイプの私は
朝目が覚めたら、一番頭の中に浮かぶ発想は

「とにかく、今日も一日頑張ろう」
という言葉です。

そのあと具体的に

「これは、まだ片付いていないから・・」

が一つの時もあれば複数ある時も存在します。

特に複数存在するときは、優先順位を決めて
気になっている度合いの大きいことから
片づけていきます。

でも、こんな行動になるのも朝起きて自分で思った

「とにかく、今日も一日頑張ろう」

という大きな大義があるからで、これがなければ
おそらく、「ダラダラ」とか「なあなあ」みたいな
時間を意識しない行動になる。

と私の場合は推測されます。

今日のお題は
「職場に向かう際、どんな気分かで1日が決まる」
です。

「職場に向かう」という発想を
私は、「今日一日を悔いなく生きるには...」
という発想で生きています。

でも、「今日一日を悔いなく生きるには...」で生きようとしていても
ミスはつきものです。

しかし、徐々にではありますが、素の自分のままで

「ミスを抑えられるように生きていける」

という感覚も増えていきます。

「人生は一度きりだから・・・」

というフレーズがあります。

「...」の部分を他人に迷惑をかけても自分の生きたいように生きる。

と訳する方も実際におられるな。

ということも感じます。

でも私の場合、

「...」の部分は

自分の存在が周りに元気を与えられ
更にそのことを自分で喜べる人生になったらいいな。

と思って生きています。

こんな発想から朝に目が覚めたら、

「今日一日を悔いなく生きるには...」となり、
「とにかく、今日も一日頑張ろう」と
明るい未来の展開に自分の生きる時間をかけることに
何の抵抗もなく馬鹿かもしれませんが私はなってしまうのです。

私の一日は
「とにかく、今日も一日頑張ろう」
から毎日スタートするのです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月27日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2283143981788277

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2017回 変な営業テクニックを覚えるよりもこれさえやっておけば、自然にいい流れに自分が乗っていくというのが...!!(2021.03.26.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月26日のテーマは

~本人も気づいていないトップ営業の3つのポイント~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003260000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2017日目、私がfacebookに書いた言葉
から


・大きくうなずく
・「ありがとうございます」を入れる
・名前を呼ぶ

この3つのポイントの中で
自分自身で「やっていないな」と感じることは、

一番初めの「・大きくうなずく」です。

でも、これに代わる行為として私がやっていることは、

目の前の相手の方の目を
穴が開くぐらい
見つめ続けるという行為です。

そうしている途中で、
私にとってわかりにくい
表現が出てくると
私はすかさず、

お話を止めて申し訳ございませんが、
今おっしゃられた言葉の意味は
○○という風にとらえてよろしいでしょうか?

とか、

すみません。私の能力では理解できず、
もっと詳しく教えていただいてもよろしいでしょうか?

と聞き返します。

こういう風に私が反応を示すと、相手の方は
「私の話を聞いてくれている」
と受け止めてくれます。

どうも私はセミナー形式が苦手なせいなのか
相槌を受けることにたいして反応できません。

個人面談なら、いつも私は、

途中で話を止めてもいいので、
疑問を私にぶつけてください。

と自分から伝えていることもあり、
逆の立場になっても
会話が成立し、いい展開のほうに転がる

が私の感覚です。

・「ありがとうございます」を入れる

は、この「ありがとうございます」に限らず、

おはようございます。
こんにちは、
こんばんは
ご無沙汰しております。
申し訳ございません。

etc...

いわゆる挨拶言葉はよく使い、
私の習慣化しています。

挨拶も私は会話の大事な要素だと思っていて
すぐに出るようになりました。

名前を憶えて呼ぶという行為は
これだけで信頼につながります。

反面、間違えてしまったら、一貫の終わりです。

名前を私は絶対に間違えないで一発で覚えるという習慣が
営業マンとして生きていくうえでの絶対条件だと思っています。

もう一つ大事な要素として、
大体、旦那様は名字でお呼びしますが、
奥様は、下の名前でお呼びすることにしています。

これで得られる効果はどちらの方に話しているのかが
一発で分かります。

名字だけだとどちらに伝えているのかわからず
あいまいに伝わってしまうこともあり
誤解を生むことがあります。

誤解を防ぐうえでも私の場合は
奥様のほうは名前で呼ばせてもらいます。

ここで私が重要視していることは
必ず旦那様がいるところで奥様に、

申し訳ございませんが、これからの流れで誤解を生んだりしないため、
奥様のほうは、下の名前で呼ばせていただいてもよろしいでしようか?

とお聞きし、許可を得てから、下の名前で呼ばせていただいています。

特に今の時代はサプライズを起こすよりも、
一つ一つ許可を得てから、前に進んだ方が
スピードが遅くても確実性があると
私は感じていて自分の行動に取り入れています。

今日のお題は
「本人も気づいていないトップ営業の3つのポイント」
です。

私の場合はこの3つのポイントがぐるぐる回っている
という感覚です。

でも、そうやって、徐々に信頼を得ていくのが私流のやり方です。

でもこれらの3つのポイントは今に始まったことではなくて、
幼稚園で自分以外の方と一緒に団体行動するようになってから
当たり前のこととしてやるべきことです。

変な営業テクニックを覚えるよりも
これさえやっておけば、
自然にいい流れに自分が乗っていく
というのが私の経験です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月26日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2281108818658460

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2016回 あくまで自分が行きつきたい結果を私は優先して、自分の行動に取り入れて...!!(2021.03.25.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月25日のテーマは

~ルーティーンを1日ごとに変えて続く人もいる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003250000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2016日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私はこのブログを書くとは決めているものの
書き始める時間は決めていません。

しかし、スタートから書き上げる時間は1時間、
文字数は原稿用紙1枚分の
400字以上書くということは決めています。

書く目的の一番は
自分のために記録を残しておくことです。

一方私が生きていくうえで最重要視している課題は
営業と集客です。

色々考え方はあるかもしれませんが、
私の考え方は

できる営業マンが集客するから商品は売れる。

というのが私の考え方です。

私の長く付き合っているコンサル会社の考え方は

商品があって、集客ができ、営業をかけることができる。

という考え方です。

コンサル会社なので、
販売戦略でこうしているのかもしれませんが、
ここが私とは、考え方の順序がまるっきり、逆です。

話が脱線しましたが、

時と場合によって、このブログを書くことよりも
別の動きによって優先される
営業と集客のほうが大事な時があります。

例えばお客様と現場で会う時間が優先されるときなどです。

今ははまだ早いですが、

もう2か月もすると4時ぐらいから外は明るくなり、
早起きの習慣がある方は現場で
5時にあって打ち合わせをするなんてことも
私の住んでいる田舎ではよくあることです。

こんな時、ブログを書く時間は後回しになります。

これは、きれいな例ですが、
事務仕事が重なるときもあり、
自分の能力が追い付かずに

ブログが後回しということもあります。

この場合は、私の能力の限界を明らかに超えているのに
仕上げて結果を残さなければならない時です。

今日のお題は
「ルーティーンを1日ごとに変えて続く人もいる」
です。

私の場合は、時間ではなくて、成果で決めるルーティーンの形です。

その結果、冒頭にお書きしたように

このブログを書くとは決めているものの
書き始める時間は決めていません。

しかし、スタートから書き上げる時間は1時間、
文字数は原稿用紙1枚分の
400字以上書くということは決めています。

という形のルーティーンになります。

一つだけ言えることは、
ルーティーンを続けるのもやらないのも
本人次第ということです。

最終的に自分で決めた目的に到達しなければ、
意味がないと私は思って生きています。

成果に対して
ルーティーが邪魔になるのであれば、
必ずしも始める時間にこだわらず
一日の中で時間を1時間作って
どこかにハメることができればいいと私は思っています。

逆にルーティーンがあるから、本業がおろそかになった。

というのであれば本末転倒です。

あくまで自分が行きつきたい結果を私は優先して
自分の行動に取り入れています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月25日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2278993448869997
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2279006248868717

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2015回 今、自分にとって一番効率的だと思うのはこのやり方で...!!(2021.03.24.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月24日のテーマは

~1枚紙を用意して手書きで"アイデア出し"をしてみる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003240000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2015日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私がダイレクトにすぐ手書きするものは
アイデアが頭の中に浮かんだ時です。

私が自分の経験のみで書いている記事は
ホームページの情報記事です。

問題なのは「タイトル」です。

私の場合、「タイトル」は前もって決めておかないと、
「タイトル」を考えるだけで
下手をすると記事を書くよりも
時間を要してしまいます。

私は、いつも持っている大学ノートに
老眼も手伝って大きな字で
頭の中に浮かんだアイデアから

仮のキャッチコピーだけを
ひねり出して記録で残しています。

無理やりやると「タイトル」を考える時間は
1時間以上かかるときもありますが、

勝手にアイデアが浮かんだときは
10分もかからないです。

こうやってアイデアだけを
思いついたらすぐに貯蓄しています。

今日のお題は
「1枚紙を用意して手書きで『アイデア出し』をしてみる」
です。

今日のお題とは順番が違い

「アイデアが出たら、手書きする。」

で私は自分の行動に取り入れています。

漢字が書けないのは、しょうがない。
ワードで書くときに変換すればいい。

その場はいったん処理します。

ちょっと脱線しますが、

外国語は話せなくてもいいから、
何語で何を言っているのか
おおよそ理解できればいい。

という私の発想に似ています。

話を戻しますが、
アイデアが浮かんだ時、
手書きは私の必須の条件です。

また逆も存在します。

はがきを出すときは手書きです。

はがきは短い文章ですが、
その文章は必ず、
ワードで下書きしてから手書きします。

色々考え方やその順番は存在するかもしれません。

また、時代が流れていくとまた変わるかもしれませんが、

私が今、自分にとって一番効率的だ
と思うのはこのやり方です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月24日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2276888775747131

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2014回 ちょっとでもいいからプラスに働く方向に進化できる会であれば...!!(2021.03.23.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月23日のテーマは

~雰囲気が嫌だったら自分好みに変えてしまう~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003230000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2014日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私が嫌いな会は飲み会だけで
しかも、酔った方がいつも同じ話で
自分の武勇伝ばかりの話になるパターンの会です。

しかし、最初から、数回参加してやめることはありません。

私はどんな会でも、自分にプラスに働くような
いいところを見つけようとします。

実際これを続けていると嫌な会だと感じていたのが、
いいところらしき部分が見つかると
自分でいい会に変えるきっかけになります。

何をしていくのかという
と別に私がたてた企画が通らなくてもいいので、

さらにいいなと感じる提案を
その会の主催者に相談という形をとり、
続けていきます。

具体的な例では、
2020年の4月から改正された民法について
弁護士さんを講師として講義を開いてもらうことにしました。

もちろん、「ただ」というわけでなく、
お金がかかるのであれば、出し惜しみしません。

ということも伝えています。

でも、私は一人だけでやるよりも、
みんなでお金を出し合いやった方が経費は掛からなくて済むし、
そのうえで足りないところは個人的にお金を支払って
契約すればいいという考え方が

私の考え方です。

ただ酒飲みや主催者が決めたトップダウンの一方通行だけでは
いずれ飽きてしまい面白くないと感じ、やめて消えて行ってしまうな。
と私は感じるのです。

折角の会ならば、集まった方たちの今後に
プラス生きるような内容を
取り上げてもらった方がいい
と私は思っています。

今日のお題は
「雰囲気が嫌だったら自分好みに変えてしまう」
です。

「自分好み」といっても
他の方が嫌いになってしまう会では意味がなくなるし、
だからといって「なあなあ」ばかりで締まりのない会も私は嫌です。

ちょっとでもいいからプラスに働く方向に進化できる会であれば、
私は一人でも二人でもいいから
「雰囲気参加された方が進化できる会」
に変えようと自分で動き出します。

こういう流れが私の場合には自分好みの会で

更に取り上げていただいた提案を実践した結果も
継続的に報告しあう会が
私の自分好みの会に進化していきます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月23日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2274983939270948

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2013回 本音が飛び交いだす飲み会は私の格好の訓練場所で...!!(2021.03.22.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月22日のテーマは

~話題の流れに乗ったコミュニケーションをとる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003220000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2013日目、私がfacebookに書いた言葉
から

冒頭の

今は通信機能が発達している。
アプリを使って
"家にいながら飲み会"
ということをやっている人もいる。

というところを読んで思わず笑ってしまいました。

と同時に、
「自分の場合はどうなるのかな?」
とイメージすると

笑い話のネタとしてなら、
一度はやってみるかもしれませんが、
2度目以降は絶対に実行することはないだろう。

と私自身は感じました。

というのも、私はいつも
「移動代も飲み代もセーブできて結構いい」
と逆の動きをしているからです。

飲み代は確かに安い方がいいのですが、
相手の方の意志でが「この店に行きたい」と言ったら、
私はそれまで自分の計画していた店はすぐにやめる決断を下し、
少々、お高くても相手の方が行きたいお店に行きます。

また、移動が可能であれば、
交通費が10万円前後ぐらいまでなら
移動費をかけて会いに行き、
飲み会に合流します。

そう、私の永遠のテーマである
「人」を学ぶことに
私は投資を惜しみません。

「人」を学ぶときに
私が一番大切に思っている感覚は
「ライブ感覚」です。

私の場合、「その場に自分がいる。」
ということを重要視しています。

そして、この行動は、
お金に換えられない大切な時間です。

今日のお題は
「話題の流れに乗ったコミュニケーションをとる」
です。

この飲み会に参加することが
自分を鍛え上げてくれる場に変わります。

お酒が進むと本音が出始めます。

複数いれば、それぞれの個性が出て
愚痴もふくめて自分の思っていることを
明確に話し始める時間が必ずやってきます。

当然この時、自分もお酒が入っていて
私の本性もどんどん出てきていますが、

酔っぱらっている私に

「ここからが自分が鍛えられる時だ。」

というスイッチが入り、自分の意見は
求められた時だけ、求められていることをこたえ、

後は黙って流れに乗り、話を聞くことにしています。

何の目的でこう行動するのかというと、

そういう苦痛を感じる
ちょっとつらい状態に自分を追い込んで
お客様とのコミュニケーション能力として活かす目的です。

意外とガンガン相手の懐に飛び込んでいく、攻め上手で
自分のペースでしか物事を進めないように私は見られていますが、

攻めと守りのバランスを重視する私は、
相手の方の話をよく聞くという訓練も欠かしていません。

その訓練場所で何が起こり
どういう展開に進むのかわからない敵面の場所が
私にとっては各々の個性が出現しだす飲み会なのです。

建前はそこいら中にあふれていますが、
本音は自分で意識して探さないと
なかなか出会うことができません。

本音が飛び交いだす飲み会は
私の格好の訓練場所です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月22日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2272792099490132

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2012回 自分の身だしなみ以上に今の自分の健康状態をリアルタイムで確認するため、鏡に映る場所はどこでも...!!(2021.03.21.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月21日のテーマは

~優先すべきは営業ノウハウではなく体のメンテナンス~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003210000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2012日目、私がfacebookに書いた言葉
から

知ったかぶりをして申し訳ございませんが、

犬は自分と接する人間にがん細胞があるのか
嗅覚で分かる

というニュースを大分前にテレビで見たことがあります。

なぜ、こうなるのかという
本能的に自分の身を守るためだ。

ということらしいのです。

新型コロナウィルスが流行している中で
こんなことを書いてしまって

「なんだ?」そんなことを話題にしていいのか。
と怒られるかもしれませんが、

AIにはできない営業職だけの独自の特権は
人と接することから第一歩が始まる。

ということだと私は思っています。

こんな今の状況下で
たとえ、咳一つでも、人前でしてしまったら、
もしかすると相手の方は
この方は病原菌を持っているかもしれない

と疑い始めます。

二つ咳をしてしまったら、
自分に病原菌がうつり、最悪死に至るかもしれない。
と感じます。

特に今の時期は敏感な反応がでてしまい、
そのことが原因で電車の中でもめ事になってしまうなんて
ニュースも目に入ってきます。

3回目以降は、
今日の話の内容なんてもうどこかへ飛んでしまい、
早く見えないところに離れていってくれないかな。

と望む力が強くなっていくのが当たり前だと私は感じます。

今日のお題は
「優先すべきは営業ノウハウではなく体のメンテナンス」
です。

営業マンは身だしなみが大切だ。

とよく言われます。

もちろん大事なことです。

このことから、私は毎日、
自分の映った姿を鏡で見る癖がつきました。

ところが、この行動は途中から、身だしなみよりも

「今日の自分の健康状態はどうかな?」

というほうにフォーカスするようになったのです。

そうすると自分の目では見えない鏡に映る
自分の顔を中心に

「健康状態がいい」と感じていた時の自分と
勝手に比較するようになりました。

「白髪が増えてきたな」とかなら
自然の成り行きで
笑い話にすることができますが、

明らかに血色がどんどん悪くなっていく
自分の顔に気づきました。

最初は「あれっ、おかしいな」ぐらいでしたが、
その後ちょっと動いても
ものすごく息切れを激しくなるような状態が続き、
それが今の心臓の持病だったのです。

何とか運よく復活して今の自分がありますが、
この経験から私が感じたことは

「勘の鋭いお客様は営業マンの健康状態を一発で見抜く」

という資質をお持ちになられている。

ということです。

こんな経験から、自分の身だしなみ以上に
今の自分の健康状態をリアルタイムで確認するため、
鏡に映る場所はどこでも
鏡に映る自分の姿をよく観察するようになりました。

そして、これは同時にお客様を観察できる
自分自身の能力アップにもつながってきた。

と私は実感しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月21日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2270640833038592

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2011回 義務なので最初は抵抗感があるかもしれませんが、でも早く慣れたほうが自分にとってはいい結果をもたらしてくれ...!!(2021.03.20.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月20日のテーマは

~ゴール地点は片足を置くスペースしかない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003200000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2011日目、私がfacebookに書いた言葉
から

今の私のゴール地点はこの住宅営業
という仕事を引退するときだ。
と思っています。

数字だけを見れば、私の性格にも似ていて、
ジグザクです。

1年で見てみると月ごとの成績は
どうひっくり返しても決して安定しているとは見えません。

しかし、1年を通してみると
会社を作って今年15年になりますが、

落ち込んだ年はリーマンショックが起きた2009年だけで
その年以外は自分で決めたノルマを超えています。

でも、この時、私はその後に影響することに気づいたのです。

それは、「集客が大事だ」ということです。

具体的にはすぐに契約に至らなくても
「私へのファン化が進んでいるな」という
手ごたえを感じられる集客です。

集客してもほかの住宅会社に持っていかれ、
契約に至らなければ、
それは結果として集客ではなくて
ただ人を集めただけです。

私は集客こそ、地道な毎日の努力の積み重ねだ
と思って実行しています。

たとえ、数字には表れなくても
色々試行錯誤しながら頭を使って
集客を続けているとその行動に対しての反応が
火山の噴火のように
ある時いきなり爆発しだす時がやってきます。

こんな反応が現れた時には、
契約数「0」にはならないが私の経験です。

今日のお題は
「ゴール地点は片足を置くスペースしかない」
です。

ちょっと反論気味ですが、

私は自分が住宅営業をやめる日をゴールとして設定しています。

それはもしかすると、明日来るかもしれません。

でも私は実際にはありえなく、
本当にバカな発言になってしまいますが
永遠に住宅営業を続けていくつもりで生きています。

結果が付いてこない方がおかしい

というおごりに近い気持ちも自分自身で持っています。

こんなことから、契約したとてもそれは通過点だと思っています。
マラソンでいうと給水地点で
水をとるためにちょっとだけ走りから気を抜きますが、
給水出来たらすぐにまた元に戻る。

という感覚に似ています。

これを自然にできる状態に今はあります。

仕事というよりも義務だと思っています。

義務は守らなければならないルールで
破ったら罰せられます。

怖がってやってのけるのか、
それとも自然にやってのけるのか
は自分で決めることができます。

どうせやらなければならないことならば、
自然にできたほうがいいに決まっていると
私の脳は反応します。

義務なので最初は抵抗感があるかもしれません。

でも早く慣れたほうが自分にとっては
いい結果をもたらしてくれます。

だから通過点だと私は思っています。

こちらの考え方のほうが私にとっては気が楽で
結果も呼び込めるし、フロー状態です。

私はその流れに逆らわずに今は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月20日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2268573443245331

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2010回 あらゆる個性の違うお客様たちに対してこの「間」と「タイミング」をあわせることができるかな...!!(2021.03.19.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月19日のテーマは

~最高の教えは"楽しく前向きな姿を見せる"こと~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003190000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2010日目、私がfacebookに書いた言葉
から

1年前Facebookを見ていたら、

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=3033369246715402&set=gm.1079185795779790&type=3&theater&ifg=1

という記事に出会いました。

まさしく指導もイチロー流という風に私は受け止めました。

私がハウスメーカー時代の先輩営業マンの方で
トップセールスマンではありませんでしたが
成績は安定していて
仕事に対して、ものすごく楽しそうに
取り組んでおられる先輩がいらっしゃいました。

タイミングを見計らって私の疑問を
聞こうとしているのですが、

そのタイミングすら。なかなか回ってこず、
私の間の見切りで質問すると

「ちょっと待ってね」と優しい口調で返してくださる
パターンでしか、接する機会がありませんでした。

本当に一分ぐらい待つと
「ところでさっきのことなんだっけ?」
という感じで
嫌そうな雰囲気は微塵も感じず、
これまた、地で楽しそうに接してくれるのです。

この雰囲気だけでなんだか理由はわかりませんが、
こちらも楽しくなり、やる気がわいてくるものでした。

営業をしていればいろいろあり、
本当はため息をつくことがあると
私は自分の経験をもとに感じますが、

そのため息の姿や素振りさえも
人前では絶対に見せないタイプで
私は見たことがありません。

営業に対しての技術的なことは私の記憶に残っていませんが、

とにかく、仕事に対して前向きに楽しそうに取り組んでいる。

という記憶だけは今まで接してきた営業マンの方でも
別格の存在として私の記憶に残っています。

今日のお題は
「最高の教えは『楽しく前向きな姿を見せる』こと」
です。

私の時代は先輩の背中を見て仕事を覚えることが当たり前の時代でした。

それでどのくらいやる気があるのか?

を問われ、まずその姿を見せることが
「教えてもらえる」というスタート台につくことができるな。

と後々、気づきました。

それで私の座右の銘

「与えられた環境の中で、自分だけの楽しさを見つける」
とか
「何事もどうせやらなければならないことならば、前向きに前進あるのみ」

が生まれました。

ただし、絶対に教えられないこともあります。

それは、自分自身で
相手の方が持っている「間」と「タイミング」を合わせることです。

ロープレなら、できるかもしれませんが、
やはり、これだけは
自分の感覚で実戦から身に着けるしかない。
と私は感じています。

ということで私はあらゆる個性の違うお客様たちに対して
この「間」と「タイミング」をあわせることができるかな?

ということを目的に営業人生を今も楽しんでいます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月19日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=3033369246715402&set=gm.1079185795779790&type=3&theater
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2266702480099094

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2009回 余裕を持って行動していても状況の変化により、自分がアップアップ状態で切羽詰まっているときこそ...!!(2021.03.18.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月18日のテーマは

~依頼する時は「1時間後までに」と時間を伝える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003180000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2009日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合、誰かに依頼する時点で
期日や時間を決めるのは
相手の方に権利があると思っています。

私の場合はこんな感じです。

この仕事を依頼したいけれどいつまでできそうか
期日を教えてもらえますか?

そして、必ず付け加えるフレーズがあります。

急ぐ必要はありません。余裕をもって
あなたの感覚で「ここまでなら」という
確実なところを教えてください。

こう伝えると相手の方は
一度、安心しますが、
そのあと必ず自分の頭を使って

「でも、実際、いつまでできるのかな?」

と出来上がりをイメージしようとします。

私はこの相手の方に
ちょっとプレッシャーがかかりだすのがわかっていて
優しく聞いて、相手に答えを出させる。

でいい感触を得ています。

実際、ちょっとした負荷が相手の方にかかり、
更に具体的で詳細な工程管理を私よりも作り上げ、
相手の方自身も自分で決めたという意識が残り
この期限まで完成する行動をこうとらなければならない。

となり、結果的に好循環の法則が生まれます。

また、自分でできる仕事を頼むときもあります。

ただし、自分でやるよりも早く正確に仕上げられる

という前提で聞くことにしています。

自分のイメージしている時間よりも遅い。と感じられれば、

私は瞬時に「わかった自分でやるから気にしないで」
と伝え、自分で完成させることにしています。

ところがこんな
「わかった自分でやるから気にしないで」の状態が続くと、
私は気にしていなかったのですが、

「わかった自分でやるから気にしないで」
といわれた側は
心のどこかに残っている方もいらっしゃり、

どこかで、「私がやります。いつまで仕上げればいいでしょうか?」
となり、これがまた、人間関係がよくなりだす好循環が始ま.る。

というのも私の経験です。

今日のお題は
「依頼する時は『1時間後までに』と時間を伝える
です。

生意気な発言ですが、

自分以外の方に自分でできないこと頼んでおいて、

「まだできないのか?」

という人間の器ほど小さいものはない。

そんなことを言うのなら、

自分でやればいいんじゃないの?
そすすれば、周りも悪い雰囲気に包まれることはない。

と私は思っていますが、

あまり同じ状態が続いて
エスカレートしていくと
私よりも年上や立場が上の方だとしても

短気で正義感の強い私は

自分でやれよ。そうしたら文句はでないだろ!!
それに周りも振り回されないし!!

と、言ってしまったこともありました。

ただし、そこに
たとえは悪いですが、
「愛のムチ」という
師匠が弟子を育てるというような
愛情の雰囲気が感じ取られた時は

ずっと黙って聞いています。

なぜなら、私もまた、そういう風に育てられたからです。

雰囲気ですぐにどちらの気持ちが強いのか
すぐにわかってしまいます。

私が気を付けていることは、
余裕を持って行動していても状況の変化により、
自分がアップアップ状態で切羽詰まっているときこそ、

依頼するときはその方に敬意を払い、
仕上がる時間を聞くことにしています。

ダメそうなら、今回の状況は
自分のキャパシティーを超えていると

素直に認め、

もう二度と同じ状況を作らない行動を模索し、
自分自身で備えておくことにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月18日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2264673953635280

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2008回 自分で実際に行動し、確認し続けることが自分の進化につながると私は思って...!!(2021.03.17.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月17日のテーマは

~トップ営業マンが苦手な習い事に通っている理由~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003170000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2008日目、私がfacebookに書いた言葉
から

この日のブログを読んで
最初は習い事から学んだことを中心に書こうと思っていましたが

「あえて怒られる場に身を置きたいから」

という言葉がさらに私の印象に残り、
こちらを書くことにします。

私が50歳を超えても現役の住宅営業マンとして
活動している理由は、

まさにこの「あえて怒られる場に身を置きたいから」
という感覚です。

まあ、直接、向かって怒られることはなくなってきましたが、

その代わりに
「自分が無知である」ということによく気づかされ、
時には冷や汗をかくこともあります。

しかし、この気づきが自分を進化させてくれ、
似たような場面がやってくると
私はすぐに実践で試しています。

最近、私のお客様のタイプは
土地探しから家づくり計画に
着手する割合が増えてきました。

設計の契約を交わし、依頼を受けている私は
土地の売買交渉の場面に求められるよく同席します。

時には、買われる前の土地の境界確認の時にも
同席して依頼を受けた建築士としての意見を求められます。

その過程で、土地の登記簿に記されている面積と
地積測量図という図面の面積が異なる場合、
その土地の場所によって誤差の許容範囲があり、
誤差を認められる数字の範囲も異なる。

ということを
土地家屋調査士さんからお聞きして知りました。

大雑把に言うと、
最寄りの駅が近いような都市部では
許容範囲が狭くて厳しく、

私が住んでいる田舎の地域は
許容範囲が大きく緩やかになることです。

詳しい事実は土地家屋調査士の資格も持っていなく、
まだ勉強もしておらずよくわかりませんが、
どうもこのことが法令で定められているようなのです。

土地探しから家づくり計画が始まるお客様で、
買う気で土地の売買交渉が進行しているのですが、

隣接している方の中で境界杭の位置について
うまくいかない方がいらっしゃるようなのです。

でも、私のお客様は家を建てるために土地を
購入するので、土地の境界が決定し、
かつ、登記簿の面積の数字
とイコールにならなければ融資は実行されず
目的を達成することができなくなります。

この時です。

「法律で決まっている許容範囲があるでしょ」

と私から言うと売る側の代理人さんは
土地を買ってもらえない原因は売る側にある。

ということに気づき、真剣なまなざしに代わりました。

色々話は続きましたが、

こちらは土地の登記簿の面積と地籍測量図の面積の差が
法律で決まっている許容範囲の中てなければ買うことはできず、

目的を達成するためには
ほかの土地を紹介してもらうことになります。

ということだけ、お伝えしました。

今日のお題は
「トップ営業マンが苦手な習い事に通っている理由」
です。

自分で実際に行動し、確認し続けることが
自分の進化につながると私は思って実行しています。

そんな私の思いにてきめんなのが
現役の住宅営業マンにこだわることです。

まだまだ、私の知らない世界で
今後の活動に影響を与えることが世の中にはたくさん存在するな。

というのが今の私の本音です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月17日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2262459280523414
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2263724793730196

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2007回 客観的に自分の位置を確かめて、冷静に判断する力を難なく当たり前のことのように実行できるようになると...!!(2021.03.16.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月16日のテーマは

~ポジティブ思考もいいが冷静に判断する力も必要~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003160000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2007日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「勝負は下駄を履くまでわからない」

という言葉が存在します。

住宅営業マンを長年続ければ続けるほど
この言葉が身に沁みます。

日本人は、

お断りするにしても、
簡単に「「Yes」あるいは「No」で返答せず、
相手の方を傷つけないような

静かな優しい口調でお断りして
自分の意思を表現することが美学である。

と、教育を受ける段階で学んで身につき
実行することに何の罪悪感も抱きません。

この文化の傾向自体、
私は悪い文化だと思っておらず、
むしろ、いい文化だと思っています。

でも、特に新人営業マンになりたての頃は
地獄を見ることになってしまう

というのが私の経験です。

昨日もすこし触れましたが、

新人営業マンが
会社に求められる営業マンに進化するうえでの
ステップの踏み方の順番は

1. 自分と再び会ってくれそうな方をまず開拓する。
2. アポを取る。
3. アポを取り続け、契約を交わす。

簡単に書くと、こんな流れが私の経験です。

これで会社に当てにされるような
安定した成績を残せる営業マンに成長したら

一人前の営業マンとしてスタート位置に立つことができる。

というのが私の感覚です。

ところがこの流れを踏むうえで
今までの学校で習ってきたような流れ、
あるいは社会人になり、
新人営業マン研修で学ぶ理想像となる営業マンには
すんなりとはならない方が当たり前だ。

と私は思って生きてきました。

私の経験上、
世の中には、うまくいかないことのほうが多い

というのが真実であり、現実です。

でも、人間は少しでも習ったように動く
と本能的に喜んでしまうのです。

ステップの踏み方の順番の1と2で
必ず、その現象は起こり、
3に行くまでかなり大変です。

会社のマニュアルどおり
飛び込み営業を真面目に続けていると
1.で自分の話に結構いい感じで
付き合ってくれる方に必ず、ぶち当たります。

新人営業マンは特にはじめこの1の段階で
習った通り、3まで行ったという錯覚に
陥ってしまいしまいます。

でもなかなか2までは進めない。

という現実に
そのあと気づき落ち込むことになります。

2になってからのほうが
もっと厳しい現実にぶち当たります。

アポは、連続して続くようになるところまでは進むのですが、
肝心の3が実行できない。

ここが自分でこの住宅営業マンの世界で生き残っていく。

ということが問われ、覚悟を決断した方だけが3に進めます。

たまたま、運だけですぐに3に到達してしまう方もいらっしゃいますが、
いずれ後が続かなくなる。

というのが私の見てきた経験です。

今日のお題は
「ポジティブ思考もいいが冷静に判断する力も必要」
です。

初めに私も経験してきましたが、
ドツボにはまるタイプは
見た目も本当に真面目にやっているような営業マンの方で
その方の特徴は聞かれてもいないのに
自ら進んで途中経過の報告を
よくするタイプの方です。

それでポジティブ思考に自分の心を保とうとしているのですが、
肝心の結果が付いてきません。

私はこれをやめて
聞かれた時だけ報告するように変えてから
成績を安定してのこせるようになってきました。

「結果にこだわらなければ、結果はついてこない。」
とう発想は
途中報告をやめて、いい結果報告だけ
自分の意志ですると決めて始まりだしました。

この時必要なことが
どんな物事でも最後まで客観的にみる冷静な判断力で
「勝負は下駄を履くまでわからない」

という言葉をこれまた常に実行することです。

結果だけにこだわると結果が付いてきて、
その結果、自分も周りも勝手にポジティブ思考になっている。

営業マンの中でも特に住宅営業マンは孤独だな。

私の感覚です。

これを乗り越えるには
自分が望んで決めたいい結果を残し続けるしかない。
と私は思って実行しています。

その時に欠かせないことは

客観的に自分の位置を確かめて、冷静に判断する力

を難なく当たり前のことのように実行できるようになる。

が私の経験で、特に感覚派傾向にある私は
今も気をつけて継続していることです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月16日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2260447427391266

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2006回 お節介がお節介でなくなり、逆に必要とされる人間に勝手に昇格してしまうには...!!(2021.03.15.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月15日のテーマは

~提案を頂いてありがたく感じる人、そうでない人~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003150000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2006日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合、何かいいものを発見した時
「これを人に教えてあげよう」
と思ったり
「これは自分だけの秘密にしよう」
という発想は浮かんできません。

私が自然にそう育てられたからかもしれません。

でも、「これを人に教えてあげよう」
という場面が2つ存在します。

一つ目は、「聞かれたら答える」という
自分自身でも経験してきた
スタンスが自然にそうさせてくれます。

もう少し深く入りこんでいくと、
自分の意志で「聞く」
ということは、
「何かに気づき興味を持った証拠だ」
というのが私の経験です。

これがない方に
「何かを教えてあげよう」
とこちらが思っても、
それは、ただのお節介だけしか生まなく、

むしろ、嫌われるキッカケを生んでしまう。

というのも私の経験で、
「こんな場面は作りません。」
と今では自分では言い切れます。

もう一つは、当の本人は何かに気づいているのですが、
「聞く」という行為が実行できないタイプの方です。

私は、祖母に「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」
という風に学びましたが、
自分でも「聞く」という行為がなかなかできないタイプでした。

なぜかという、最近でこそ、
このブログでも「タイミングが重要だ」
といえるようになりましたが、

どのタイミングで聞いたらいいのか、
つかめなかったからです。

例えば、「このことが聞きたい」と思っている方が、
何かに夢中になって仕事をしていたり
9分9厘契約できると思っていた方に断られて
落ち込んでいるときにその空気を読めず、
自分のタイミングで聞いてしまったら、
最悪のタイミンクとなり
その聞きたい方の機嫌を損ねるだけになってしまう可能性が大です。

こんなことが積み重なって、
聞くタイミングをつかめないでいる方がいらっしゃいます。

実は不器用な私もこのタイプでした。

でもそういう悩んでいる雰囲気を私が見分けられるようになると
タイミングを見計らって
お節介してあげたくなってしまうのです。

でも私の経験上、結果としてお節介にならず、
むしろその行為が良い口コミとして広がっていくことの方が多い。

というのも私の経験です。

最近の例を挙げると、私の今の営業レターの基本形は
その方と自分だけしか知らないことを
「はがき」に手書きで縦書きに短く書いて定期的に送る。

というスタイルです。

このやり方を伝授した方がいて、
定期的に開催されている勉強会で、
私がトイレに立っている間にそのことが話題になっていて
ほかの仲間の会社の女性の営業一年生の方が、

アポがすぐ途切れてしまって困っていた状態が改善され、
お客様候補とのアポが続けられるようになった。

という話になっていました。

こういう結果になると「うまくいったな。」
と感じます。

そして、「自分もまだ現役の営業マンだ!」
という自覚を自然と呼び起こされ

「俺も負けていられないな。」
と自分の意思で自分を奮い立たせることができました。

今日のお題は
「提案を頂いてありがたく感じる人、そうでない人」
です。

お節介もタイミング次第でお節介ではなくなり、
逆に求められる人間となる。

そのタイミングは、
相手の方を怒らせないタイミングを
自分の優しい口調で探ってみると

効果が最大限に出る
この方は「困っているな」という雰囲気を
を自分の感覚でつかむことができます。

日常でもこのタイミングは現れますが、
営業マンとしてお客様に接しているときに
自分でこの感覚をつかめるようになったら占めたもの。
というのも私の経験です。

お節介がお節介でなくなり、
逆に必要とされる人間に勝手に昇格してしまいます。

提案を頂いてありがたく感じる人になるには、
間とタイミングの重要性を
自分自身の感覚でつかむことが大事だ
と思って私は実践に取り入れています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月15日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2258413057594703

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...
最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2005回 なぜこの人は自分の思い描いている結果を残し続けることができるのか!!...!!(2021.03.14.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月14日のテーマは

~尊敬している3人をリストアップしそれを人に話す~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003140000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2005日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「自分で望む結果にこだわらなければ、結果はついてこない」

という内容をここで、私はよくお書きしています。

2年前の今頃の話題で私が注目していた一人に

イチロー選手がいました。

その前の年にいつでも自分が試合に出られる状態をキープしながらも
いったんは、一線を退く決断を下しました。

でもその時に「引退」という言葉出てきません。

そして、次の年に日本で行われる
メジャーリーグのマリナーズの開幕試合の話題が
なぜか私の頭から離れませんでした。

私は、もしかすると、その開幕試合にイチロー選手は出場して

「現役を引退する宣言をするかもしれない。」

ということが自分の頭の中で勝手にひらめきました。

ズバリ的中したことを威張るつもりはありません。

これはある意味、
イチロー選手が一人だけで思い描いた
野球人の現役選手として自分の最期を飾るのにふさわしい
映画ようなのストーリーになっている。

と私は感じてしまうのです。

話はガラリと変わりますが、

もし、これが今だったら...

と思い浮かべるとおそらく、コロナウィルスの影響で
絶対に不可能なことが予想されます。

折角、描いていたストーリー展開が
絵に描いた餅で終わってしまう。

でも現実にイチロー選手は2年前に決断し
今の結果を残しています。

今日のお題は
「尊敬している3人をリストアップしそれを人に話す」
です。

これはただの偶然の出来事としてだけで
片付けられてしまうことなのでしょうか?

私はそうは思っていません。

確かに、天からもらった天運もありますが、

「自分で望む結果にこだわらなければ、結果はついてこない」

を追求して自分で築き上げてきた会得した
いわば、地から得た地運のほうの割合が強い

と私は思えて仕方ないのです。

結果は神のみぞ知る

という言葉があります。

しかし、その神とは自分の外にいるのではなくて、
自分の中にいて、しかも、自分で育てている。

と私は感じてしまうのです。

結果にはその方個人によって回りが評価を下す
大小があるかもしれません。

しかし、私は

自分で望む結果にこだわり、思い描いている結果を
現実に残し続ける方を尊敬してしまいます。

なぜなら、自分で思い描いている結果を現実に残し続けるには、
天運に頼ってばかりいては不可能なことで
自分で作る地運が必ず必要となってくる
ということを自分の経験もお手伝いして私は知っているからです。

なぜこの人は自分の思い描いている結果を
残し続けることができるのか!!

という事実だけにフォーカスして私は生きていて
そんな結果を維持している方にたいして
私は自然に尊敬の念を抱いてしまうのです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月14日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2255962224506453

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2004回 最後は断れる人間が勝ち、自分をポジティブシンキング状態に導いていける。というのも...!!(2021.03.13.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月13日のテーマは

~"成功するか"それとも"そのままか"の分かれ道~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003130000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2004日目、私がfacebookに書いた言葉
から

元来、私はもともと「腰が重いタイプ」です。

ただし、このことをすべて悪い
とは今も思っていなく、
この性格を変える必然性も感じていません。

この性格を変える必要はありませんが、
「活かすやり方がある。」
と私は思って行動にとり入れています。

一言でいうと、自分を「美しい」と感じる方向に
すぐ導ける直感力を身に着けることだと私は思っています。

直感力を身に着けるにはどうしたらいいのか?

その答えは何かを感じたら、
とにかくすぐ行動して確認してみる。

という風に堂々巡りのようですが、
私の答えはこうなるのです。

結局、行動して確認してみないと
自分らしい納得できる答えは見つからない。

というのが私の経験論です。

自分を「美しい」と感じる方向に
すぐ導ける直感力を身に着けて腰が重い状態。

相反することなのですが、このバランスがいいと、

私が「いいな」感じている方向に世の中は回りだす。
と感じています。

腰が重い人の特徴の一つに
すぐに「NO」と言い切れる特徴があります。

フットワークの軽い方は
「YES」と答えるのは得意な方ですが、
「NO」ということは意外と苦手です。
逆に腰が重くなる傾向に傾き、自分らしさが出ません。

昨日も触れましたが
「未知の世界に少しでも自分を進化させてくれる何かがあるかも...」
と感じるというところには出かけていく

が腰の重い私が私の進化した点で
今はフットワークが軽い点です。

腰の重い方の得意技は

「嫌われることを怖がらない。」で、かつ、
そのことさえも記憶の彼方にすぐ葬ることができる
という覚悟ができている点です。

わかりやすく言うと「人の目を気にしない」ということです。

例えば、こんな傾向の誘いは、過去に何度も経験して
確かにその時、快楽は得られたかもしれませんが、
自分に対して、その後の進化はなく、
また、少しでもいいからという望まれる展開も期待できない。

こんな誘いは、すぐに「NO」といえ、
きっぱり断ることができます。

ネガティブな発言に聞こえるかもしれませんが、

最後は断れる人間が勝ち、
自分をポジティブシンキング状態に導いていける。

というのも私の経験です。

今日のお題は
「『成功するか』それとも『そのままか』の分かれ道」
です。

反論して申し訳ございませんが、

「知った情報の価値」についてすぐには
「正直、よくわからない」が凡人の私の感覚です。

でも私の場合は、たまたまかもしれませんが、

縁あって、折角、出会った情報だ。
これを簡単に捨てる手はない。
自分で納得するまで行動に取り入れて試してみよう。

と私はいつも対応してしまうのです。

更に同じ情報でも、
以前よりも気づきが多く、奥も深い
と感じることも多々あります。

冒頭に、

元来、私はもともと「腰が重いタイプ」です。

とお書きしましたが、腰が重いからと言って
あらゆる点でいつまでも同じところにとどまって
停滞している状態を私は望んではいません。

腰が重くてスピードは緩やかであっても、
着実に自分自身の進化を遂げたい。

そのことを達成するために必要なことは
「自分の意思で行動することだ」
という答えに私はたどり着きました。

それでは、また明日。

https://www.ahouse.co.jp/

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月13日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2253953651373977

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2003回 「未知の世界に少しでも自分を進化させてくれる何かがあるかも...」という世界に積極的に出かけることにしていて...!!(2021.03.12.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月12日のテーマは

~コミュニケーション力を上げるために負荷をかける~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003120000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2003日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合の「コミュニケーション力を上げるために負荷をかける」
とは、とにかく
「未知の世界に少しでも自分を進化させてくれる何かがあるかも...」
と感じるというところには出かけていくことです。

ちょっと今は、コロナが流行っていて残念ながら自粛していますが...

このことを面倒くさがったら
自分に対して負荷はかけられないし、
そうなったら、現役の営業マンも続けていられないな。

が私の感覚の一つの要素だとも感じています。

しかし、「未知の世界に少しでも自分を進化させてくれる何かがあるかも...」
の中には、決して苦痛感のみで自分を鍛え上げるということばかりでもない。

というのが私の経験です。

私の性格は「後々に後悔を残したくない。」
と思っているので口調も行動も素早く強く、
初めからガンガン行くタイプです。

ところがです。

そう接しても交わされるというか、
優しい口調と行動で対応されると

「ああこれでは自分の負けだ。」
と、すぐに自分の器の小ささを感じて

これまた、すぐに仕切り直しし
自分でも優しい口調と行動で接するように切り替えて対応します。

「動」に「動」ならば、私の望むところですが、

「動」に「静」で対応されたら、
今の自分の実力では戦う前から勝負はついている。

と、悟ってしまうのが今の私です。

今日のお題は
「コミュニケーション力を上げるために負荷をかける」
です。

「コミュニケーション力を上げるために負荷をかける」目的で行動すると、
その目的とは別にそこには、自分の感覚では忘れかけいる

優しい方の存在に気づくことができるのです。

よくここでも触れていますが、

「優しさ」というのは、
一見すると「弱々しさ」を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

私の場合はそうではなく、
「優しさ」こそ「強さ」の証なのです。

強い人間でなければ「優しさ」を永続的に維持することはできない。

が私の経験論です。

そんなわけで私の「動」の行動に対して
「静」で対応された時点で
私の負けで、その後は自分でも「静」に切り替えて対応します。

その時私の頭に浮かぶ発想は
「その方から物事を教わる。」
という感覚なのです。

素直な気持ちで物事を教わっている姿を
私は「美しい」と自然と判断してしまい

「美しい」と感じてしまったら、
私はそのことをはねのけることができません。

本来は、自分に対して負荷をかけることが目的だったのですが、

それとは逆の結果が出て、かつ、
今はそちらの期待感のほうが今はものすごく強くなっています。

結果としてどちらが自分のプラスに働いているのか。
というと間違いなく後者の方です。

今はコロナが流行っていて自粛しなければならない時期ですが、

基本は自分の世界に閉じこもらず、
外に出て何かを感じることが自分のプラスに働く
と感じています。

自分の世界の外にある
「未知の世界に少しでも自分を進化させてくれる何かがあるかも...」
という世界に積極的に出かけることにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月12日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2252182364884439
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2252432464859429

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...
最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2002回 「安心」という言葉の中身は常に進化していて「不安」とイタチごっこみたいな関係になっていて...!!(2021.03.11.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月11日のテーマは

~不安が襲ってきたら反対の意味にして質問する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003110000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2002日目、私がfacebookに書いた言葉
から

20年ほど前に情報ビジネスが世の中に出始めたころ

「○○をやれば一生、安心」等のキャッチコピーが流行し、

心のどこかでは、「そんなうまい話はないだろう?」

と思いながらも、

「でも、このぐらいの金額で買えるならば、実践してみて、試してみようかな」

という欲も出て、よくインターネットでいろいろな情報商材を買っていました。

今になると笑い話になってしまいましたが

「やっぱり、そんなうまい話はなかったな」

が大半です。

でも、収穫も私にはありました。

高額なノウハウで月々お金を支払うと専門のサポート部隊がいて
私が納得するまでとことんサポートしてくれるノウハウは
今も継続しているノウハウです。

情報商材で、「買って、終わりというノウハウはダメノウハウ」

というのが私の見方で、
ポイントはどのくらいのサポート体制が整っているのか?

ということが大事。

これが私なりの答えです。

もちろん、専門のサポート部隊がいても、
その個人の対応力のレベルも大事で

自分自身の直感で「あれっ!」と感じたら、まず当たっていて
レベルの高い方にチェンジしてもらうことも大事だ。

というのも私の答えです。

ところがそんな優秀な方は自分自身のステップアップのため、
「更にレベルアップが可能だ」
と感じる会社を求めて移ったり、あるいは、独立したりしてしまうので、
最近は、「今の世の中はそんな流れなんだな。」

と受け入れる気持ちも大切だと思っています。

今日のお題は
「不安が襲ってきたら反対の意味にして質問する」
です。

脱線した話題が長く続きましたが

情報商材を買いながら、気づいた私の収穫の中に

不安になり「必要されなくなったらどうしよう」
と感じたら、
「どうすれば自分は必要とされる存在になれるのか?」
という発想になればいい。

ということに気づいたことです。

「安心」という言葉の中身は常に進化していて
「不安」とイタチごっこみたいな関係になっている。

と私は感じています。

よく本などを読んでいると

一流と呼ばれていて
成功していると思われている方ほど
「不安」といつも背中合わせだ。

というような内容に触れることもあります。

この分野に関してはペーペーの私ですが、
それでも、「この不安と背中合わせ」という感覚は
年々歳を重ねるごとに増すばかりです。

「不安」を感じた時、いつも頭の中に浮かぶ言葉は

先ほどもお書きしましたが、

「どうすれば自分は必要とされる存在になれるのか?」

という言葉です。

私はこれで「不安」という怖さが心の中に打ち寄せてきたら
「不安」を打ち消して自分の「未来」は
また、自分自身でいい方向に変えることができる。

と信じ切り
自分自身で勝手に「不安」をはねのけて生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月11日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2249345468501462
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2250118335090842

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2001回 「会社の空気は自分だけのものではない」ではなくて、大げさかもしれませんが、「会社の空気を自分だけのものにするには?」という発想で生きてみると...!!(2021.03.10.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月10日のテーマは

~会社の空気は自分だけのものではない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003100000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2001日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私にも、仕事が重なるとイライラすることがありました。

それに、自分のキャパシティーも
若いころは実力不足だ
ということにも気づけずにいました。

社風もどちらかというと
仕事を契約してくれば英雄的な扱いを受けていた
ということも影響していて
仕事を契約してくる人間が一番という扱いを受けていました。

でも、これは「美しくない姿だ」と私は感じていました。

とにかくその時代は「競争社会」という言葉が飛び交うほど、
個人の結果のみで評価を受けていた時代です。

しかし、私の人生で、一番大切に思って生きてきたことは、

「自分の行動により、誰かを嫌な思いにさせて迷惑をかけてはならない」

ということです。

私は仕事が重なって「忙しくなるな。」と感じると
自分がイライラして周りに迷惑をかける状態になることを
途中から自分で気付いていました。

そんな時は、自分のデスクではなくて
支店長に事情を説明して
物置部屋が会社の中にあり、
そこのテーブルと椅子を借用させてもらい、
自分一人の空間を作って仕事をしていました。

自分で決めた仕事のノルマが完了すると
イライラも自然となくなりました。

そうすると気分もよくなり、
借用した物置部屋の掃除と
なんか整理されていない部分があると感じたら、
中身を確認しながら整理整頓をして
その物置部屋を後にしていました。

半分笑い話になってしまいますが、

ある時から、物置部屋の管理人みたいになってしまって、
他の課の方からも「あの書類どこにあるんだっけ?」
と聞かれるような存在になっていました。

今日のお題は
「会社の空気は自分だけのものではない」
です。

俺が契約をとってきているから、
この会社や支店は成り立っているんだ。

と心の中で思うことを私は悪いことだと思っていません。

しかし、だからと言って

周りに自分のイライラをまき散らすことは
絶対にやっていけないことだ

とも私は思っています。

ちょっと、ニュアンスは違うかもしれませんが、

「会社の空気は自分だけのものではない」

ではなくて、大げさかもしれませんが、

「会社の空気を自分だけのものにするには?」

という発想で生きてみると

他の課の方からも「あの書類どこにあるんだっけ?」
と聞かれるような存在になる

ようなことを積み重ねることだと私は思っています。

自分の存在が人から必要だ。

と思われるようになって初めて

自分がアップアップ状態なった時、
当てにしていないのに、
周りから助け舟を出してもらえるようになる。

こんな生き方のほうが私は「美しい」状態だと私は感じ、

「会社の空気を自分だけのものにするには?」

に少しでも近づけるな。

と感じて私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月10日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2247892018646807

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第2000回 うまくいかなかったら、謙虚になり素直にその事実を受け入れる。ということも大事だと思って...!!(2021.03.09.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月9日のテーマは

~幸せな人と不幸な人のわずかな考え方の違い~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003090000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
2000日目、私がfacebookに書いた言葉
から

こんな話の展開になると

アメリカ合衆国の発明家、トーマス、エジソンの

「私は失敗などしていないよ。1万通りのダメな方法を見つけただけだ。」

という名言が頭に浮かんでしまいます。

一瞬、言い訳にも聞こえます。

しかし、最後に結果で示すと
それは言い訳ではなくて
誰も何も言えない真実を証明したことになる。

自然の力にはどんなに逆らおうと
その場で言い訳をしてごまかしても
必ず、真実の元にさらされる。

が私の教訓です。

確かに失敗すると悪いイメージが頭の中に一瞬飛び交います。

この事実を無視して
無理やりポジティブさを演じる方を見ると
生きる上で、
私は「なんか危険な感覚だな。」と感じてしまいます。

私は無理やりポジティブさを演じるよりも
いったんは現実を受け止め、
ネガティブになるかもしれませんが、

そこからがポジティブシンキングのスタートの始まりだ
と私は思って生きています。

ところがこれは一回で終わらず、
何度も嫌というほど打ちのめされます。

その数が増えるほど、嫌気がさしてきて
諦めてしまいたくなる気持ちになることも
私は実際に経験しました。

やめてしまえば楽になる。

ということもあるかもしれません。

しかし、実はこれが生きていると
どこかで自分のパフォーマンスを落とすことにつながり、

やっぱりあの問題は解決しておくべきことで、
自分の納得する答えを導いておく必要がある。

となるのです。

納得させられるではなくて、
自分自身の実力で思いつくことはすべてやり
結果はどう転ぶのかわかりませんが、

自分で納得するまでとことんやってみることが大事だ
という風に思って私は生きています。

イメージ的にはネガティブの連続ですが、
必ずポジティブな光を浴びる瞬間を信じ、
やり続けることのほうが大事

という意味です。

今日のお題は
「幸せな人と不幸な人のわずかな考え方の違い」
です。

私はうまくいかないことが「不幸だ」とは思っていません。

むしろ、こちらのほうが「自然だ」と思っています。

しかし、もし、特に同じノウハウを実践して
いい結果を出し続けている方がいると

それは自分のやり方でまずいところがある。

と私は感じます。

その答えもできれば、
自分自身で見つけ出して対応していくことが
いいやり方だと私は思っています。

「我が強い」ということも大事な要素だ。
と私は思っていますが、

うまくいかなかったら、謙虚になり
素直にその事実を受け入れる。

ということも大事だと思って私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月9日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2245936738842335
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2246557075446968

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1999回 その流れをどう呼び込むのかは、自分の生き方次第だな。と...!!(2021.03.08.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月8日のテーマは

~お客様に「あの件はどうなの?」と思わせないようにする~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003080000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1999日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合、かなりきつい言い方ですが、
3度、私に「あの件はどうなの?」と思わせる方とは
お付き合いをやめることにします。

実際にあった話ですが、そんなメーカーの営業マンの方は、
上司の方と一緒に会社に来てもらい、
きちんと、事情を証明して見せて
担当窓口をほかの営業マンの方に変えてもらったこともあります。

「あの件はどうなの?」を感じさせる方は、
例外なく、「今日・・・は終わります」
と途中経過は思い付きでよく報告してくれますが、

肝心な「完成はいつなのか」という報告がありません。

要は、自分の人生で
先を読む訓練をしてこなかったからできない。

というのが私の経験論です。

もうちょっと書くと、行動がすべて思い付きの行動ばかりで
計画性がありません。

小学生の時の夏休みのドリルのように締め切りに間に合わない。

がいつまでも続いている状態で進歩がありません。

一般的な考え方とは違い、
私のできる人間なのか、できない人間なのか?
の評価の感覚が違います。

私もその一人ですが、
物覚えが遅くて不器用な方が
できない人間だとは感じません。

その事実を認めて、これではだめだ。

と自分に言い聞かせて
もがき苦しんでいる姿が
私の目に入ってくると

この人間は伸びる。
いつか追い越されてしまうかもしれない。

という危機感を感じますが、

一方ではその成長しようとしている姿が
自分の昔の姿にダブって見え、ほほえましく見えます。

一方、確かにこの方は学校の成績もよくて昔は勉強ができただろう。

その事実は素直に認めますが、

社会に出てから、その貯金を切り崩す行動ばかりとっていて
社会に対応しようとする中身の濃い感覚を学ぼうとはしません。

そんな行動をまったく進歩がなく、
昔の自分に酔い、浸っているようだ。

と残念ですが、私には見えてしまうのです。

今日のお題は
「お客様に『あの件はどうなの?』と思わせないようにする」
です。

お金をいただくプロが
「あの件はどうなの?」と感じさせた時点でアウトだ。
と思って今の私は生きています。

これは、仕事ばかりではなくて、
日常生活でも自分の意識を変えればいくらでも変えていける。

というのが私の経験です。

そのもとになる行動を私の場合は

なんにでもまず興味を持ち
黙ってやり続けることです。

そのうち「コヨナク愛する」という状態が生まれてきます。

こうなったら、「この後、どうなるだろう?」
と自動的に勝手に自分で疑問を持ち始めたら占めたものです。

どんどん進化していきます。

こんな癖を身に着けると
お客様という仕事関係だけでなく、

日常生活の人間関係でもうまく回りだす。

というのが私の経験です。

それが仕事につながる可能性だって生まれてきます。

この件は、あの人が必ずいい結果に導いてくれる

という他の方からの期待感という思い込みにつながり
「まずはあの人に相談してみよう」とい行動を起こさせることができる。

というのも私の経験で好循環に人生が回りだします。

私は世の中の流れそして、結果は「すべて必然だ」と感じて生きています。

その流れをどう呼び込むのかは
自分の生き方次第だな

と、私はつくづくと感じて生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月8日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2244066999029309

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1998回 ここが無責任な生き方なのか、それとも、責任を持った生き方をしてきたのかの分かれ目となる。と思って...!!(2021.03.07日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月7日のテーマは

~1日の最後に"今日よかったこと"を思い出す~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003070000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1998日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、1日の終わりを
「今日も、自分の今日の限界まで生きた。」
というところで眠りにつくことにしています。

そうすると、今日を生きた満足感を得ることができます。

でも、時には、つらいこともありますが、

自分の能力の限界だ。

と悟ると、
「よ~し、明日起きたら、この続きを頑張って完了するぞ!!」
という自分への励みと同時に明日への課題にもつながります。

私の元気の源は

自分の可能性を追求し、必ず、自分が最初にイメージした結果こだわる。

ということです。

自分以外の方に対しては
結構たんぱくな性格の持ち主の私ですが、

自分で決めたことに対して自分自身でできないときは
かなり、「ねっちこい」性格で、成果にこだわるのです。

私が最も嫌う自分の生き方は、
誰かのせいにして言い訳で終わらせる生き方です。

何も自分の進歩がなく、
絶対に「人生を謳歌している」
とう感覚は得られません。

そうなると極端ですが、
悪い一日で終わったというイメージが残り続けることに
私の場合はなってしまうのです。

今日のお題は
「1日の最後に『今日よかったこと』を思い出す」
です。

ちょっと私の感覚が違のかもしれませんが、
私の場合は、

1日の最後に『今日よかったこと』を思い出せなくてもよく、
悪い結果でもいい。

と私は思っています。

ただし、明日以降にそのことを解決できる可能性が
いつまでも見いだせない状態は
ダメと感じています。

この繰り返しで私は生きています。

私が死んだとき、よいイメージは残らなくてもいいです。

しかし、悪いイメージが残ることを私は望んでいません。

ならば、そういう結果の残る生き方を
私自身で実行する必要があります。

自分が死んだときに残る評価が
間違いない私への評価になる。

と私は断定しています。

これは、成功したのか失敗したのは、
自分が死んだときでなければ分からない。

ということを意味しています。

自分の人生だから、悔いの残らないように何をしてもいい。

という言葉もありますが、

私はこれに、自分の存在がほかの方に喜んでもらえ、
「感謝されている」
という状態になることをつけ加えています。

ここが無責任な生き方なのか、
それとも、責任を持った生き方をしてきたのか
の分かれ目となる。

と思って私は常に今の自分にフォーカスして生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月7日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2242121589223850

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1997回 仕事中心に自分の人生が回ることを私は自ら望んで生きていて...!!(2021.03.06.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月6日のテーマは

~身近なところにあるチャンスを逃さない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003060000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1997日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は誰それ関係なく、

私は家を建てる仕事をしていまして、
お知り合いで予算が合わなくて
困っている方がいらっしゃいましたら、
ご紹介をよろしくお願いいたします。

ご紹介いただき、
仕事が決まって完成してお引渡しを終えてから
わずかばかりですが、お礼もさせていただいております。

これは、今の私の口癖となっていて
定期的に合われる会議が始まる前の
久しぶりに会うあいさつを交わす時でも
似たようなことを言ってしまうときがあります。

私は自分の仕事をアピールする目的で声掛けをしています。

人によっては、

これは、相手の方に対して失礼だ
あるいは、配慮が足りない

といわれるかもしれませんが、
私はそこだけは耳を貸しません。

どこにチャンスが転がっていかわかりません。

一年前の例だと
大学時代の有志が集まった同窓会でも

冒頭の
私は家を建てる仕事をしていまして・・・

とあいさつを交わしたことがきっかけで、
リフォーム仕事の紹介を受け、
私にとってはかなり大規模なリフォーム仕事の額で
400万円ほどのリフォーム仕事を1か月ほどで完成しました。

仕事に対して私は「美徳がない」といわれるかもしれません。

なぜなら、私は、
自分で我武者羅になって
貪欲に仕事をとっていくタイプです。

そして、最後にお客様の無邪気に喜んでいる姿を見て
ひとりだけで喜んでいるの自分が好きなお宅タイプです。

その反動といっては変かもしれませんが、
お金を使うことに対しては、あまり貪欲ではありません。

ケチといわれたこともありますが、

私はすぐに実利が出るものにしかお金を費やしません。

ただ遊びに行って面白かった。

なんてことにはお金を使わず、
必ずそこでも私の脳内では
仕事のことがアイドリング状態で離れません。

今日のお題は
「身近なところにあるチャンスを逃さない」
です。

生意気な発言かもしれませんが、
チャンスはそこいらへんじゅうに落ちている。

という感覚を私は持っています。

そのチャンスを確率よくものにするには
常に車のアイドリング状態と似ていて
自分の神経というアンテナの感度をよくしつつ
スイッチを切らない。

ということが大切だと私は思っています。

この要因が原因かもしれませんが、
たまに夢にまでも
仕事に関係する出来事が出てきます。

でも、私はこの状態を
とても、幸せな状態だと心地よく感じています。

話がそれましたが、

私は声掛けすることが営業マンの基本だ
と思って実行してきましたし、今も続けています。

カッコつけるやり方は私にはあっていない。

と感じているところもありますが、

仕事中心に自分の人生が回ることを
私は自ら望んで生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月6日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2240150066087669

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1996回 「当社にこういったサービスがありまして、いかかでしょうか」という言葉を真顔で伝える癖を身に着けると...!!(2021.03.05.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月5日のテーマは

~短期間で結果を出したシンプルかつ最強の方法~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003050000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1996日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の中学の同級生で日産系の車の営業マンがいます。

残念ながら今は、最寄りの支店の勤務ではなくて
秋田市の支店で営業の仕事をしていて
なかなか会う機会がありません。

ところでこの同級生、
中学時代は意見が合わず、よくケンカになりました。

それも、口喧嘩ではなくて、時には取っ組み合いも・・・

今の時代だと完全アウトです。

中学時代は成績も私と似たり寄ったりで、あまりよくなく、
本当は、その当時人気の工業高校の機械化に進みたかったのですが、
偏差値が足りず、農業高校へ行って地元のスーパーに一度は就職しました。

でも、車好きで車の整備士になるという想いが止められず、
整備士の資格を独学で取り、
スーパーをやめ、最寄りの日産の整備の仕事に就きました。

しかし、今の時代のさきがけというか、
新車は売ることができなくても、整備の仕事ばかりしていればいい。
というわけでもなくて
車検の仕事をとってこなくてはならなくなりました。

大分、久しぶりという感じで
私に声をかけてきました。

その流れで10年以上、今は会社の車も含めて4台、
ほかの自動車会社の方ともお付き合いはありますが、
そちらをお断りして、全車の車検をお願いしています。

その時、最初に車検の見積もりを取るときに私にかけてきた言葉が

「当社にこういったサービスがありまして、いかかでしょうか」

という言葉だったのです。

喧嘩をするほどの中ということもあり、
中学時代には意見の食い違いもありましたが、

仕事に対しては絶対うそをつかない人間だ
ということを私は自分の感覚で知っていたので、
今も絶対的に信頼を置いています。

今日のお題は
「短期間で結果を出したシンプルかつ最強の方法」
です。

「当社にこういったサービスがありまして、いかかでしょうか」

この言葉伝えるとき、やさしく穏やかな口調で言っても
お客様の心に響きますし、

強くまじめな顔をして言っても同様に伝わります。

やってはいけない伝え方は、
売り込み臭だけが強く感じられる言い方や
ブラックな冗談交じりが感じられる言い方です。

「当社にこういったサービスがありまして、いかかでしょうか」

と真顔で言われたら、「お客様は興味を持つ」

というのが私の経験です。

興味を持ってもらえなければ、
お客様自身がお金を支払って買われる選択肢にも挙がってきません。

私にも、「当社にこういったサービスがありまして、いかかでしょうか」
に匹敵する5万円ぐらい追加のオプションサービスが存在します。

5万円ぐらいならば、最初からつけておけばいいじゃないか。

という意見もあると思います。

しかし、私のタイプのお客様の場合、
5万円は結構大事な金額と感じている方がほとんどです。

大小の想いはあるにしても「どうしようかな」と一度は必ず悩まれます。

ここでその5万円分以上の価値があるというメリットもお伝えしますが、
大事なほうは、その時、私への信頼の度合いがわかることです。

田澤さんが5万円追加というのなら信じて資金計画に入れておこう

という風に大体はなるのです。

「当社にこういったサービスがありまして、いかかでしょうか」

という言葉を真顔で伝える癖を身に着けると
金額は多くないかもしれませんが、
高い確率で効果を表すというのも私の人生経験の一つです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月5日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2238170516285624

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1995回 「あともうちょっとでこの方とは気が合い、うまくいきそうだな。」と感じたら...!!(2021.03.04.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月4日のテーマは

~トップ営業マンの"話の間"をモデリングする~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003040000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1995日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私はいわゆるトークテクニックは得意なほうではありません。

でも、「話の間」に関していうと
私は意識して気を付けていることがあります。

それは相手の方の呼吸に自分の呼吸を合わせることです。

まったく最初から気持ちが交わらない方に対しては
こんな発想も浮かびませんが、

「この方とは気が合いそうだな」と直感して
会話を続けているのですが、
「あともうちょっとで話の間が合いそうだな。」
と感じた時、

私は相手の方の呼吸の間に自分の呼吸の間を合わせようと努力し
実際にその間があった時、

「そう、このリズムだ」と感じ、会話を続けているうちに
その後は何の気も遣わず、無意識で会話が弾み、
いい結果に結びつきます。

正直にいうと、この発想は、私自身で気づいたことでなく、
私のホームページの動画撮影と編集をお願いしている
知り合いの方から教わったことです。

自慢ではありませんが、このことを真似して意識してやってみると
ドンピシャリで心地いい会話の状態を展開することができるようになり
その幅層も広がっています。

今日のお題は
「トップ営業マンの『話の間』をモデリングする」
です。

今の私の状態は
なかなかトップ営業マンに出会うチャンスが
正直なところありません。

でも仕事には直接関係なくても
いろいろな方に出会うチャンスはあります。

そこで私は、

「あともうちょっとでこの方とは気が合い、うまくいきそうだな。」

と感じたら、

とにかく、その方の呼吸の間に自分の呼吸の間を合わせるようにしといます。

それにこの発想は科学的にも理にかなっている。

私は思っています。

AIなら別かもしれませんが、
何しろ、呼吸を全くしないで話せる人間はこの世に存在しません。

呼吸は生きていくうえで絶対に必要なことです。

その呼吸の間に自分の呼吸の間があったら、
ビジネスならば、
「ビジネスチャンス到来」と思って私は行動します。

ビジネスに関係なくても、
自分のコミュニケーション能力をアップさせる
絶好の機会だととらえて

今の私は無意識に相手の方の呼吸の間を
感じ取るようになってしまいました。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月4日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2236262019809807
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2236497726452903

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1994回 コロナ禍の今「見学会以外でお客様を呼び込むやり方をつかむチャンス到来!!」と感じていて...!!(2021.03.03.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月3日のテーマは

~トークでも行動でも"三人称の視点"を持つ~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003030000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1994日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の経験から書くことにします。

天からもらった運も勝手に手伝ってくれて、

「何をやってもうまく回る。」

こんな時はまさに天下を取ったような気持ちになります。

結果が伴い、誰かに陰口めいたことを言われても
雑音としても自分の中に入ってきません。

まさに、「俺が、俺が、俺が・・・」と一人称で戦っても勝ち続けます。

ところが、これは永遠には続きません。

どこかで「あなたはどうしたいの?」
という二人称の意識が入ってきて、
むしろ、そちらのほうの意識が強くなりだします。

受け身のようですが、
これは、意外にも自分で意識して運を作っています。

お客様一人一人ちょっとずつ
相手の方の心をつかみ方は変化しますが、
自分自身で作り出した運で勝機つかんでいて
結果的に成果が積み重ねられている。

という状態です。

やっているうちに一人称に戻り、
「俺が、俺が、俺が・・・」で勝ち続け、
その後、また「あなたはどうしたいの?」
というに二人称になるという繰り返しで
営業成績はそれなりに安定させることができます。

ところがこの一人称と二人称の繰り返しだけでは
成績を安定して残し続けることができない時期が
今年この業界に入って私は30年目を迎えますが、
私にはありました。

完全に長いトンネルに入ってしまい、
先の光も見えずに自分自身でも
「どうしたらよいのか」
という解決策のヒントも見つかりません。

「困ったな」状態が続きます。

ここで気づくのが
「三人称の視点」です。

私の感覚では「三人称」の感覚とは、
勉強会とかの一対多数形式で

「物事を、素直な気持ちで誰からでも何からでも教わる」

という感覚です。

この姿勢を常に持っていれば、

どんなスランプに落ちても、
復活できるヒントを得ることができます。

まさに「何からでも学ぶことはできる」
という感じなのです。

今日のお題は
「トークでも行動でも『三人称の視点』を持つ」
です。

ちなみに「三人称の視点」で世の中を観察していると
いいことばかりではなく、自分の感覚では
「悪いな」と感じてしまう出来事もあります。

これが気づきの正体だと私は思っています。

単純な私は、

いいことは、マネから初めて
自分でさらにいいな。

と感じることに進化させていければいいな。

と私は思って行動します。

「悪いな」と感じてしまう出来事のほうは、

マネしないではなくて、

どう改良したら、『いいな』と感じるに流れに
持っていくことはできるのか?

と自分自身で試行錯誤して行動し
『いいな』と感じる流れに見つけ出したら
進化させていくことです。

一年前からの情報で行くと「新コロナウイルス」の収束が見えず、
今月は世の中が止まったような状態が続いていますし
これからも続く気配が感じられます。

私はコロナ禍の今

「見学会以外でお客様を呼び込むやり方をつかむチャンス到来!!」

と感じていて
このことを冒頭において今は、行動しています。

ダメもとですが、

もしかすると、これがうまくいくと
新しい自分だけの集客から契約までの方法が見つかるかもしれない。

というワクワクとした期待感で今は生きています。

自然の流れに逆らうのではなくて、
その流れに身を任せて
その中から、自分だけの楽しい世界を見つけだす。

コロナ禍での私の生き方です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月3日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2234250486677627

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1993回 これを打ち破るにために私がやることは、「最低、人の3倍の努力を惜しみなくやり続ける。」ということでしか...!!(2021.03.02.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月2日のテーマは

~過去の経験だけでなく前を向いた話をする~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003020000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1993日目、私がfacebookに書いた言葉
から

過去のネガティブな経験を未来のポジティブな行動に取り入れる。

という内容の勉強会に出た経験があります。

当たり前のことですが、
過去にやってしまったことは変えられません。

自分が起こした過去の失敗した出来事に対して
無理やりうそをついて変えようとしている人に出会うと

お付き合いしているうちに
どこかでつじつまが合わなくなって
私は気持ちが悪くなり
お付き合いすることをやめます。

逆に
本当は言いたくないのかもしれませんが、
その状況を自分自身で乗り越えて

間違えて失敗してしまった経験を
素直に打ち明けてくれる方には魅力を感じ、
どんどん深くお付き合いしてしまいたくなるのが私です。

もちろん、そんな方でも
未来がすべてうまく運ぶわけではありません。

また、失敗します。

ところがこの失敗には進化した跡がみられるのです。

なぜなら、まったく同じケアレスミスを繰り返していません。

どこかに前の失敗を踏まえて
自分で創意工夫し
変化した形跡が見られます。

そんな失敗をしている姿を見て
言葉は変ですが、「美しい」と私は感じてしまうのです。

今日のお題は
「過去の経験だけでなく前を向いた話をする」
です。

嫌われるのを覚悟のうえでお書きしますが、
私が大嫌いなたとえに

「臭いものにはふたをしろ!!」

という言葉があります。

この言葉は何も進展を生まない

と感じていて
私は嫌いでしょうがありません。

言い換えると

やってしまった触れたくない過去は隠し続けて
見た目だけいいように見せて生きろ。

という風に聞こえます。

もし、私がこう生きたら、
おそらく、心の病気になって、
世の中に大迷惑をかけることになってしまう。

と本能的に感じしまうのです。

私は「臭いものにはふたをしろ!!」
で生きている思想の方には
死んでも、負けたくありません。

しかし、そんな思想の方は
その場限りでは勝負では勝つ傾向にあります。

これを打ち破るにために私がやることは、

「最低、人の3倍の努力を惜しみなくやり続ける。」

ということでしか対応できません。

そのために必要なことは
過去の失敗を自分自身で素直に受け入れて
その事実に対して創意工夫して対応し
未来に向けて改善を繰り返して生きてていくしかない。

と思って私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月2日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2232426716860004

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1992回 人の心を動かし、長くお付き合いしたい。と自然に思ってもらうようにするには...!!(2021.03.01.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年3月1日のテーマは

~部下に思っていることをストレートに伝えてみる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202003010000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1992日目、私がfacebookに書いた言葉
から

このブログもそうですが、
私は、「ズバッ」とストレートに物事を伝えるタイプです。

「わかってくれなければそれでいい。」

という言葉もすぐに口から出ます。

でも、そのあとに必ず私は、
「愛情をもって伝えている」

という言葉も付け加えることにしています。

人間という動物で、まだ完璧ではありませんが、
私は、本能とか感情だけに任せて
言葉を発することを私の禁止事項にしています。

なぜなら、これは、「愛情」が加わっていないから
コミュニケーション関係を築く上でまったく進展がなく
エネルギーの無駄遣いだ。

と私は感じているからです。

どうせエネルギーを使うなら、
効果がある使い方が存在する。

と私は仮定して試行錯誤してみると
「愛情」という答えに私はたどり着きました。

今日のお題は
「部下に思っていることをストレートに伝えてみる」
です。

「ストレート」という言葉を「感情」という言葉に訳すと、
上下関係ではうまくいかず、
最終的に下の者は

やめてしまうことになる。

というのが私の見てきた傾向です。

でも、「ストレート」という言葉に
「愛情」という言葉が加わると
一つの集団の塊として戦うとき、
ものすごい結集力となって現れる。

必ずしも、スーパースターだけが集まるチームが勝てるとは限りません。

スーパースター軍団と戦うとき、
せめて五分の均衡した戦いに持ち込むには、
実力が足りない分だけ結集力を挙げて戦う方法以外にない。

というのが私の経験です。

そこには、普段から「愛情」をもってお互いに接していることが

絶対に必要な条件です。

人の心を動かし、長くお付き合いしたい。

と自然に思ってもらうようにするには

「どんなことがあっても『愛情』を失わない!!」

と決めて私は行動しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年3月1日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2230535877049088

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1991回 自分一人だけは物事が完成できないことを悟った時、「そんな方々に対して迷惑をかけてはならない。」となり...!!(2021.02.28.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月28日のテーマは

~悪い芽はまだ小さいうちから除去しておく~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002280000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1991日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は今、現在進行形で進んでいる行動を

自分自身で「美しい」と感じることができるのか?

と自分に対して頻繁に問いかけるのが癖になっています。

当然のことながら、「今の行動はまずかった」
と感じることが私の場合はほとんどです。

その時、私は、自分の時間を止め
「どうしたら改善できるだろう?」
と立ち止まることにしています。

他人の目から見ると
「たいしたことはないな。そんな些細なことを気にしているの?」
と言われたこともありますが、

私にとっては、「そんな些細なこと」が重要なのです。

なぜかというと、私はハウスメーカー時代に先輩営業マンの姿を見てきて、
「そんな些細なこと」がその時の成績になり、

そこで立ち止まらずに、
その後の成績もどんどん差がつく原因になっているな。
ということを現実に目で見て自分自身で感じ取りました。

またどんなに謙虚に生きようとしても、
自分の欲を自分でコントロールできなければ
悪魔の甘いささやきに誘われ、
自分の実力を過大評価し
勘違いした世界にのみこまれた方も目にしてきています。

営業マンの仕事は
何もないところから、仕事を見つけてくる仕事で

結果を残せないだろうな。
と感じている事務職などの方から見れば、
花形に見えます。

しかし、私は、営業マンの仕事こそ、
常に地道でかつ、謙虚であるべきだ。

と思っています。

むしろ花形なのは、
2次元の平面の図面から、
3次元に立体化して形に残すことができる
職人さんたちのほうだ。

が私の意見です。

今日のお題は
「悪い芽はまだ小さいうちから除去しておく」
です。

私は何でも自分で手を付けて取り組んだら、
最後までやり遂げ、
さらに「よ~く」確認することにしています。

そうすると、
「ここは、間違いなくあの人のおかげだな。」
と自分の実力以上の力が加わっていることに気づきます。

自分一人だけは物事が完成できないことを悟った時、

「そんな方々に対して迷惑をかけてはならない。」

となり、

まずは自分の

「悪い芽はまだ小さいうちから除去しておく」

という風に私の場合はなるのです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月28日と29日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2226466427456033
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2228583357244340

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1990回 私がちょっと違う点は、自分に対してはストレスを自分でかけるという点で...!!(2021.02.27.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月27日のテーマは

~これは役立つ、アンガーマネージメントの考え方~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002270000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1990日目、私がfacebookに書いた言葉
から

つくづく語彙力がないと感じている私は

「アンガーマネージメント」という言葉を検索してみると

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、

怒りを予防し制御するための心理療法プログラム・・・

と書かれてありました。

今日のブログの中で

"人からさせられた"

とありました。

誰しも、人から強要されることは
生き物として自然に嫌う傾向にあります。

ただし、成人として責任がある。

と認められるまで

私は、強要されても

「黙って、言われたとおりにまずやってみること」
そして、
「相手に臨まれたその通りの成果を上げる」
が私の基本でした。

強要されたことを
なんなく自然にやってのけることこそ、
ビジネスチャンスにつながる。

が、私の考え方です。

しかし、私は、あまりに賛成できないのですが、

私が幼いころの教えにはなかった教えで
「子供の個性を伸ばす」という考え方が
いつからかは正確にわかりませんが、
現在もあります。

でも私はこの考え方にずっと異論を持っています。

なぜなら、これは解釈を変えると
みんなが好き勝手にばらばらの方向に進んでしまう可能性が生じるのです。

どんなに実力があっても
誰かの協力を得ずに
成功し続けた方を私は知りません。

私の場合、個性を伸ばしたければ、
まず、人に臨まれた通りの結果を出し続けることが先に来る。

と私はずっと感じているのです。

今日のお題は
「これは役立つ、アンガーマネージメントの考え方」
です。

私は、感情を大事にしていますが、

嫌い

という感情は自然に持たなくなりました。

嫌いになると怒りにつながりやすく
神経を持っていかれて、
自分自身の心が疲れます。

どうしてもというときは社交辞令程度に済ませています。

そして、そのぶん気分がよくなることをします。

ただし私がちょっと違う点は

自分に対してはストレスを自分でかけるという点です。

これが心地いい負荷となる。

と私は感じて生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月27日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2224620474307295

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1989回 アナログとデジタル、どちらも、より高度な目的で実行する必要性を感じて...!!(2021.02.26.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月26日のテーマは

~SNSは流し読むのではなく目的をもって閲覧する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002260000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1989日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私はSNSを閲覧するときの目的として
「最後はハッピーエンドで終わる」
展開を追求して自分の目と頭を使っています。

でも、これが難しいというか
失敗の連続です。

その原因は私が、
「最後はハッピーエンドで終わる」
にこだわっているからです。

「困ったことが起きた。どうしよう?」
とか、
解決策があまりにも抽象的で

「~に気を付けてください。」

と投げかけて終わられると
どうも私はシックリきません。

それよりならば、今の段階の私の意見はこうで

「私は~します。」と言い切ったほうが
まだそのSNSを投稿した方に対して
信頼感や親近感が生まれます。

でも、先ほど失敗の連続とお書きしましたが、

自分を必ず元気にしてくれる
SNSの投稿の記事が私にはが存在します。

毎日チェックすることは大変ですが、

「なんか自分に元気がないな。」

と感じた時、

「そうだあの人の投稿に行ってみよう。」

というSNS記事が私には存在するのです。

そうしていると、
自分の投稿もそんな傾向に引っ張られていき
「最後はハッピーエンドで終わる」
という展開になるような気がしています。

今日のお題は
「SNSは流し読むのではなく目的をもって閲覧する」
です。

話は変わりますが、
もしかするという手ごたえを感じているのが
ニュースレターの進化系として「SNS投稿のアップ」を頻繁に続ける。
という感覚が今の私にはあります。

その根拠はお問合せしてきたお客様が
結構頻繁にチェックしているという話を
よく、耳にするからです。

でも、営業レターをやめたわけではありません。

今の私は営業レターというよりは
一人一人微妙に内容が違う
相手の方を思った手書きのはがきを
定期的に送り続けるということです。

私の場合、アナログとデジタル、
どちらもより高度な目的で実行する必要性を感じています。

最近は実践で試行錯誤しながら
改善や修正を繰り返す日々が続いています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月26日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2222578144511528

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1988回 悪いBGMは耳に入れて聞いてもいいが、悪いアリ地獄に引っ張られないようにする注意喚起ととらえて行動するように...!!(2021.02.25.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月25日のテーマは

~悪い妄想BGMをいいものに最適化する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002250000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1988日目、私がfacebookに書いた言葉
から

いきなり話題が飛んでしまいますが、

地球上に存在する空気の成分の割合で
窒素は約78%、酸素が約21%、その他の成分が約1%で
構成されています。

また、地球上の海洋と陸地の面積の割合は
約71対29で現在は構成されています。

今後、地球の温暖化の影響により、
この割合は海水面が上がり、陸地面積は少なくなる傾向にある
と科学の世界では言われています。

何が言いたいのかというと
私勝手な意見ですが

以外にも私はこの割合を人間が地球上で生きていくうえで
見すごいことのできない重要な比率だと感じて生きています。

自然に生きていれば
いいこと悪いこと
どちらかが100%なんてことはあり得ません。

まあ、悪いことならば無理やり
自分の意識をいつも超ネガティブ思考に保ち
早く死にたいなど思えば可能かもしれませんが、

こんなネガティブな思考は人間というか
生き物として自然に生きていれば、ありえません。

なぜならどんな生き物でも、
寿命がやってくるまで
必死に生きようとしています。

いいBGMや悪いBGMがあっても自然である。
と私は思って生きていて
そう思っているほうがストレスも少なくて済む。

というのが今の私の本音です。

要は冒頭にお書きしたように
割合とか比率が大事だと思っています。

ポジティブの割合が7~8割ならかなり満足というのが今の私で
逆に「9~10割だと調子良すぎるな。変だ。」と感じ、
少し、物事を深く慎重にとらえようとする力が働きます。

逆に5割を切るような状態になったら、
これは、根本的な自分の志向が間違った方向に突き進んでいる。

自分の発想自体を変える必要がある

という指令が脳から届きます。

今日のお題は
「悪い妄想BGMをいいものに最適化する」
です。

私の場合は、確認する意味で、

「時には、悪いBGMも聞いてみる。」

という感覚です。

そして、大体は

「やっぱり悪いBGMだったな。」

がほとんどですが、

自分の調子が下向きの傾向にあるとき、
たまに、

「こういう発想もあるんだな。調子も下向きだし試してみよう」

という発想でやってみると上向き傾向に代わるときもまれにあります。

私は、一番まずいと感じるのは

きちんとし証明された根拠がないことに、
「勝手にこうだ」と決めつけてかかる行動です。

これは、いい表現ではありませんが、

「ネガティブの世界にようこそ」

という入り口に並んでいるような状態だと私は思っています。

それも、いわゆる「快楽だけを得る」
というような状態とともにです。

私は最近、お客様と会うと、自分の人生経験から

「世の中にうまい話は絶対にない」

と自然に言い切るようになりました。

親に着けてもらった「平」という名前に従い
いいこと:悪いこと=7~8:3~2

の割合なら
かなりいいバランスと思って私は生きています。

私の教訓としては

悪いBGMは耳に入れて聞いてもいいが、
悪いアリ地獄に引っ張られないようにする注意喚起

ととらえて行動するようにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月25日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2220681411367868

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1987回 力というものは、自分を育てレベルアップするために使うのではなくて、周りの方も幸せにするために...!!(2021.02.24.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月24日のテーマは

~"絶対的エース"が抜けて強くなることもある~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002240000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1987日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私が中学生の時の社会の「公民」とい授業で習った

終身雇用とか年功序列の制度の時代ならば、
純粋なエースが育ち会社の中に生まれました。

会社に育ててもらったという恩を感じて
引き抜きの話があっても
その話には乗らないのが美談で

一生涯その会社の役に立とうという思いもあり
現実にそういう傾向が強かった時代だと

と私は記憶しています。

しかし、ハプル経済がはじけ、「リストラ」
という言葉が当たり前のように使わるようになり、
終身雇用とか年功序列という制度がどんどん破壊し、
自分の身は自分で守らなければなくなりました。

実力が付いたなら、勤めている業界の会社を
契約金によって、ランクアップしていくのは、

当たり前の時代が今の時代です。

まさに弱肉強食の時代ですが、
これは素直に自然の理に戻っただけだ
と私は思っています。

しかし、失われたものの中には、信頼関係があります。

ランクアップしていくと収入も増えますが、
どんどん孤立化し、何か起こったときに
そのまま自分もつぶれてしまう危険度も高くなります。

しかし、普段からまず、自分の仕事をきちんとこなし、
それができたら、周りに目をやり、
手助けできるな

と気づいたら、手伝ってあげていたとても
自分の実力アップに間違いなくつながります。

個々の性格にもより
たまに会わない方もいらっしゃいますが、

ここに何が生まれるのかというと

「ありがとう」という感謝の気持ちと、

いつまでも手助けもらっているだけではバランスが悪い、
逆に手助けできるようになろう

とするいい関係につながる向上心が生まれます。

これが信頼関係の構築につながると私は思って実行しています。

一対多数で戦うとき
多数側は個々の力のみで戦うと
全敗します。

でも、それぞれが前もって戦い方の相談をして決め、
協力しあいながら戦いを進めると
多数の力が明らかに増して
勝利することができます。

今日のお題は
「『絶対的エース』が抜けて強くなることもある」
です。

私も父という「絶対的エース」が社会に出て2か月でいなくなり
正直、マイナス方向の「まさか」の連続で
かなりきつかった思い出があります。

でも、それでも、父が生き返ることはありません。

基本は他人を当てにせず、
自分で解決していくしか道はありませんでした。

でも、成功したら、自分だけに留め置かず、
みんなに分け与えるという方針でやってきました。

これをすると、信頼が自然と集まってくるのです。

でも、信頼を失うのは一瞬だ
ということも常に心に留め置いています。

私の教訓の中には、

絶対的なエースがいなくなっても
その志を継ぐ者がいれば、
どんなに窮地に追い込まれても
簡単にはつぶれない。

ということがあります。

力というものは、
自分を育てレベルアップするために使うのではなくて、
周りの方も幸せにするために身に着ける
むしろこちらのほうが大切だと私は思っています。

「美しい心を研き続ける。」ということが
人間として最も大事なことだ
と思って私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月24日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2218868354882507

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1986回 新しい出会いは間違いなく、高い確率で私に「パラダイムシフト」を起こしてくれ...!!(2021.02.23.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月23日のテーマは

~些細な会話からパラダイムシフトが起こることもある~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002230000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1986日目、私がfacebookに書いた言葉
から

相変わらず、カタカナ言葉が苦手な私は

「パラダイムシフト」で検索をかけてみると

一番初めにきた
『ウィキペディア(Wikipedia)』に書かれている
「パラダイムシフト」
の内容を
私なりに解釈すると次のようになりました。

「発想の転換」
「見方を変える」
「固定観念を捨てろ」
「常識を疑え」etc....

「パラダイムシフト」は
自分の殻に閉じこもっていては、
なかなか生まれにくい。

というか

自分で頭の中に築き上げてきたものが
世の中にアウトプットしてでにくく効率が悪い。

というのが私の感覚です。

無理やりする必要もないと思いますが、

今はコロナ禍で開催していませんが、一年以上前まで
私の場合は、

工務店の経営者が集まる会。
住宅ローンの関する会。
工務店経営関して毎回見方が変わる会

の定期的な3つの勉強会に参加していました。

予定の開催日もばらけていて
月一回どれかの会に顔を出している

という感覚でした。

最低1つは気づきを得て、実践で試してみる

というのが
心地よい私のペースです。

ところがこれらもそうですが、
多いのが私のところにお問合せをされてきて
無料の個人面談から得られる気づきが
一番ものすごく
即、実践向きと感じています。

もちろん、全ての方が
私のお客様になるわけではありませんが、
私は気づきを得られることで
明らかに実践向きの進化をしているという感覚があります。

今日のお題は
「些細な会話からパラダイムシフトが起こることもある」
です。

進化していても目に見えなければなかなか効果は出ない。

という感覚も私の中にあります。

しかし、優先順位もめまぐるしく
私の場合は変わるので、
すぐに手を付けられないこともあります。

そんな時、「パラダイムシフト」の簡単なさわり、
例えば、過去の写真から探しておき
そのファイルを目に付くデイストップ画面にいつもはりついておいてあげる。

ということを私は実践しています。

「One Drive」という機能は
デスクトップの画面に頭から離れないように
どのパソコンで見ても私の「パラダイムシフト」
が同じ場所に置かれています。

これを使わない手はありません。

自分で納得して解決するまで
気になっている存在として、

私にスキができたなら
「手を付けて仕上げてくれ。」
という感じで無言のアピールをかけてくのです。

私は、ホームページに力を入れて集客しているので
その解決した内容を自分だけの強みとして アップし続けていると
また似たようなタイプの方がお問い合わせをかけてきてくれる。

という私にとっていい流れになっています。

私のところへ来てくださるお客様は
私自身にも似ていて金銭感覚に鋭く、
かつ、お金に対して1円単位で細かい方です。

こんな方がホームページのお問い合わせから
目の前に現れると
私はワクワク感でいっぱいになります。

新しい出会いは間違いなく、
高い確率で私に「パラダイムシフト」を起こしてくれます。

守りは大切ですが、自分の殻に閉じこもってばかりの守りは
進化が止まっている状態です。

絶妙のタイミングで攻めに出なければ勝機はつかめません。

新しい出会いを続けていると
「パラダイムシフト」が目の前でいつでも起こり、
私の未来に力を与えてくれる。

と私は感じていて
必要と感じたら外に出るように私は行動しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月23日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2217101798392496

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1985回 この訓練がスリルのある戦い方を制する裏付けとなる。という営業勘が今も信じて続けている私の戦い方の根底に...!!(2021.02.22.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月22日のテーマは

~打ちのめされた経験を向上心につなげる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002220000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1985日目、私がfacebookに書いた言葉
から

打ちのめされる前に必要なことが存在する
と私は思っています。

それは、自分で信じてやってきた
日々の努力の積み重ねを
確実な自分の武器として身に着けていることです。

これがないと、打ちのめされても
すぐに忘れるというか、
打ちのめされたことにも
自分でその根拠に気づけないままでいます。

特に若い時には、勢いも伴い、
さらにそんなときは「怖さ」も知らず
イケイケどんどんで前へ突き進み、結果も伴います。

まるで天下を取ったような気分です。

私にもそんな時期がありました。

しかし、それは、いつまでも永遠には続きません。

必ず、「あれっ」が始まりだしますが、
「たまたまだろう」という安易な気持ちの方が押し勝ち
どんどんかけ落ちていることにも
自分で気づけないでいるのです。

しかし、「はっ」と気づく機会が訪れます。

それは、自分がいつも勝っていた競合の相手に
3連敗を喫した時です。

1勝2敗ぐらいが続いているうちは、

まあこんなこともあるだろう。
そのうちまた勝ち越せるようになるだろう。

と、簡単に考えていますが、
この考え方が甘く
間違っているということに気付くのが3連敗なのです。

競合相手だって、
いつまでも私に負け越したままではいられない。
絶対、結果に結び付ける。

と自分の中で決め、
さらなる努力を必ずして進化してします。

一方私は気が緩んで中だるみしていて
努力を目いっぱいしていません。

当然追い越されるのは当たり前の結果なのです。

今日のお題は
「打ちのめされた経験を向上心につなげる」
です。

歳を取るにつれ、
「怖さ」といつもとなり合わせだ。

ということに気づきます。

しかし、この「怖さ」を知ることこそ、
自分の向上につながる。
と私は思っています。

今の私は、変に聞こえるかもしれませんが、
自分の中の「怖さ」と友達になることにしました。

「怖さ」=「上には上がいる」

が私の思考です。

実力が上の方との大体の戦い方は
攻め合いに持ち込もうとします。

しかし、それではその時の実力の差で意外と簡単に負けます。

今の私はこんな時、攻め合いではなくて、
今までためてきた自分の守りの武器で対応します。

守りが鉄壁であれば、
相手が攻め込んできても
すべて正確に受け切れば
そうやすやすと敗北に至りません。

もともと気が短く、
急戦向きの戦いが私向きの戦い型ですが、
そればかりでは勝ち続けることはできません。

多分、永遠に「これだ」という答えは見つからない。
とも思っていますが
私は持久戦の戦い方を社会に出てから
30年間で身に着けようと今もコツコツと努力を積み重ね続けています。

持久戦を制するには、粘り強さだけでなく、
常に冷静に先を読み続ける。
という能力も必要不可欠です。

これにも、訓練が必要です。

攻め合いのようにスリルがなく、
つまらない努力の積み重ねですが、

実はこの訓練がスリルのある戦い方を制する裏付けとなる。

という営業勘が今も信じて続けている私の戦い方の根底にあります。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月22日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2215124771923532

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1984回 小さなことだからと言って簡単にリセットせずに「何ができたか」積み上げて記録に残していくことが大事だ。と思って...!!(2021.02.21.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月21日のテーマは

~できなかったではなく"何ができたか"と考える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002210000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1984日目、私がfacebookに書いた言葉
から

Googleのユーザーファースト

という方針に沿い、

一つのホームページに集中しなければ
「今は力を発揮しない。」
という風に学び、

無料のブログ(GoogleのBloggerでしたが・・・)から
有料のブログのページを購入し、
私は3か月ほどかけて
過去に書いたブログの引っ越しを終えました。

単純作業のようですが、
その中でも微妙に訳のわからない
コンピューター用語を駆使しなければならない作業もあり、
苦痛でいっぱいでした。

もちろん、私の脳も全然喜ばず
イライラが募るばかりです。

今の私は自分の脳を喜ばせるために
動いて生きているようなものですが、
それが得られなすまま、ずっと進行していました。

一方、自分で決めたことは絶対にやり遂げる

が私の性格でもあり、
とにかく何としてでもそこにたどり着くまで
やり遂げました。

やり遂げた瞬間何が起こったのかというと
脳が急に喜び始め、
そこから一つ一つ元に戻り確認し始めました。

「よし、抜けたところはない」と確認できた時、
「できた」と脳がどんどんやる気モードに突入しました。

よく長いトンネルを抜けたとき

というような表現がありますが、まさにそんな感じです。

できるまでは、
「何をやっているのか」
という目的意識も薄れ、
「0」更新が続くという感覚でした。

いつだったのかは忘れてしまいましたが、

「もう駄目だ、限界だ」

と感じてからが、
自分の能力をアップさせるチャンス到来だ
と私は思っています。

しかし、その状態とは、
以外にも、泥沼状態の時です。

泥沼ということもあり、空回りはつきものです。

脳がつかれていて
何度も同じミスを繰り返すこともあります。

それでもできるまでやり遂げるのです。

今日のお題は
「できなかったではなく『何ができたか』と考える」
です。

ブログというぐらいですから、

自分で消さない限り
永遠に記録として残り続けます。

「何ができたか」は
記憶では忘れてしまうということもありますが、
記録となると後で探すこともできます。

私は独り言をネタとして、
1年後にもう一度読み返す時間を
ブログに挙げて作り出しています。

反復することで、どこに何が書いてあったのか

をすぐに探し出せるようになるのです。

小さなことだからと言って
簡単にリセットせずに
「何ができたか」
積み上げて記録に残していくことが大事だ。
と思って私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月21日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2213152838787392

のつでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1983回 他人の意見を参考にし、自分の成果にたいして数字を見て私は判断を下すことに...!!(2021.02.20.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月20日のテーマは

~"自分がどういう人か"を客観的に把握しておく~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002200000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1983日目、私がfacebookに書いた言葉
から

変に聞こえるかもしれませんが、
自分のことを客観的に把握するとき、
私は、他人の評価を参考にします。

参考にするとお書きしたのは、
たまに意地悪されたかのように
まったく当てはまらないこともあるからです。

でも、まずは他人の目に映った自分を素直に受け入れます。

これを意識して行動すると
自分自身では気づかなかったが「当たっている。」
ということが結構あります。

自分のことを客観的に見ようとするとき、
自分に対してどうしても甘えができてしまうと
私は感じています。

特にあいまいな部分では
自分勝手にいい方方向に解釈し、
誤った方向に動いているときもあります。

このことを私は「危ない。」
と感じるのです。

その点、他人の評価は正確です。

もし仮に、嘘の評価を私に口で伝えようとしても
行動やしぐさがそれを許しません。

一連の流れで違和感がある。

と私は感じとってしまいます。

自然体で伝えられるとそこに違和感は存在しません。

だからこそ、私は素直に受け入れることができるのです。

今日のお題は
「『自分がどういう人か』を客観的に把握しておく」
です。

私の弱点は、時間に追われると焦ってしまい、
正確な判断ができなくなることです。

多分、だれしもそういう傾向があるかもしれません。

でも、このことを客観的に把握することができていると

時間に追われてもいいように自分を訓練しておけばいい。

という風に自分で気づきます。

じっくり考えて自分の結論を出す。

という訓練することも大切ですが、

短い時間制限の中で
自分で可能な仕事の量と質を訓練して把握しておく方が
今の時代にはあっていると私は感じています。

短時間で質をよくするには、
質の密度を高める訓練が必要です。

話はズレますが、
私は周りを気にせず、
どこでもすぐに寝ることができる人間だと把握しています。

これと密度を高める訓練は似ている。

と私は感じています。

今の私はすぐに夢中になって仕事に入ることができます。

目的がはっきり決まっていればなおさらです。

それでも気力が続かず、
あと一歩でゾーンが切れだすことがあります。

そんな時、私は細かく目的を設定しなおして
力技を使ってでも

とにかく今日はここまでやると決めたのだから、
疲れていてもただひたすらゴールを目指し
たどり着くまで何とかしてやり遂げます。

そうやって積み重ねていくと、
何度やっても乗り超えることができない
本当の自分だけの限界を知ることができます。

そしてそれが自分の基準の限界だ
と客観的に把握することになります。

これ以上、上に行くには、他人の力が必要だ。

ということに気付くことになるのです。

そして、それは間違いなく数字で表現できます。

何気なくつかっている数字ですが、
自分を客観的に把握するとき、

他人の意見を参考にし、
自分の成果にたいして数字を見て
私は判断を下すことにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月20日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2211379662298043

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1982回 余裕を見つけられる方が生き残っていく。と私は思って自分の行動に取り入れて...!!(2021.02.19.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月19日のテーマは

~"自分が1日にできる仕事量"を把握しているか?~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002190000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1982日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私個人だけの一番の幸せ感は

借金がないことです。

私は社会人になって2か月で父が亡くなり、
いきなり3000万円の借金を背負うことになりました。

元金は2200万円でしたが、
そのころは借りたお金につく利率は高く、
8%台だったと私は記憶しています。

これを15年間で返す計画でしたが13年で完済しました。

今となってはいい思い出ですが、

同時に「もう借金は絶対に背負いたくない。」

が今の私の本音です。

これを実現するには、毎日現金出納帳を付けて
手元にあるお金と比較すると
意味不明なお金の出所を確認でき、
自分で抑止することができます。

なんか毎日書いているこのブログと似ています。

住宅ローンを組んで家を建てる場合、
長期の利率が安定し、なおかつ低い金利で計画するとき、

融資の担当者は、お金の管理がきちんとできているのかどうか

というところに着目して
融資を実行するのかどうかの判断を下すようです。

表現はまずいのかもしれませんが、
今までの私の経験上
いくら高い年収の方でも

お金にだらしない方には
名の通っている金融機関では
融資を実行してくれない。

という傾向です。

電子マネーの方向に今の世の中は進んでいるようですが、

私はお金に対する管理力がない。

と自分のことを認めているので

できるだけクレジットカードを使わず、
デビットカードの機能が付いたカードを用いています。

これだと、現金感覚で使え、残高が少なくなると
お金の補充を自分で確認して補うことができます。

私向きのカードです。

話題がそれっぱなしですが、

今日のお題は
「『自分が1日にできる仕事量』を把握しているか?」
です。

私は協力業者の方に対して工程を組むときに

「いつまでに完成させることができるのか?」

ということをその協力業者ごとに自分の意思で決めてもらいます。

何が起こるのかというと予定の工期よりも
早く、きれいで確実な仕事として早く仕上がることです。

無理はさせませんが、

前の工程の方が出来上がると

私はすぐに次の工程の方に連絡を入れ、
予定の工期よりも早く工事に入ることができますよ。

でも、余裕がなければ初めに決めた工程で現場に入ってください。

とお伝えすると

はいわかりました。

なんて言葉はなかなか帰ってきません。

大体はほかの現場の愚痴が私のところへ飛んできて来ます。

あそこの住宅会社の現場はいつも変更ばかり起きていて、
工程通り進まない。

仕事に遊びができていてありがたいことです。

と私の会社に現場のカギを借りに来ます。

これもまた、私の会社で家を建てるお客様に提供する資金計画表に似ています。

当初の資金計画よりも確実にお金が余ってくるのです。

この歳になると、余裕のある仕事をする方なのか、
それとも、いつも切羽詰まった状態で
余裕のない仕事をいつもしている方なのか

あてられるようになります。

余裕のない仕事をする方は今までの自分人生の中で
大事な何かを身に着けずに飛ばしてきてしまった方です。

以外にも、こんな方は学校の時の成績は優秀な方です。

私の感覚では優秀だったからこそ、
スキが生まれるだと感じるのです。

とにかく期限を守らない方は
いくら頭脳は優秀であっても
信頼を勝ち取ることはできない

が私の経験による感覚です。

逆に不器用でも、
一歩ずつ自分の実力を見極めながら進む方は
自分一日の仕事の量を把握でき、

さらにそこにいつまでもとどまらず
仕事量を増やして進化していける方です。

今の時代は表沙汰になっていませんが、
明らかに自分の持っている能力で差が出る時代です。

そんな状況の中で余裕を見つけられる方が生き残っていく

と私は思って自分の行動に取り入れています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月19日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2209513122484697
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2209679449134731

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1981回 本当は何を私に伝えて解決してほしいのか?を感じ取れるようになるのは実践を積み重ねていくしか...!!(2021.02.18.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月18日のテーマは

~相手の価値観をしっかり認めてからアドバイスをする~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002180000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1981日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、質問を受けるとすぐに反応して答えるタイプです。

その質問されてきた方が納得できるまで
いろいろと角度を変えて私は答えます。

ところが、質問の内容があまりにも抽象的な時は
一呼吸おいてから答えることにしています。

一呼吸置くとは、

相手の方が自分自身で
今の質問はあまりにも抽象的過ぎていて
答えるのが難しいかも...

と気づいてくれることを願っているところがありますが

もう一つは、質問は抽象的であっても
自分自身の答えはすでに出ていて
そのことを確認するために質問してくるケースも含まれています。

こんな時、よく考えずに答えてしまうと痛い目に合うか、
相手の方に無視され続けます。

どうしてかというと、
「お前、俺が求めているのは、何か、よくわかっていないな。」
という雰囲気がビンビンに伝わってきます。

一呼吸置いている間に、
私以外の誰かが反応してくれることもあります。

例えば一年前の勉強会で

お客様が喜んでいる姿が一番うれしい。

という答えの後、

工務の実行予算の組み方が議題になりました。

昨日も書きましたが、
誰一人としてすぐには口を開かず無言の状態になります。

営業さんが決められたルールの下で
契約をとってきているのは確認しています。

しかし、会社のルールに従って
実行予算を組むと会社の目指している利益率には届かない。

なぜだろう?

という言葉が頭の中に飛び交います。

ここで男の私ならば、
開き直って、今回の現場は求められている利益率に達しません。

足りないところは私の給料から差し引いてください。

といった行動に出ますが、

工務の方が女性の場合は
そういうわけにはいきません。

女性の方はまじめすぎる性格で、
自分が誤っている点を探そうとするのです。

でも、そこにたどり着くには、実際は
コストダウンの交渉術が必要となるのです。

これになかなか深く踏み込んでいけないのが
女性の脳だと私は思っています。

女性の世界は男性の世界と違い、
どうしてもという事情で
いったんわかれれば、
そのあとは関係なしにしたいのです。

営業ならば、新しいお客様を探せば済むのですが、
工務の場合は、
また顔を合わせなくてはならない業者の可能性があります。

コストダウンの交渉には、不向きだ

というのが私の感じるところです。

ただし、現場のことに関しては
男性以上に厳しい目で管理し
ダメなところは直してください。

と言い切れます。

こんなところから、
私は実行予算組に対して
男性が思う以上に厳しい

と感じてしまうと私はみています。

さらに、実行予算を組んでいるときは集中力を必要としている。

ということを私は改めて気づかされました。

しかし、電話が鳴れば対応するのは女性の仕事で、
それまで築き上げてきた集中力は一瞬にして失われる。

ということです。

これは、設計しているときに
どうすれば法律や条令破らず
それに付け加え、構造計算も満たして
一番原材料を安く調達できる図面になるのか

にも似ています。

プランを考えるときは周りの状況をあまり気にしませんが、
本設計は別物だと私が思っている点と一緒です。

その時の結論は実行予算組をするときは
個室で集中してできるような場所を作ればいい。

ということに至りました。

今日のお題は
「相手の価値観をしっかり認めてからアドバイスをする」
です。

私は何事もタイミングだと思っています。

タイミングがずれると
どんなにいいアドバイスでも結果につながらず
逆に反発を食らう事態に至る可能性も含まれてきます。

でも、この感覚をつかむのには、かなりの失敗が必要だ

というのも私の経験です。

本当は何を私に伝えて解決してほしいのか?

これを感じ取れるようになるのは
実践を積み重ねていくしかない。

が私の結論で、
実践で成功も失敗も含めた
すべてのことを大事にして私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月18日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2207533922682617

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1980回 過去のデータや今の見た目で物事をすべて決めつけていけませんが、こんなお客様の傾向はこうなる可能性がある。ということは...!!(2021.02.17.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月17日のテーマは

~データや見た目で決めつけてはならない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002170000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1980日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私はデータや見た目は大事にしています。

ただし、そこに初めから自分勝手な思い込みは入れない。

と決めています。

確かに初めて会った瞬間

このお客様は上辺だけしか見ていないな。

と感じとることがあります。

そんな方の大体の行動は
自分が王様のようにふるまいます。

例えば、

もっと豪華な化粧台はつかないの?

とか

エアコンは標準仕様で付くのが当たり前じゃないの?

という具合なのですが、

お金のことは一切触れません。

私にしてみれば、こんなお客様ならば、うちではなくて、
大手ハウスメーカーに行った方がいいんじゃないのか?

と感じるのですが、
やはり、そこには理由が存在するのです。

奥様がそんな感覚の方の場合は

旦那様が
本音のヒントを私に伝えてくださいます。

明らかに私よりも年上で

家づくりで借金はしたくない。

という言葉です。

ここまでは私と感覚が一緒で違っていません。

しかし、もう少し聞きこんでいくと

土地は更地ですでにお持ちになられていて、上下水道も完備されている。

という情報です。

ここで私の持っているデータが働きだします。

こういう場合は、土地にお金をつぎ込みすぎていて
残金で家を購入しようとしているのですが、

自分の家づくりの予算が間に合わなく、
予算に合う住宅会社を探し回っている。

という現象が起こっています。

私も含めて、定期的にお会いしている
勉強会の仲間の工務店の経営者の方でも

最初に土地を買って決めてこられるお客様って決まらないですよね。

という声がよく出るくらいです。

うまくいかない点は、

もともと先祖伝来の土地の権利を自分名義で所有している。

とか

若い時に転勤族でその時に
現金でいったん、自分名義の土地付きの中古住宅を用意されている。

と、いったような
明らかにお金の使い道に余裕のある方ではなくて

最近土地を現金で購入されている。

という点です。

そのことを突っ込んで聞いてみると
無言になります。

無言になる。

ということは当たっている証拠だ。

というのが私の経験です。

今日のお題は
「データや見た目で決めつけてはならない」
です。

それでも、私自身は嫌われてもいい
という覚悟で
そのお客様が希望を失わないように

私は、家づくりかかわる住宅会社に支払うお金ではなくて
家づくりにかかわる現金のすべてを
信頼できる住宅会社の方に伝え、

市役所や税務署等に支払う必要経費を差し引いて

残りで家づくりを計画すると家づくり予算から足が出ず、
借金を背負うことはなくなります。

とお伝えして、営業レターで追客することになります。

でも、こんなタイプの方の場合は、
復活してくる可能性も低いです。

やはり、「自分が王様のようにふるまう」
というプライドの方が勝ってしまった場合は
無理ということです。

そんな時は、私の名刺に書かれている
お客様への誓いの10カ条の最後に

たとえ、当社が選ばれなかったとしても、家づくりが成功するよう
お客様の幸せを心から願わなければならない。

ということを実践するのみです。

過去のデータや今の見た目で
物事をすべて決めつけていけませんが、

こんなお客様の傾向はこうなる可能性がある。

ということは、見逃してはならない。

と私は思って行動しています。

これも、最後に大どんでん返しを食らわない
私流のやり方の一つです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月17日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2205656089537067

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1979回 私の場合は「自分の強さ」=「優しさにつながる」で生きていて...!!(2021.02.16.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月16日のテーマは

~"自分に厳しく、人には優しい"という人になりたい~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

http://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002160000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?

1979日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私が中学生の時の国語の先生の口癖が
「自分に厳しく、人には優しく」で
年賀状にも毎回書かれていました。

私は、「自分に厳しく」とは

自分の意思で自分をコントロールできる人間になる。

ということだと思っています。

大事なのは、そのあとで
その姿が他人にどう映って見えているのかということです。

ここで軽蔑を受けるようなら、
コントロールする方向が違ってずれている。

逆に尊敬できるという印象を与えたなら、
それと同じ感覚の方々が
自然と自分の周りに集まってきてくれる。

というのが私の経験です。

また、私は、去る者は追わず来るものは拒まず

という気持ちで人とお付き合いしています。

ただし、

去ったものが私の元へ返ってきて、受け入れるのは一度だけ

と決めています。

それでも、正直に言うと
以前のように100%信頼することは
よっぽどの積み重ねがない限り
自分の心にブレーキがかかってしまい、
私にはできません。

私の場合、初めの「人には優しく」は
その人の心の中に深くは入っていけないから
優しく接することになってしまうのです。

スタートは「人には優しく」から始まります。

自分が予想していたよりもいい展開を見せたら、
その人を誉め続けます。

しかし、一生褒め続けることはしません。

「本当に自分の後継者となるな」

と感じとったら、今度は厳しく接しだします。

特にケアレスミスを何度も繰り返すときは
私はかなり厳しく接します。

でも、ここに必要な大事な要素が存在します。

お前が真剣に俺についてきてくれる限り、
俺はお前を絶対に見捨てはしない。

という愛情です。

愛情がなければ、ただ上っ面の

「自分にも他人にも厳しい」

になってしまうと私は思ってしまうのです。

今日のお題は
「『自分に厳しく、人には優しい』という人になりたい」
です。

もっと深く突っ込んでいくと
「自分に厳しく、人には優しく」は
ミスは最後、全部自分が引き受ける。

という覚悟とそれに伴う実績が必要です。

「自分にも他人にも厳しい」と感じる方の大多数は、

ミスは最後、全部自分が引き受ける。

という姿勢がかけていて

最後の最後で自分は関係なかったように
逃げるタイプが多いことです。

また、「自分に厳しく、人には優しく」でも、
これをうまく使ってその人を滅びさせることもできる。

という

とても汚い世界の実例も私は目にしてきました。

人をつぶすには、
実力以上の評価を常に与えてほめちぎっておき、
その人間が自分で挽回できないところに達したときに

はしごを外すと

自分の実力ではどうにもならなくなり
その世界から消えて行ってしまうことです。

これは、「自分にも他人にも厳しい」
と比にならないほどの地獄の世界の入り口だ。

と私は感じとり、実力以上の評価は

自分でより吟味して受け取った方がいい。

で私は現在に至っています。

今の私は最後まで愛情を込められないな

と感じとった時点で厳しいようですが、

その方に触れないようにしています。

責任がとれないのに
ちょっとでも人情を与える続けることは
その人の見えないマイナスの力が
どんどん膨れ上がっていくことにつながる。

というのも私の生きてきた中での経験です。

で今の私は

自分に厳しく、
自分で「美しい」と感じる方向に
自分をコントロールできる人間になる。

でやっています。

つまりは、自分が強くなる方向を目指して生きています。

自分で強くなれれば
結果的に人には優しくできる人間なれる。

語弊があるかもしれませんが、

私の場合は

「自分の強さ」=「優しさにつながる」

で生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月16日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2203773016392041

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1978回 攻めではなくて、どんなことにも常に受けて立つことができる営業マンこそ、安定した成績を残せるトップセールスマンだと...!!(2021.02.15.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月15日のテーマは

~"安易に考える"と"プラス思考"似て非なるもの~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002150000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1978日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は「準備」という言葉をよく口にする方がいらっしゃいますが、
大体の方は、安易に考えているように見えます。

「準備」と書けば、漢字2文字で終わりますが
それこそ、奥が深いと私は思っています。

到底、私なんかの頭の中にあることでは
思いつかない場面まで想定しているのです。

例えば一つのヒヤリングに対して
相手の方の答え方によって
枝分かれしていくときの「準備」です。

どちらに転んでも次の話の展開が用意されています。

2、3ぐらい掘り下げるのなら私にもできますが、

内容の掘り下げは二乗で選択肢が増えていきます。

仮に10堀り下げるとすると

2の10乗で1024の答えと
次への展開を「準備」しておかなくてはなりません。

でも、私はこれが「準備」の正体だと思っています。

物凄い仮想現実の量を過去の経験をもとに
自分の頭の中からひねり出し、
全てにおいて答えと次への展開が頭の中に入っていて

空でできる方こそ、

私は「準備」が整っている人だ。

と思っています。

それに付け加えると
そんな方は「準備」という言葉すら口にしません。

それが日常のことで当たり前のことだから

ということもありますが、

「準備」という言葉を言う時間があったら

選択肢を一つだも二つでもひねり出しておいて
増やしておいた方がよい。

という考え方のように私には見えます。

今日のお題は
「『安易に考える』と『プラス思考』似て非なるもの」
です。

「準備」という言葉を頻繁に口にする方は
「準備」ができておらず、
安易の考え方の持ち主が多く、

また、「準備」という言葉が聞こえてこない方は
常に自分の能力のバージョンアップを図っていて
選択肢の対応が増えている方のように私には見えます。

その結果として、プラス思考になれる。

プロと呼ばれる方は質問を投げかけられたら
全てに対してすぐに答えられる正確な答えを持っている方です。

それに対して、新人営業マンは質問されたら、
お客様の納得のいく答えを自分の力だけでは導き出せないから、
機関銃のようなマニュアルトークを発し続けることになる。

初めはしょうがないことですが、
いつまでもそのやり方を続けている限り、
安定受注は見込めません。

相撲でいえば、横綱相撲という表現になりますが、

どんなことを聞かれても気づいた時点で
前もって学んでおいて「準備」を積み重ねておく。

攻めではなくて、どんなことにも常に受けて立つことができる営業マンこそ、
安定した成績を残せるトップセールスマンだと
私は思っており、
私の理想の営業マンです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月15日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2201900313245978

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1977回 たとえその時に自分は選ばれなくても相手の方が成功する道を提供するのが...!!(2021.02.14.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月14日のテーマは

~結果を出す人はお客様の問い合わせを逃さない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002140000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1977日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私には基本的に
「〇〇はうちではできないんです」
というまま終わることはありません。

でも、実際にほぼこれに近いケースも出て来ます。

よく、ホームページのお問い合わせから入ってこられる方で、
どう頑張ってみても
建築予定地が施行エリア外の地域からのお問い合わせが
たまに入ることがあります。

もちろん施行可能な地域はホームページに示してあります。

ちょっとでも交流があって知っている工務店もその地域ではありません。

こんな時は、ものすごく丁寧な言葉づかいで
お断りせざるを得ません。

最近のホームページからのお問い合わせは
私のところにやってきた時点で
かなり絞り込んでやってきているのか、
それ以上にもう私のところに決めてきてくださる方がほとんどです。

電話連絡をしてお断りするとき、
電話の向こう側から
かなり落胆しているな
という雰囲気がもろに伝わってきます。

でも、こんな時はきっぱりと
自分のことを伝え
かえって変な期待を持たせたままでは
失礼に当たる。

という風に私は思っています。

これは、何から学んだのかというと

ハウスメーカー時代にお客様に断られるときに似ている。

と私は感じています。

本当は私に頼む気がないのに、
情報だけを思いっきり引っ張り出され
最後に「ありがと」という短い言葉だけで
断られた経験もあります。

一方、これ以上のお付き合いは私に迷惑になるから

と、きっぱりとお断りしてくださる方もいらっしゃいます。

どちらの方が「美しい」と私が感じるのかといえば、
やはり変な期待を持たせたままを引きづらない
きっぱりとお断りしてくださる方です。

今日のお題は
「結果を出す人はお客様の問い合わせを逃さない」
です。

私はどんな場面でも何かを聞かれたら、
全部受け止めて
全力で相手の方が喜んでくださるように動きます。

私の中には、たとえ途中でいろいろあって気まずくなっても
最後にハッピーエンドで終われば、全て良し。

と判断して行動する癖があります。

たとえその時に自分は選ばれなくても

相手の方が成功する道を提供する。

これが人の道だと私は思っています。

たとえ裏切られても、
人を信じて行動することに私は決めて行動しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月14日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2199877216781621

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1976回 確かに「ダメなことは絶対にダメ」と伝えなければならないこともありますが...!!(2021.02.13.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月13日のテーマは

~Aさんが娘から言われてきづいた大切なこと~
でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002130000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1976日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私がセミナーで人の話を聞くのは好きですが、
自分で話すのが嫌いな理由は
この「違うよ。誰も興味を持っていないからだよ」
の雰囲気が続く可能性があるからです。

私のアンテナの精度がかなり敏感で

一人でもそういう方がいるな。

と感じとったら、テンションは下がるばかりで
心が折れそうになりその場から消えたくなります。

自分の精神を鍛えるうえではいいかもしれませんが、
本音は絶対にそんな状況の中ではやりたくない。

と思っています。

一方私は個人面談は大好きです。

一対一でやっていると私の伝えたいことも伝えていますが、
相手の方もまた、疑問等を感じたら、適時に反応が返ってくる点です。

このキャッチボールみたいな状況は
私のテンションが上がり、

いい感じのオーラが出ているな。

と、自分で感じていて
大体は超ご機嫌モード突入しています。

私が「いいな」と感じる状態は
私の伝えたい内容がキッカケとなり、
それ以上の反響が相手の方の意思で発せられ
私に返ってくる状態です。

今日のお題は
「Aさんが娘から言われてきづいた大切なこと」
です。

私が育ってきた環境は

上の立場の方に管理され、
大体、トップダウンで押さえつけられるやり方でした。

でも、私はこれが嫌いでした。

自分の持っている力を十分に発揮できず、
制御されている。

と感じていたからです。

それよりも、自由に自分の意思で動かしてもらいたいな。

といつも思っていました。

もちろん、「自由」と相対する言葉は
「責任」です。

私の「責任」とは、すべてを含めた「結果」で示す。

ということです。

もちろん、そこには、「数字」が必ず存在します。

「数字」で「結果」を示せない「自由」は私の場合は「論外」です。

しかし、絶対に押さえつけられたくない。

それよりだったら、尊敬されるような人間となり
背中を負わせた方がいい。

が私の考え方です。

営業でも大工でも見習いの時に
私がたまたま出会った師匠の方々の口数は少なかったです。

でも、私の目の前で「結果」を残し続けるやり方で示され、

「これだ」と私の感情が反応し

必死になって私はその背中を追ったものです。

確かに

ダメなことは絶対にダメ

と伝えなければならないこともあります。

でも、「自由」を与えて「責任」を持たせた方が
人はいい方向に大きく育つ。

これが真の世の中の流れだ。

と私は思って生きています。

それでは、また明日。

https://www.ahouse.co.jp/

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月13日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2197674257001917
https://www.facebook.com/taeko.tazawa.77/posts/2525250114365472
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2197963260306350
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2197980623637947
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2198007356968607&set=a.1023123091123712&type=3&theater
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2198168186952524

の6つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1975回 自分が息を引き取る瞬間に私は果たしてどうなっているのか?とても興味をいだいて...!!(2021.02.12.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月12日のテーマは

~ディープヒアリング+自己開示が大切~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002120000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1975日目、私がfacebookに書いた言葉
から

話の流れで

「Aさんはどうですか?」

と質問した。

ここが私のポイントです。

というのも必ずこう聞かれることをあらかじめ予測していて
私の場合は「ディープヒアリング」の前に
必ず「自己開示」が先に来ます。

これに敏感なのは、女性の方です。

私は、信頼関係が構築できている女性の知り合いから

会話の途中で自分のことを話さない女性の方が
席を立った瞬間に

あの人、私たちの話は引き出すのに、自分のことは話さないわね。

という言葉をよく耳にします。

男性ならば、そういうこともあるのかな。

と思うところもあるのですが、

特に女性同士の場合、
女性の方はそれが成り立たない。

どころではなくて、

とてつもない壁を作られて、
「もうお付き合いしなくてもいい。」
まで、すぐに行ってしまうのです。

懇親会の席であれば、
それでもいいかもかもしれませんが、

もし、家づくり計画の商談を続けるような関係の奥様であったら、
そう感じられた瞬間に一発でアウトです。

だから、これは今、引き出しておきたい。

と感じる前に私の場合は
必ず「自己開示」が先に来に来ているのです。

今日のお題は
「ディープヒアリング+自己開示が大切」
です。

「信頼関係をお互いに構築する」とは、

片方だけが有利な状態を保とうと思っている限り、

「無理だ」というのが私の感覚です。

「ディープヒアリング」に行きたければ、
その内容と同等以上の「自己開示」をまず差し出す必要がある。

と思って私は行動を起こすことにしています。

そして、ここにその人間の「本音」
という器が見え隠れします。

トップセールスマンの見た目は
派手で華やかなように見えます。

しかし、失敗して断られた経験は誰にも話しませんが、
桁違い以上の数字です。

この経験が人間の「本音」という器を大きくしている。

と私は感じています。

この人間の「本音」という器の魅力が大きい方に
小さい方は必ず一度は飲み込まれます。

話は変わりますが、
一年前の昨日、野村克也さんがお亡くなりになられました。

私にとっては、かなりショックでした。

ご冥福をお祈りいたし

野村克也さんの数ある名言の中で

「『失敗』と書いて『せいちょう』と読む」

「成功したかどうかは、まだこれから......。息を引き取る瞬間に、決まるんや」

という2つの名言が私の中に強く残っています。

ディープヒアリングをして契約に結び付けたいと思うのであれば、
自己開示をして失敗を積み重ねることから始める。

これで不器用な私は今も生きています。

自分との勝負の世界もまた
下駄をはくまでわからない。

とも私は思っています。

一度私は病気によりどう考えても「万事休す」と思い、
死を覚悟した経験を持っています。

でも運よく今を生きています。

変に聞こえるかもしれませんが、

自分が息を引き取る瞬間に
私は果たしてどうなっているのか?

とても興味をいだいて今現在を私は生き続けています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月12日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2195494717219871
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2195836773852332
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2524452157778601&set=a.1475537992670028&type=3&theater
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2196404093795600

の4つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1974回 無形の力のいいところはゴールがうっすらと見えていても永遠にたどり着かないこと。でも...!!(2021.02.11.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月11日のテーマは

~幸せのバラドックをモチベーションアップに利用する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002110000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1974日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の「幸せのパラドックス」は、

お客様が無邪気に喜んでいる姿が自然に目に入ってくること。

これは、私にとっては、
表現は適切ではないかもしれませんが、
麻薬みたいなものです。

しかし、麻薬と違うのは、
自分の人生にとって
好循環にもっていく流れにつながります。

でも、以前はモノを楽しみにしていました。

例えば、いくらためて、車を買う。

というものです。

でも、これは、達成した瞬間は
喜びがちょっと続きますが、
乗用車を所有する目的の主な使い道は移動手段と気づくと、

もっと安くていい車でよかった。

あるいは、

燃費がいい車のほうがよかった。

と実際の心の中ではささやき始めるのです。

間違いなく、この流れは、悪循環の始まりです。

そんなわけで、
今はもう乗用車にはお金をかけることをやめました。

お金をかける車は仕事に直結する
トラックやバン
と呼ばれていて
大量に荷物を運ぶことができる車です。

ちなみに所有しているトラックは
小型者に分類されてはいるものの
3t車かつ4WDで今みたいな冬道でも安心な車です。

コンパクトで小回りが利く力持ちは
私好みで一番感謝しメンテナンスも意識し
大事に使っている車です。

今日のお題は
「幸せのバラドックをモチベーションアップに利用する」
です。

でも、お客様が無邪気に喜んでいる姿には
到底かないません。

私の「幸せのバラドック」は
間違いなく形のあるモノではありません。

無形です。

一見すると、見えないものにお金を使うことほど馬鹿らしいことはない。

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

それは個々の価値観であり、否定するつもりはありません。

しかし私は見えないものに投資することが
一番自分をワクワクした世界に連れて行ってくれます。

失敗もありますが、今は学んでその傾向もつかめました。

無形の力のいいところは
ゴールがうっすらと見えていても
永遠にたどり着かないことです。

でも、どうにかしてゴールにたどり着こうとするから、
自分の人生が楽しくなり、
モチベーションが上がり続けたままで入れる。

これが私の「幸せのバラドック」です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月11日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2193416760761000
https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2193465567422786
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2193647060737970
https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2193729117396431
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2193811264054883
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2193892264046783
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2194211527348190
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2194367817332561

の8つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお 客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1973回 基本的な移動時間の使い方は自分の気力や体力の疲れを回復させる充電時間に使うというのが私流の...!!(2021.02.10.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月10日のテーマは

~ストレス状態で仕事をしてもいいものはできない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は


https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002100000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1973日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合、基本的には、移動中に仕事はしません。

夜でなければ
乗り物の移動によって目まぐるしく変わる外の流れる風景を楽しむ

というのが私の至福の時でもあります。

因みに緑色が好きな私が最も好む風景は5~6月の新緑の季節です。

最近は、新幹線の高速化に伴い
どこに行くのにもだいたい移動時間は3~4時間で目的地にたどり着けます。

どうしてもというときは秋田新幹線を使って目的地に行きますが、

私は時間に余裕があるならば、
山形新幹線を使い、5~6時間でその緑の流れる風景を楽しんでいます。

山形新幹線を使うと福島駅まではミニ新幹線ということもあり、
平均時速130キロぐらいでゆっくり進行します。

緑の風景に飽きたら、自分の好きなことをします。

自分の好きなことというのが私の味噌で、
その中には仕事も含まれます。

というか、私の思考回路はすべて仕事につながっている。
というのが私の人生観です。

移動中で仕事と呼べるものでよくやるのが
このブログを書くという作業です。

この前もお書きしましたが、
大体は乗り物に乗る前に仕上げるのですが、

出発時間が5時台ということもまれにあります。

そんなまれのときだけブログを乗り物の中で書きます。

でも、すぐに夢中になって私はブログを書いているので、
よこから声をかけられても、すぐには気づかず、
良く、「これ落ちましたよ」と落とし物を拾ってもらい
「ありがとうございます。」とお礼をお返しすることがあります。

今日のお題は
「ストレス状態で仕事をしてもいいものはできない」
です。

私の場合、「まわりに負けずに仕事を続けた方がいい」

という感覚はありません。

あるとすれば「まわりに負けずに溶け込んで仕事を続ける」

という感覚です。

「そういう日じゃない、と諦めて違うことをします」

は私と近い感覚ですが、

違うことというのも私の場合は仕事につながることです。

「ストレス状態で仕事をしてもいいものはできない」

は確かに納得できます。

でも、逆に

ストレスを感じないような状態を作くれば、
好きなことをやれる

という風にも解釈できます。

私の場合、
「となりの子供うるさいなぁ」と感じたら、

「多分、私にもそういう時期があったのだろうな」

と自然に思い浮かべます。

でも、「どうしてうるさくしているのかな?」

ということに私は興味がわきます。

これも好きなことに含まれますが、

人間の行動の原理を探る

というように私は思っていて
営業活動にもつなげています。

私は「ストレスは自分で勝手にかけているものだ」

と思っています。

そうすると

「ストレスがかからない思考回路を自分で築き上げればいい」

が私の法則です。

私の場合、基本的な移動時間の使い方は

自分の気力や体力の疲れを回復させる充電時間に使う

というのが私流の移動時間の使い方です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月10日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2192276927541650

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1972回 変な営業テクニックを数多く覚えるよりも時間はかかってもいいから一歩ずつ自分自身を磨くことを最優先した方がいい。というのが...!!(2021.02.09.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月9日のテーマは

~お客様の「理解してもらいたい」という欲求を満たす~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002090000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1972日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「確認」の先にあるもの

を私は大事にしています。

私が新人営業マンのころで
実力が不足していた時、

次回アポでお客様にお会いすると

「やっぱりできませんでした。」

と前置きし、言い訳を並べていました。

お客様にしてみれば聞きたくないことばかりです。

お客様は、自分の意向を「確認」してもらったからには、
「実現」する方向に進まなくては意味がなく、
そこに期待感を込めて、私の次回アポにお客様は応じてくれる。

というのが私の営業経験から得た私の教訓です。

話は変わりますが、

秋田県の景気が良く、
建坪が大きい家が流行っていたころは
洗面室と脱衣室が分かれて間取りに組み込まれていました。

なんだかんだといっても
私がこの世に生まれてからこの歳まで
間違いなく、緩やかな右肩上がりで物価は上昇しています。

しかし、収入の方はバブル経済がはじけてから
平均年収は横ばい状態です。

建物の予算は変わらず、
年々建坪が小さくなる傾向にあります。

どこに反映されるのかというと
洗面室と脱衣室が一緒になり、
洗面脱衣室が当たり前というのもその一つです。

こんな状況化の中で
たまたまかもしれませんが、

脱衣室は半分になってもいいから
洗面室までとはいかなくても
廊下の一部でもいいのでトイレの近くに
洗面コーナーを設けることは可能ですか?

という要望があり、
注文住宅の自由設計の間取りで売っている私は
2組のお客様に対応しました。

もちろん、追加工事費無しでの対応です。

「私たちの話をよく理解してくれる」

の最終形はお客様の目の前に現れなければ意味がありません。

しかし、どちらのお客様もそのことを満たしたうえで
耐震等級3の認定書を公的機関からいただく
という条件付きです。

もちろん、こちらも家づくりの予算の範囲内で形にしました。

今日のお題は
「お客様の『理解してもらいたい』という欲求を満たす」
です。

私は、「絵に描いた餅」ではいけない。

という風にいつも、自分自身に言い聞かせています。

「お客様の『理解してもらいたい』という欲求」

の本音は間違いなく「花より団子」で
わざわざ、お店に入ってメニュー表を見ただけで
心から大満足して家に帰る方を私は知りません。

生意気な口調で冒頭に

「確認」の先にあるもの

という表現をお使いしました。

私はそれが「安心」で、

さらにその「安心」はどこから来るのか

というと

「お客様の『理解してもらいたい』という欲求」を

お客様の家づくり予算の範囲内で形にすることだ。

と私は観じて生きてきました。

何事も形で見えなければ意味がありません。

人間は見えないものに関しては
いつまでも不安を抱く傾向にありますが、

形になって目の前に現れた瞬間に「安心」に代わります。

家づくりとは、その典型的な産業です。

だから変な営業テクニックを数多く覚えるよりも
時間はかかってもいいから
一歩ずつ自分自身を磨くことを最優先した方がいい。

というのが私の考え方で

この作業が自分の信頼度を上げることにつながる。

というのも私の教訓です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月9日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2190435744392435

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1971回 そのタイミングがきた。と自分で感じとったら、私はまた、「ヒアリング4ステップ」の基本に戻って対応することに...!!(2021.02.08.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月8日のテーマは

~"ヒアリング4ステップ"を意識しながら聞き取る~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002080000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1971日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「ヒアリング4ステップ」の基本を私なりにおさらいしてみると

1ステップは「これから質問させて頂いてもよろしいでしょうか?」
と伝え、お客様から承諾を得ること。

2ステップ目は、自分の今まで営業経験から得た質問内容を
リストにまとめておく。

多分これは、バージョンアップしてどんどん増える傾向にあります。

量も増えますが、
そのことを面倒くさがらずに対応して積み上げていくことが大事だ。

という風に私は感じとりました。

3ステップ目は2ステップ目から得た情報で

「それは〇〇ということでしょうか?」

とお客様に確認を取りながら、トークを展開し、

自分の感性で「ここだ。」

と感じたことに対しては、どんどん深堀りしていくことが大事。

もし、自分の感性の方向が本音で当たっていたとすれば、
お客様も話にどんどん乗ってこられ、
私自身の信用度が増していく。

という風にとらえました。

4ステップ目は、今日の商談の内容をまとめて確認すること。

私の場合だと、カーボン用紙を便箋と便箋の間に挟んで
複写していて、複写便箋として箇条書きにメモを残しているので
それを順番に見ながらの確認行為となります。

もちろん、これをしている最中でも

「新たにこれも...」という具合に増えてくることはよくあります。

でも、これがお客様の本音を引き出す
ということだ。

私とは思って接客活動をしています。

「新たにこれも...」が増えだしたら、
信用から信頼に移行し始めている。

という風に私は判断しています。

今日のお題は
[『ヒアリング4ステップ』を意識しながら聞き取る]
です。

商談していると
この「ヒアリング4ステップを知っていても
お客様の感情が高まり、

このステップ通りいかなくなることも
私の場合にはあります。

そんな時は、自分の中にある知識から、
アドリブでどんどん対応しますが、
高ぶった感情はいつか静まるものです。

そのタイミングがきた。

と自分で感じとったら、
私はまた、「ヒアリング4ステップ」の基本に戻って
対応することにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月8日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2188799677889375

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1970回 大事なことは一棟ごとにその時に出会った個々のお客様の信頼をえて契約数を積み重ねていくことで...!!(2021.02.07日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月7日のテーマは

~「何がブレーキになっているのか?」をリストアップする~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002070000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1970日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は車に乗っているときにラジオを聴きながら、
自分で運転したり、誰かの車に同乗するのが好みです。

どうもラジオの内容が大体は聞き流していける内容で
テレビのように、くぎ付けになることはないからで
道路上ではとても安全運転に適している。

と私は感じています。

因みに、ラジオのチャンネルも
地元のローカルな民放のAMかFMで
特に凝ったところはありません。

今日の菊原さんのブログで

人生について
「車の運転をしているようなもの」

という文章が自分の中で勝手に入ってきてしまい、
そのことから連想してしまったことを書きます。

車を運転していて絶対にやってはいけないことは
交通事故を起こすということです。

あるいは、交通事故に巻き込まれないことです。

とは、いうものの、今の雪の季節のようになり、
アイスバーンが影響して
私も車同士の交通事故を起こしたり、

信号無視で横から飛びこんできた車に横転させられ、
新車を買って乗っていたのですが、
一瞬間で廃車に行きになった経験も持っています。

その時、私はすぐに通院となりました。

同乗していた母親は一度何事もなく、家に帰りましたが
バイ菌が足に化膿してのちに回って歩けなくなり、
入院することになりました。

しかし、仕事のこともあり、無理やり3週間で
主治医さんにお願いして退院させてもらったました。

主治医の先生が、
「もらった人身事故で、できる限り、早く退院させてくれ。」

と言われたのは初めての経験だ

と笑っていたのが対応してくれたのが印象に残っています。

このような経験をし、その時に対応してくれた
警察官の方から、言われた言葉にも
印象に残る言葉があります。

いくら交通ルールを守っていても、
事故を起こしたら何もならない。
交通ルールは事故を起こさないことが目的で存在する。

という言葉です。

私はとてもシックリ自分の中に入ってきました。

ちょっと反論するようで申し訳ございませんが、

「アクセルを踏みながら同時にブレーキを踏む」

とは、目的をはき違えていないのか?

ということです。

例えば、営業マンの仕事は地道かもしれませんが
一棟ごとにその時に出会った個々のお客様の信頼をえて
契約数を積み重ねていくことだ。

と私は思っています。

また、脱線します。

今の雪の季節は大きなスキー場の駐車場でかなりの余裕があると
アクセルを踏みながら、サイドブレーキを引き、
車を回転させて遊んだ経験が私にはあります。

特にFRの車は面白いくらい、クルクル回りました。

アクセルとブレーキを同時に使用するとこうなる。

というを、私は身体をもって経験しました。

若気の至りとして今の私は処理しています。

今日のお題は
「何がブレーキになっているのか?」をリストアップする
です。

ぶっ飛んだ考え方かもしれませんが、

私は、アクセルとブレーキを同時にふんでもいい。

と思っています。

ただし、大事なことは

一棟ごとにその時に出会った個々のお客様の信頼をえて
契約数を積み重ねていくことです。

この目的を達成するには、違法行為はだめですが、

初めは何でもありだ。

と私は思って新人営業マン時代に取り組みました。

その一つが手紙を自分で書いて相手の方に送る。

ということです。

最近は、
年も取ったせいなのか、どうも字が乱雑になり、

いい言葉でいうと「達筆」という表現になりますが、

「これではいけない。」

と、自分で思い、
特に一文字目を丁寧に書くことにしています。

それに今のスピード時代の流れを考慮すると
手紙よりもはがきを定期的にこまめに送った方がいい。
と私は感じて実行しています。

でも、目的を見失ったら、間違いなくアウトです。

逆に目的はどんどん高めていって奇抜になってもいい。

と私は思っています。

やはり、大事なことは
一棟ごとにその時に出会った個々のお客様の信頼をえて
契約数を積み重ねていくことです。

ここをはき違えないようにして
私は自分の行動を試行錯誤して
実践で試し続けています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月7日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2186624978106845

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1969回 ここまでたどり着くのには常に人の3倍以上の継続した見えない努力が不可欠だ。と思って...!!(2021.02.06.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月6日のテーマは

~行き過ぎた完ぺき主義がスビードを奪う~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002060000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1969日目、私がfacebookに書いた言葉
から

今日のブログは、矛盾した内容に聞こえてしまうかもしれません。

と前置きしておきます。

私は仕事に対しては、完ぺき主義で
自分に対して妥協は許しません。

思いつくことはすべて取り入れてやる。

これがお金をいただく、プロの仕事だと自分で思っているからです。

ところがです。

その時は、「完璧だ」と確認しながら仕事をしていますが、
後で振り返ってみると
100点満点ではないのです。

必ず、改善する点や修正するところが出てきます。

でも、これでいい。
と私は思って仕事をしています。

この話をすると勘違いが起こるかもしれませんが、

今も協力業者として、
お世話になっている私の大工の師匠は

1つの100点の仕事を目指すよりも
80点の仕事を3つ並べた方がいい。

という表現を私が弟子時代に聞いたことがあります。

私の師匠は寡黙な方で、口数は多くありません。

仕事は、口ではなくて、「仕上げた仕事の後で示すもの」
というポリシーで生きてきているからです。

私が今までお付き合いをしてきた
大工さんの傾向で気づいたことがあります。

もちろん、自分が大工見習として学んだ師匠から一人前と認められて
独り立ちしていることは事実ですが、
皆それぞれの色を持ち、
大工仕事の完成した後にも腕のばらつきが必ず見えます。

私は好きなタイプではありませんが、
口数の多い大工さんも見てきました。

こんな大工さんに限って口にすることは
1つの100点の仕事を目指す。

ということです。

ところがです。腕はいいかもしれませんが、
仕事はものすごく遅いのです。

請け負った金額から足が出るようなスピードです。

芸術家なら許されるのかもしれませんが、
「お金をいただく職業としてはどうかな?」
と疑問符が付きます。

一方
私の師匠は口では80点を並べるといっていますが、
仕事の仕上がりの精度も高く、
結果として倍以上の成果を上げ
クレームもなく、どこの工務店からもまた指名の声がかかります。

大工としてレベルの低く感じる人間は100点を目指し、
何事もなかったかのようにできる人間は80点を3つ並べる。

という風に私には見えています。

今日のお題は
「行き過ぎた完ぺき主義がスビードを奪う」
です。

昔と違って
今は仕事の精度も求められますが、
完成までのスピードも求められる時代に突入した。

と私は感じています。

自分ではそういう意味を込めて
自身のレベルアップを図っています。

見た目にも頑張っている姿が伝わる仕事への姿勢は
見習いの時期で終わりにし、

無口で、何事もなかったかのように
さりげなく、2倍以上の仕事をやってのける方に

「美しい」という魅力を私は感じてしまうのです。

ただし、ここまでたどり着くのには
常に人の3倍以上の継続した見えない努力が不可欠だ。

と思って私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月6日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2184597898309553

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1968回 「働き方改革」の本質とは、「自己をコントロール可能な人間となり、結果で示す。」これが当たり前で...!!(2021.02.05.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月5日のテーマは

~「ざっくり1時間」ではなく1分が60ピースと考える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002050000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1968日目、私がfacebookに書いた言葉
から

時間を制限する「働き方改革」の本質とは
かなり大変な制度になる。

と、始まる前から私は感じていました。

私の昔話をしても「働き方改革」の本質は変わりませんが、

私が大工あるいは営業マンとして修行していた弟子時代のとき
直属の上司の方から、課せられたノルマをこなして結果を出し、
初めて私への評価が下されました。

そして、その時、必ず、付属してくるのが
「○○までに仕上げておけよ」
という期限がつくことです。

何事も、未知の世界のスタートは
自分の頭でいろいろと想定して考えながらノルマをこなしていくので、
どうしても期限ギリギリまで時間を費やして仕事を仕上げていました。

それに仕上げた仕事の精度に対しても、
とても100点を付けられるような内容ではありません。

ただし、この時、私が重要視したことは、「期限だけは絶対守る」
ということに徹したことです。

「たとえ、内容が良くても期限を守れなければ無意味。」
という風に自分で決めました。

それに課せられたノウハウも繰り返しているうちに
どんどん早く仕事を仕上げられるだけではなくて、
精度もどんどん良くなりました。

いい仕事内容で、時間も早いとなると、
いつも冷静さを装っている直属の上司の顔も

「微笑みを隠さずにはいられない」

というのが私に伝わってきました。

「上司が喜んでいる。もっと頑張ろう。」

という気持ちが湧いてきたものです。

でも、そこでとどまることはなく
ドンドン道は険しくなり、
更なるスピードと精度が求められます。

しかし、その裏返しは

「私への信頼度も上がっていることだな。」

と私は勝手に思って
自分のモチベーションを上げていきました。

今日のお題は
「『ざっくり1時間』ではなく1分が60ピースと考える」
です。

師弟制度が崩壊してきている現在、
いきなり社会人になり、普通の給料をいただくとなると
かなりのプレッシャーがかかります。

時間を制限する「働き方改革」の本質は
会社から普通の給料をいただいている以上
「言い訳」という甘えは一切許されず

必ず、その給料に見合う結果が求められるのが当たり前だからです。

修行時代がなく、いきなり結果を求められるので
実績のキャリアが必要となり

「大変だ。逆に今までよりもきつくなったな。」

と現役で仕事をしている私は感じるのです。

でも、私はまだ、抜け道があるように感じるのです。

確かに、就業時間の後ろは決まっていますが、
スタートは決まっていません。

悪い言葉だとフライングですが、早く寝て、早く起きて、
自分の意思でスタート時間を決められる自由があります。

一つ、違うことは、仕事の調子に乗ってきたからといって
「もっと、もっと」と時間を後ろへ引き延ばすことができない点です。

数時間早起きして自分の時間を作るときに
分単位で細かく時間制限を自分で決めていくと

仕事をこなしていくうえで
以外にも、自分で決めた時間は
無意識で守れるようになる。

というのが私の経験です。

他業種でも安定した成績を残せるトップセールスマンは
「時間配分と時間コントロールが実に上手だ」
という風にいつも感心させられ、私は見習うようにしています。


「働き方改革」の本質とは、
「自己をコントロール可能な人間となり、結果で示す。」

これが当たり前で
その世の中の変化に文句を言っている時間はなく、
自分を合わせていくしかない。

という風に私は思っていて
特に2020年代からそう生きていくことに決めています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月5日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2182754181827258

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

2021-02-04 11:55:00

第1967回 自分を間に合わせる訓練もしておく必要がある。というのも私流の「まさか」に対応する訓練の一つで...!!(2021.02.04.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月4日のテーマは

~時間的に追い込まれると実力の半分も発揮できなくなる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002040000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1967日目、私がfacebookに書いた言葉
から

以前は、期限に追い込まれてから、仕事をしていました。

いわゆる小学生の時の夏休みの宿題と同じです。

しかし、今は、できる限り、仕事は前倒して仕上げておきます。

私の場合の前倒しで仕事を仕上げておくといい点は

一度別の仕事に行った頭の中を
期限前にもう一度確認し、
見直しがきくということです。

プランの提出なんかは、私の場合、典型的な例です。

それに先ほども触れましたが、

フレッシュな気持ちで「別の仕事にも行ける。」

ということです。

しかし、私の場合は、あえて自分自身を
時間的に追い込んで仕事をするときもあります。

例えば、菊原さんのブログを読んで毎日書く独り言です。

通常は1時間ほど時間をかけて書き上げていますが、

出張の時などは、電車の発車時刻も関係して
30分以内で書き上げなければならない時もあります。

しかし、こんな時でも、私の意識の中にあることは
「手を抜かない」という意思です。

30分でも原稿用紙一枚分の400字は書けます。

一番肝心なのは、内容なのですが、
以外にも、「いいね」が増えるときがあるのです。

甘えて申し訳ございませんが、
誤字脱字は勘弁してもらい、

「なんで、反応がいいのだろう?」

と自分がそのときに書いた独り言を読み返してみると、

確かに文章は粗削りですが、
内容は核心をついていることが多いのです。

この核心の内容に反応して「いいね」が増えているのだな。

と自分では分析しています。

今日のお題は
「時間的に追い込まれると実力の半分も発揮できなくなる」
です。

基本形は私も「前倒しで仕事を片付ける癖」
が今は身についています。

しかし、時には、ギリギリの制限時間の中で仕事を完成させ

その結果が満足なのかどうか?

確認してみるケースがあってもいい。

と私は思っています。

時間との戦いの中で結果を出す訓練も必要だ。

と私は思って実行するときがあります。

なぜこんな状況で訓練するのか?

というと、お客様との商談で
思わぬ「まさか」の展開になるときがあります。

準備してきた資料はもう全然、役に立ちません。

その時の武器は自分の頭の中にあることだけで
勝負しなければなりません。

正直、かなり焦り、一気に血圧が上昇するのが
自分でもよくわかりますが

こんな時でも、手抜きは許されません。

全力で戦うのみです。

私はこの状況と似ている状態で
「時間制限」という縛りを設けて
自分で訓練するときがあるのです。

電車の発車時刻は私に合わせてくれません。

時刻表で決められている出発時間通り間違いなく出発します。

それに自分を間に合わせる訓練もしておく必要がある。

というのも私流の「まさか」に対応する訓練の一つです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月4日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2180997738669569

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1966回 「これで接して、ダメなら、しょうがないな」という覚悟も私は決めて...!!(2021.02.03.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月3日のテーマは

~「横柄な態度を取った方がいい」には前提がある~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002030000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1966日目、私がfacebookに書いた言葉
から

今の私は、
ヘコヘコした態度も取りませんが、
横柄な態度も取りません。

理由は簡単で、どちらの態度も
「美しくない」と私自身が感じているからです。

私は、自分で「いいな」と感じている
「自然体」で接することが
一番「美しい」接し方だと思っています。

しかし、人間だから、AIのように無感情ではいられません。

必ず、「喜怒哀楽」が私の感情の中に出現します。

特に相手の方の言動から「怒」の感情を感じた時です。

こんな時こそ、「怒」に「怒」で
相手の方に返してはいいことがありません。

それに、「怒」の状態とは、
一番感情が乱れているときでもあり
冷静さを失っているときです。

会話の途中でこんな状態になったら、
私は、過去の自分の実体験を
事細かにお伝えすることにしています。

すぐには、相手の方も納得しませんので
質問攻めにあうこともありますが、

それでも自分の実体験なので、
どんなことを質問されてもお答えすることができます。

こうして対応していくと、
「怒」の感情は徐々に収まってきて、
冷静な判断を下してくれるようになります。

また、

「ダメダメ、あんた。こんなの買ったら、首をくくることになる」

というような言い方もしません。

私の場合は

「こちらの方を選択するとこういう可能性が出てきますが、それでもよろしいですか?」
「具体的な数字で示すと○○という数字になります。」

という具合で、数字に変換して伝え、
どれを選択するのかは
あくまでも、相手の方に決めてもらうというやり方です。

今日のお題は
「『横柄な態度を取った方がいい』には前提がある」
です。

私の意見を書くと、どんな時でも、横柄な態度はとりません。

私の場合は、どんな場合でも「真摯」や「謙虚」な態度で
誰に対しても接することにしています。

「これで接して、ダメなら、しょうがないな」

という覚悟も私は決めて誰にでも接しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月3日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2179110865524923

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1965回 いざ、自分自身がその状況に追い込まれるとそんな心境ではいられなくなる。というのが人間の本質で...!!(2021.02.02.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月2日のテーマは

~トップ営業マンは"勝つ前提"で行動している~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002020000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1965日目、私がfacebookに書いた言葉
から

今の私は、「負け」しか頭に浮かばない勝負には、挑みません。

でも、それであきらめてしまったら、
契約に結び付かないことも十分知っています。

「負け」しか頭に浮かばない勝負の時、

私のとる行動とは

1%でもいいから勝つ可能性を
自分の頭からひねり出して
そこに勝負をかけます。

周りから見れば単なるバカの思い込みに見えるのかもしれません。

しかし、当の私は、確かにそれもありますが、
それだけではありません。

バカな思い込みこそ、
自分で信じてやって来た道のりだからです。

いわゆる「信念」なのですが、

どんなに劣勢に立たされていても
私は「信念」からあふれ出るすべての行動で
勝負に挑むのです。

こんなモードの時は、
「負け」なんてイメージは少しも湧きません。

すべて「勝つ」イメージだけで
私は支配されています。

今日のお題は
「トップ営業マンは『勝つ前提』で行動している」
です。

挨拶文で「ブービー賞」のことを話題にしましたが、
これが私の原点の行動です。

常時トップ3に入る
なんて欲は私にはありません。

しかし、ビリだけにはなりたくないと思って
私は生きています。

なぜなら、ビリは

弱気の自分の心がそのまま全面に出たままで
何事もあきらめてしまっている情けない自分

と自分では解釈しています。

でも、世の中には、いろいろな流れがあり、
いきなり、トップ3の誰かの成績が落ちてきて
私とビリの成績を争うことになるときもあります。

私にとっては「たまったもんじゃない」という心境ですが、
実際にはその方とビリを争うことになることも
現実にあります。

でもビリには絶対ならないと自分で決めているので、
やはり、全身全霊をかけて勝負を制しに行くのです。

私の中ではビリは何も得ることはありませんが、
ブービー賞なら、自分にとって何か得るものはある。

というのが私の営業勘です。

それと、今、気づきましたが、
もう一つ大事にしていることは、
自分がその勝負に勝っても負けても
自分に対しては大した影響はありません。

しかし、相手の方にとって
大きな明暗を分ける勝負になるときも
私は、その相手の方に嫌われることを覚悟の上で
全力でその勝負を制しに行きます。

私はこれも、「自分にまた、良い運気を呼び込むキッカケにつながる」
と思って自分自身の行動に取り入れています。

自分以外の方に対して口では、
「まあまあ、それくらいで...」とよく言っていますが、

いざ、自分自身がその状況に追い込まれると
そんな心境ではいられなくなる。

というのが人間の本質で

闘争心がなくなったら、それは引退の時が来た。
しかし、今はまだ、その時期ではない。

が今の私の本音です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月2日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2177319782370698
の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1964回 目指すところは新しいお住まいをお引渡しした時にその場にいる私に気を使うことなく、自然と、ご家族様全員そろって...!!(2021.02.01.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年2月1日のテーマは

~契約になっても断られても理由をしっかり聞く~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202002010000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1964日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、ハウスメーカーの新人時代に
支店長や先輩によく言われた言葉の中に

「営業は断りの連絡が入ったときからが勝負だ。簡単にあきらめるな!!」

とよく言われました。

最初、断りの連絡が入ったら、
「ハイ、それまで」
と勝手に思い込んでいた私ですが、

以外にも、一度、再逆転の味を知ってから、
今も、ちょっとやり方は違いますが、
粘りの営業の原点となっています。

今も、ちょっとやり方は違います。

とお書きしましたが、これには、条件が含まれます。

「私が歩み寄っているようにお客様も歩み寄りの姿勢が感じられたかどうか。」

ということです。

私が歩み寄っても相手が歩み寄ってきていない。

と感じた瞬間、私の熱意は一気に冷めてしまうということです。

私の熱意や情熱が伝わらないお客様は、
こちらからお断りという感覚で今はいます。

今までに私自身が相手の方から
歩み寄りの姿勢が私の印象の中に残っていれば

断られたのは、人間性の問題ではない。

と判断します。

私の経験では技術と予算の場合が多いと分析しています。

面積が同じ大きさの間取りは、
私の場合、技術の問題で
以前、作り上げることができませんでしたが、

今なら、間取りがちょっと変化しただけで
どこのバランスが崩れて、
メリットは確かにお客様の言う通りですが、
見えないディメリットの部分はこういう風に隠れています。

とお伝えし、

どちらを選ぶのかは、お客様の判断に任せます。

とお客様に選択肢を与えます。

ここで自分の想いを通す方と、
それならやめて元に戻すわ。

という2通りに分かれます。

予算の場合は、最初から限界価格を私は設定して勝負しているので
今までお付き合いしていただきありがとうございました。

とお伝えし、こちらから去ります。

今日のお題は
「契約になっても断られても理由をしっかり聞く」
です。

私の場合は、契約に至ったら
お客様の方から理由をどんどん話してくださるタイプ
がほとんどです。

断られるというのは、まだお客様の本音に私が感じとれていなく
あらゆる意味での自分のヒヤリングの能力不足だ。

というのが私の答えです。

断られる以前に
必ず、その核心の理由は私の目の前に現れています。

今の私は、些細な言動や行動、
何気なく出るしぐさから感じる雰囲気を見逃さないことにしています。

この中に間違いなく、断られる要因が含まれています。

一組のお客様との商談時間を終えて、お車を見送りした後、
どっとした疲れが身体全体からあふれ出し、
歳を重ねるごとにすぐに横になりたくなるくくらい、
神経が消耗します。

でも、この神経むき出しの状態でなければ
お客様の隠れている本音にたどり着くことはできない。

というのが過去の失敗から得た私の営業感覚です。

私が目指すところは新しいお住まいをお引渡しした時に
その場にいる私に気を使うことなく、
自然と、ご家族様全員そろって無口で楽しそう動いて喜んで姿です。

ここにたどり着けるのなら、

「倒れても悔いはない!!」

と思って私は全身全霊で住宅営業活動を続けています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年2月1日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2175516649217678

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1963回 情報不足は自分が営業マンとして奥底に潜む本音を私が引き出していないから契約に至らない。と思って行動し...!!(2021.01.31.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月31日のテーマは

~決断できないのは性格ではなく情報が足りないから~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001310000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1963日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は東京で勉強会の後に懇親会があるとき、
必ず近くのカプセルホテルに泊まって、
朝一番の新幹線からローカル線に乗り継いで
秋田にゆっくり帰ってくることにしています。

今みたいにコロナ禍ではない
一年前の途中の乗り継ぎ駅でことです。

沢山の大きなスーツケースの山があり、

これは、最近、よく見かける中国人の団体様が観光旅行に来ているな

とすぐに感じとりました。

待合室で、国会中継を見て
私が感じるギリギリの乗り継ぎ時間まで時間調整をして
駅のホームに行きました。

私も結構重い荷物を持っていたので階段ではなくて
今回はエレベーターでおりました。

するとそこには、10人ちょっとの中国人の団体の方が
スーツケースと一緒にいました。

都会なら別ですが、

田舎のローカル線は電車の2両編成なんてのは
地元の私には当たり前のことです。

私はエレベーターから出た時、

すぐに、こ「こには、電車は来ませんよ。」

と口を開きました。

どうも「ここには、電車はが来ない」
という内容は通じたらしく、
一瞬ざわざわとなりました。

どうしてなのか、知りたいのは、
顔の表情から感じ取ることができました。

その訴えているイメージから私は

口で「あっち」と言いながら、指先を使って、その方向を示し、
自らゆっくり、そっちに向かって歩き出しました。

私の一番そばにいらした方が中国語で
その内容を伝えたらしく、

ぞろぞろ私についてきて、
電車が来る位置まで移動してくれました。

言葉はきちんと通じなくても私が行動で示すことにより、
ここにいてはだめだ。
という情報が伝わり

そんな行動に中国人の団体の方々はなった。

と私は分析しています。

今日のお題は
「決断できないのは性格ではなく情報が足りないから」
です。

世界中どこの国の方でも
緊急を要するときは
迷っている暇はありません。

このことから、相手の方を煽り立てているわけではありませんが、
緊急を要するメリットを伝えるように私は情報発信しています。

昨日のブログの恐怖を取り除くという内容も大いに影響もしています。

相手の方が納得するような
的確な情報を私が伝えるには、
相手の方から忘れているような情報でも
私が引き出してくる力が必要で絶対不可欠です。

当然のことながら、自分だけが知っている情報を伝えるだけでは
説得はできるかもしれませんが、
心を開いてもらって納得していただくことはできません。

情報不足は自分が営業マンとして
奥底に潜む本音を私が引き出していないから
契約に至らない。

と思って行動しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月31日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2173745182728158

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1962回 お客様の本音は間違いなくお客様が抱いている恐怖を私に家づくりを依頼するにあたって解決したいからだ。ということにさらに気づき...!!(2021.01.30.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月30日のテーマは

~トップ営業マンはお客様の恐怖を聞き込む~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001300000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1962日目、私がfacebookに書いた言葉
から

・どうなったら後悔するか
・何か最悪の事態か
・恐怖や怒りを覚えることは

は今までお聞きしていなかったものの
とても重要だと感じました。

というのも、一年前、お引き渡しするお客様に

実は、きちんと資金計画はしたものの
本当にその資金計画の中で
支払いが完了するのか、

「ずっと心配だった」という風に
お客様立会いの下、
お引渡し前のお住まいの確認で、
本音を聞いてしまいましたからです。

ああ、まだまだ、自分のヒヤリングも浅かったのだな。
と気づき、反省してしたことを思い出しました。

それでも、資金計画よりも支払金額が少なくて済んだ。
と喜ばれたところもあり、
私の心は救われました。

今日のお題は
「トップ営業マンはお客様の恐怖を聞き込む」
です。

一年前の勉強会でも講師の方が
私の会社のことを客観的に分析すると

「失敗しなくてよかった」

とお客様が感じる分野に分類されるようです。

「失敗しなくてよかった」とお客様に感じられるには、

もっと深いヒヤリングが必要となる

と今日の菊原さんのブログを読んで感じとりました。

質問リストに
「お客様の恐怖」
に関する項目を追記し、
自分で本当にお客様の気持ちになる。

お客様は何のために私のところへやってくるのかというと

自分の抱いている悩みをすべてクリアにしてほしいからだ

と私は思っています。

ここまでは今まで気づいていましたが、

お客様の本音は間違いなくお客様が抱いている恐怖を
私に家づくりを依頼するにあたって
解決したいからだということにさらに気づきました。

それと、これは、ニュースレターや
集客ときのキャッチコピーに活かせる

と私は感じとったので、即実践で取り入れます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月30日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2171223946313615

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2171374206298589&set=a.1023123091123712&type=3&theater

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2171474959621847

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2171918726244137

の4つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1961回 「隣にいるとなんか安心する」と誰からも言われる人間を私は目指して...!!(2021.01.29.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月29日のテーマは

~日常会話がロープレでありトレーニングの場である~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001290000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1961日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、ロープレが嫌いです。

私の場合はそのまま実践で活かせず、

なんかやらされている
という感覚があり
魂が込められません。

「どう話せば興味がひけるか」

は、やはり、私の場合、すべての日常会話から生まれます。

私は、その時、どこを中心に観察しているのかというと

相手の方の目です。

カメラの絞りのように
微妙ですが、瞳孔が開いたり、しぼんだりして
微妙に動きます。

興味がある話題は、瞳孔がぐっと開いて口を閉じます。

この時、相手の方の今の状態は、
興味を示している。

と私は判断し、
その話題を続けます。

今日のお題は
「日常会話がロープレでありトレーニングの場である」
です。

ロープレと題して構えてやるよりも
日常会話が自分を鍛えてくれる
最高の場だと私は感じて生きています。

その中からは、もちろん、今の会話の流れは悪かったな。

と反省することも多々あります。

鉄は熱いうちに打て

ということわざがありますが、

失敗したときに次の話の流れで
失敗したことを挽回できるのも
実践ならではことだと
私は思っているのです。

お客様との会話だけが
実践ではない

と私は思っています。

協力業者さんや地域の集まりの時など
すべてが実践の場です。

ここで気持ちを入れて練習を重ねておくと、
間違いなく実践で活かされます。

一年前、スナックのカウンター席で、
私と初対面のお客様の隣の席に座ることになりました。

いつものように自分を出して会話していると
隣の方がいきなり、「隣にいるとなんか安心する」
という言葉が初対面であるにもかかわらず
私に対して飛んできました。

バカかもしれませんが、私はこの言葉を真に受けています。

私にとって、最高の誉め言葉だと感じているからです。

「隣にいるとなんか安心する」

と誰からも言われる人間を私は目指して生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月29日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1153519408323374&set=a.131470057194986&type=3&theater

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1153519444990037&set=a.131470057194986&type=3&theater

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1153519551656693&set=a.131470057194986&type=3&theater

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2170662089703134

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2170949936341016

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2170962453006431

の6つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1960回 「楽をして、稼げるなんてことなんてない」が私が経験してきた現実で「一つ一つ丁寧な気持ちで実績を重ねていことの重要性」を今の私は伝えることに...!!(2021.01.28.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月28日のテーマは

~相手が「どういう言われたらやる気になるのか」と考える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001280000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1960日目、私がfacebookに書いた言葉
から

まず、自分のことを書きます。

私自身は今日の菊原さんのブログの内容で書くとなると

「少しはBを見習え!」

と支店長はじめ諸先輩方からいわれて
新人営業マン時代はやっていました。

30年近く前はそれが当たり前のやり方で何の疑いもなく、
まず気合を入れられることから始まりました。

でも、気合だけでは仕事を続けて契約することはできませんでした。

そこで、「どうやったら、契約に結びつくのか」
の最初のヒントだけ、
直属の上司から何とかしてタイミングを見計らい
教えてもらうことにしました。

でも、私の直属の上司はすぐには、教えてくれず、
決まった言葉を言われました。

その言葉とは、

「自分の頭で考えろ!」

でした。

今になってみればわかりますが、

何でもかんでもすぐに答えを聞くのではなくて
まず自分の頭を使い、実践で試して
「試行錯誤」してから俺のところに来い。

という意味です。

余談ですが
おそらく、私たちの年代は
この「試行錯誤」という言葉が大好きです。

一年前の勉強会の講師の方もおっしゃられておられました。

今もまた、これのみでやっている

という感覚が私にはあります。

まあ、今もその感覚ですが、
私の時代は一匹狼で生きて行くのが当たり前でした。

今日のお題は
「相手が『どういう言われたらやる気になるのか』と考える」
です。

一方、今は、「この自分の頭で考えて試行錯誤する」
が苦手なように私は受け止めています。

システム化という言葉がありますが、

私の解釈は単純作業をやらせて
相手の方に身に着けていくというやり方です。

私が毎日書いているこのブログだって、
その延長線上にあります。

しかしです。

手を抜いたら、私は許しません。

その時、叱るのではなくて
できるまでやらせるのです。

それがシステム化だと私は思っています。

今の時代、温室育ちというか、いきなり、

「自分の頭で考えてお客様の心を開かせて契約して来い。」

といっても無理だと私は感じています。

ならば単純作業で自分の武器を一つ一つ
身に着けさせることから始めていく。

というやり方です。

でも、3回連続で手抜きをしたら、
私はさすがに声が大きくなりますが...

「楽をして、稼げるなんてことなんてない」

が私が経験してきた現実で

「一つ一つ丁寧な気持ちで実績を重ねていことの重要性」

を今の私は伝えることにしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月28日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2167662970003046

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2167719049997438

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2167826229986720

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2167917933310883

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2168672059902137

の5つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1959回 自分だけでコツコツ努力を積みかさね、結果として報われた時に、こみあげてくれる涙ほど「美しい」と感動することはないと...!!(2021.01.27.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月27日のテーマは

~私がブログの冒頭に個人的な内容を書いている理由~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001270000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1959日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私がブログを書くネタのキッカケは
まさに、菊原さんのブログを読むことから始まります。

自分の過去の経験からリアルなイメージがすぐに浮かぶときは
どんどん書き進めることができます。

しかし、イメージがすぐに浮かばない時もあります。

こんな時は、ブログの内容とはかけ離れるかもしれませんが、
変化球を投げるような感じで、話をそらして
どんどん書きつづけるキッカケを自分自身で作りだしています。

今日なんかはまさしくその典型的な日です。

それで話はそれますが、と前置きします。

一年前、大相撲の初場所で14勝1敗という好成績で
「徳勝龍」関が初優勝しました。

しかも前の場所は十両に陥落していて
8勝7敗というギリギリの成績で勝ち越して
幕ノ内に再入幕して前頭17枚目という幕尻の地位でした。

またすぐに十両に陥落してもおかしくない位置です。
歳も33歳です。

私の幼い時の記憶では30歳を過ぎたら、
相撲人としては「引退」というに文字がちらつき始めるイメージで、
若い方ではなく、勢いもなくなる年代です。

でも、それを覆し、堂々の初優勝です。

私が「徳勝龍」関の相撲に
自分の力が入って注目したのは
14日目時点で成績トップ同士の「正代」関との勝負を制した後の
テレビに映った「よし」と一言、言った場面です。

その気持ちが自分で初めて
一営業マンして契約に行くときの流れと重なり
私の中に入り込んできました。

そして、千秋楽も勝って優勝を一度で決め、
その後に言葉はなく、
「今までこらえていた、涙がどっと出たシーン」です。

これも私の感動を呼び、自然と私の目頭も暑くなりました。

今日のお題は
「私がブログの冒頭に個人的な内容を書いている理由」
です。

イケイケドンドンで調子がいい時はいいのですが、
成績がどんどん落ちていき、
そのまま消えていった経営者や営業マンの方を
いろんな業界で私は数多く見てきました。

もちろん当の私自身も
いつも思い通りの安定した成績を上げることができない時もあります。

「0→1」にするのには、先が見えず
途方もなくなり挫折しそうになります。

しかし、「1→0」はいとも簡単になります。

その後、何をやってもうまくいかず、
当たり前のように続く「0」更新もあり得ます。

その時です。

私はいつも初めて自分の力だけで
契約に至ったときのことを思い浮かべるのです。

そこには、天から授かった「運」もあります。

しかし、その「運」をものにするのかどうかは
自分次第だと私は思って生きてきました。

「あともう少しで」というのは「0」と一緒だ。
と私は思っていて
自分の口からは自然と何十年も出ていません。

自分の中で行きかう「弱気と強気」の繰り返しを制して
最後に結果として結び付ける。

これに「初」という字が重なると
ものすごくフレッシュな気持ちになり
自分の落ち込みかけていたモチベーションを上げるキッカケになります。

自分だけでコツコツ努力を積みかさね、
結果として報われた時に
こみあげてくれる涙ほど「美しい」と感動することはありません。

一年前の「徳勝龍」関の初優勝は私をそんな気持ちにさせてくれました。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月27日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2207985175970825

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1958回 クレームに対してきちんと対応しておくと新たにお客様の紹介につながることもあるんだな。というのも...!!(2021.01.26.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月26日のテーマは

~トップ営業マンはクレームからファンを作る~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001260000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1958日目、私がfacebookに書いた言葉
から

今のように冬に建てられた建物はほとんどありませんが、
夏の高温多湿の時期に建てられた家で
今の時期になり加湿器を使わず
暖房器具をフル回転して使っていると
入隅にクロスの隙間と建具の隙間が出ます。

でも、契約書にお引渡書に2年以内だ1回だけなら
クロスの隙間を補修することと、
建具の調整を一度は無料ですることを明記しています。

こう前もって明記しておくと
お客様も安心し、
もし、隙間が出たとしても

やっぱり言った通りなっちゃいましたね。
隙間を直していただけますか?

もちろんです。

でも、暖房器具を使っている間は修正しても
また隙間ができてしまったり、
暖房器具を使わなくなると元に戻る力が働いて
充填剤が「ニョキ」っと出てくる可能性もあるので

暖房器具を使わなくなったら、
もう一度、ご連絡をいただけますか?

と私が対応するとお客様のその後の返答は二つに分かれます。

隙間がそのままなのでいつ来てもらえますか?

という返答と

元に戻っちゃいました。

それで今回の話は無しということで
もしまた、隙間が出たら、連絡してもいいですか?

という返答です。

前者のお客様の返答は補修して納得してもらえると
と二度と同じ件に関しての連絡は入らなくなります。

後者のお客様も同様にその後に補修に行くことがなくなります。

なぜだろう?と心配に思ってお聞きすると

どちらのお客様も加湿器付きの空気清浄器を購入して湿度調整したら、
隙間はできなくなりました。

という返答です。

今日のお題は
「トップ営業マンはクレームからファンを作る」
です。

お引き渡した後も末永くお客様とお付き合いしていく一つの方法として
プロとして起こりうるクレームを前もって明記し
その時、どう対応するのかも明記しておくといい。

というのも私の教訓です。

でもそのもとはクレームが起こったときに
真摯な気持ちで向かい合い
原因を見つけ出しておき
そこで終わらず対策までの流れを
書面で残しておくことだ。

と思って私は実行しています。

もしかすると中には意味不明なクレームを言ってこられて
対応できなくて困るときもありますが

ほとんどのお客様はクレームが解決すると安心して
何も言ってこなくなります。

さらに、私の経験では、今度連絡がきたときは
お客様の紹介になることが多いということです。

クレームに対してきちんと対応しておくと
新たにお客様の紹介につながることもあるんだな。

というのも私の経験です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月26日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2164646020304741

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1957回 幼いころ、畑で作業している「おばあちゃんたち」がいきなり立ち上がって、「ああ、これじゃダメ」だ「ハハハ」と笑いながら...!!(2021.01.25.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月25日のテーマは

~「トラブルや様々な問題が起こった方が面白い」と考える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001250000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1957日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は菊原さんのお力もお借りして
毎日1時間ほどかけて書いている独り言を基盤として、
1年後に改定版みたいな感じブログをアップしています。

家づくりの仕事に例えると、
「リフォーム」とか「リノベーション」
に当たると私は思って書き続けています。

ブログのメインタイトルは

「1年前の独り言から、今日、元気をもらうブログ」

https://www.ahouse.co.jp/staffblog/

としていますが

「1年前の自分の頭の中はこういう風に世の中の流れからとらえていたんだ。」

と微笑んでしまうことがあります。

私は、トラブルや様々な問題が起こったとしても

「あとで思わず、ふっと微笑むような笑い話にできれば最高だな。」

と思って生きています。

独り言を読み返すと

「こんなことで悩んでいたのか、馬鹿らしい。」

という内容もあります。

でも、それは、何とか自分で解決して今があるからこそ、
ふと言えることだ。

と私は思っています。

しかし、私が受け付けない
人から聞く笑い話もあります。

トラブルや様々な問題が起こったとしても
未解決のまま進行している
ブラックをイメージさせるような笑い話です。

そして、こんな内容の話は誰かの陰口で
いかにも人の失敗を笑い飛ばすような話です。

思わず、

それは笑い話ではなくて
まだ、トラブルや様々な問題が続いている状態でしょ。

口に出す前に、まず、すべてを解決しなきゃ、いけないんじゃないの?

と言いたくなる時もありますが、

これだと売り言葉に買い言葉になってしまう可能性があります。

私は聞きたくないので
その状態を避けるような行動をとります。

今日のお題は
「トラブルや様々な問題が起こった方が面白い」と考える」
です。

私が生まれて育った地域は、田んぼや畑がある農業地域です。

私は幼いころ、畑で作業している「おばあちゃんたち」が

いきなり立ち上がって、
「ああ、これじゃダメ」だ「ハハハ」と笑いながら
またやり方を変えて独り言を口に出しながら
作業している光景をよく目にすることがありました。

自分で方針を決めてやってみたけれど
どうもうまくいかない。

そのことを自分から認めて
やり方の方針を改善していき、
うまくいく方法を自分で見つけ出す。

そして時が立ち、ふと笑い話として表に出てくるときがある。

これが今のままの私がそのまま望む状態です。

そのもとは、今日のお題の
「トラブルや様々な問題が起こった方が面白い」と考える
にあると思って私は行動に活かしています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月25日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2162815763821100

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1956回 「負けてたまるものか」と声にだすのではなく、心で叫び、力をためる。これで私は逆境を跳ね返して生きる癖が身について...!!(2021.01.24.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月24日のテーマは

~モチベーションが上がる"仕組み"を作っておく~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001240000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1956日目、私がfacebookに書いた言葉
から

一年前、お金は指定口座に振り込みましたが、
私は、いつもお世話になっているコンサルタント会社から
また、数百万円もする高額なノウハウを契約しました。

最初、本当は買う気がなかったのですが、
今年の初めに、転勤した
前の私の担当の営業マンの方から
年賀状を貰ったことがキッカケとなりました。

私の最寄りの支店から転勤して5か月で昇進し
お世話になっているコンサルタント会社別の支店長になった
トップセールスマンです。

話はどんどんそれていきますが、
私は高額なノウハウではなくて
このトップセールスマンから学ぶことが多かったので
私の中に残っています。

数々の営業マンの方が転勤したり、
会社を去っていきました。

言葉は適切ではありませんが
その後に私に絡んできていい印象を与えてくれたのは3人だけで
そのうちの一人の方です。

因みにこのトップセールスマンから私が学んで再確認したことは

「その経営者に合わないノウハウは売り込まない。そんな時間があったら別のお客様を探してアタックをかける」

ということです。

年賀状をもらい、うれしくて、すぐに書いて返信しましたが、
その後にメッセンジャーで

あなたからノウハウをかうことはできますか?

もちろん、管轄外なので無理なのですが、

今の支店長に連絡を私から入れましようか?

と打診を受け、

今の支店の人に私はインパクトをうけていないのでそれはいらないです...

という内容を返信しました。

ところがです。

この内容を全部、今の支店長に支店長会議で、見せてしまったのです。

今の支店長はどう受け取ったかというと

小さな声で自分の営業力を見せつけているように感じた。

と私に今年の新年会の3次会で酔っていたのですが、
私に伝えてくれました。

この出来事が、私が高額ノウハウを買うモードに火をつけてくれました。

まあ、それだけではなく、
このノウハウにはソフト面で
いろんな未来の力を私が感じたこともありますが...

今日のお題は
「モチベーションが上がる『仕組み』を作っておく」
です。

単純ですが、私の場合は
本当に取っ組み合いの喧嘩をするわけではありませんが

「売られた喧嘩は買う」

です。

正確には高声を上げず、
無言で力をためて買う

という感覚です。

でも面白いことに気づきました。

結果的にトップセールスマンの進言したとおり、
結局、私は高額なノウハウ結果にいたってしまったのです。

「負けてたまるものか」と声にだすのではなく、
心で叫び、力をためる。

これで私は逆境を跳ね返して生きる癖が身についています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月24日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2160653340704009

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2161095107326499

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1955回 気づいたことを一歩ずつ積み重ねて行く「和」の生き方が不器用な私には、どうも合っているようで...!!(2021.01.23.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月23日のテーマは

~結果を出す人は気持ちが下がらない工夫をしている~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001230000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1955日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の場合は、途中は、いくら悲しいことが続いても
最後にハッピーエンドになればいい。

と思っています。

アニメだと「ドラゴンボール」
ドラマだと「下町ロケット」
映画だと古い映画でが、「ロッキー」です。

これらは、強敵にかなり追い込まれて
駄目になりそうになりますが、
土俵際で何とか踏みとどまり、
何とか自分であきらめずに気づいたことを努力し続けて
自分で納得する結果に結び付けるところです。

もしかすると、私だけでなく、
世界中のほとんどが望んでいる
ストーリー展開かもしれません。

さらに、私が「美しい」と感じることは
相手をやり込めず、相手の力を認め、
未来に向けて、いい関係を築いていくところに
私の心は惹かれてしまうのです。

私は、すごく足が速いとか、知能指数が高いとか、
そういうもって生まれた才能はありません。

しかし、何とかして歩み寄り、人と末永く仲良くしていこう。

という、いわゆる「和」を大事にしています。

余談ですが、亡くなった私の父は
最初、私の名前を「平」ではなくて

「平和(へいわ)」と名付けたかったようです。

でも家族の猛反対に合い、
その後、漢字を入れ替え「和平」呼び名は「わへい」としましたが、

音読みだと変なので訓読みの「かずひら」
4文字だと、呼びにくいので

漢字を「平」と一文字にし、
「たいら」と3文字にすると呼びやすいので

最終的に「平(たいら)」と私を名付けたそうです。

こんなエピソードもあってなのか、

私の名前に隠れている「和」を
自然と私は大事にしています。

今日のお題は
「結果を出す人は気持ちが下がらない工夫をしている」
です。

私の気持ちは下がってもいいですが、
そのままと途中では投げ出さない。

という生き方を私は選んでいます。

生意気な言い方に聞こえるかもしれませんが、
私のモチベーションは「お金」では上がりません。

私がかかわることによって、
ひとりだけでもいいから心から喜んでくださる雰囲気を人から感じると
「よ~し、また次も頑張ろう」
という意欲がわき、モチベーションが上がりだします。

そのエネルギーの源となるキッカケの言葉は
私の場合「和」という漢字なのです。

たとえ、人にやり込められることはあっても、
自分がその人を恨んでやり込めてはいけない。

これが「和」の精神だ
と私は勝手に思い込んでいます。

数学的にも「和」を意味する日本語は足し算です。

才能があって、掛け算でのように効率よく
どんどん飛んでいく人生もありだ

と私は思いますが、どうも私にはシックリきません。

気づいたことを一歩ずつ積み重ねて行く「和」の生き方が
不器用な私には、どうも合っているようです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月23日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2158733044229372

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2159168627519147

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1954回 形のない「いいこと探し」という能力を鍛えないと「もったいない」と感じていて...!!(2021.01.22.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月22日のテーマは

~人生を楽しんでいる人は"いいこと探し"が上手い~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001220001/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1954日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「いいこと探し」

実は、これは人生を生きぬく上での修行だ。

と私は思っています。

日本の政治について批判つもりはありませんが、

自民党以外の国会議員は
「悪いところさがし」が
とにかく、うますぎるというか、
精神的な病にならないのか、
心配になってしまうほど弁が立ちます。

一方、自民党も一時的に野党に下った時代が過去にありました。

その時に私が感じたことは
「悪いところさがし」が下手すぎるというか
あまりにも慣れていない。

と感じていました。

今の私はどちらを支持しているのかというと
「意外と不器用な人が多いんだな。」
という、自民党の国会議員の方々です。

一方、先を見通す力はどちらにあるのか。

と推測するとベストではありませんが、
私の感覚では自民党の方々です。

なぜこんなことを書いたのかというと

なぜか1月はNHKで放映される国会中継が
1年の中でも私の印象として
過去から毎年残り続けているからです。

真剣に見れば見るほど、私の結論は、
「日本の未来はなるようにならない。それに自分を変えて合わせるだけ」
と、いつも、なってしまいます。

お題からそれましたが

今日のお題は
「人生を楽しんでいる人は『いいこと探し』が上手い」
です。

私の感覚では、「いいこと探し」が上手い方は、
その何十倍も「悪いところが目に入り、気づいている」
と私は感じています。

でも、触れないようにしている。

なぜだろう?

自分なりに考えてたどり着いた答えは

自分で生きている時間を
他人のネガティブな「悪いこと」で邪魔されたくない。

それよりも他人の「いいこと探し」をして
自分の心を研いて生きた方が
ポジティブな人生を歩むことができる。

という結論です。

「いいこと探し」は常に意識を保っていないと
結果的に簡単に見逃してしまうことになってしまいます。

私は、この実際、形のない「いいこと探し」
という能力を鍛えないと「もったいない」
と感じています。

きつい言い方かもしれませんが、

「悪いところさがし」ばかりしているな。

と感じる方はお付き合いしなくてもいい。

と私は思っています。

逆に「いいこと探し」が上手い方は
自然と尊敬してしまい、
その方の魅力に私は取り込まれてしまいます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月22日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2156817657754244

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2157101974392479

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2157522797683730

の3つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1953回 営業マンの仕事とは「人間という相手の心を開かせる仕事だ」と私は思って...!!(2021.01.21.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月21日のテーマは

~深く学ぶべきは外国語ではなく日本語~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001210000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1953日目、私がfacebookに書いた言葉
から

一年前のセミナーの講師さんがおっしゃった
心をつかむネタの内容の一つに

自分の苦手な科目は「世界史」だった。

とおっしゃり、

なぜかというと
人名に使われているカタカナ言葉が多くて自分の中に入ってこない。
三郎君ではだめなのか。

という冗談も出ました。

私もまたカタカナ言葉が苦手で
すぐに共感してしまいました。

それでも、菊原さんのブログを毎日読み続け、
「ジャイアントキリング」に代表されるように
時々出てくるカタカナ言葉に対して、

すぐにインターネットで検索をかけて
日本語で意味が分かるように行動し、
大分鍛えられてきて
カタカナ言葉に対する免疫ができてきたな。

と自分では勝手に感じています。

私も外国語はからっきしで、特に話すことはダメです。

だからと言ってあきらめいているわけではありません。

私の永遠のテーマは「人」です。

様々な「人」の心を学ぶには
「相手の方の話をよく聞くことから始まる。」
と私は思っていて
もちろん、その中には外国人も含まれます。

自分では外国語は流ちょうに話せないが、
何を私に伝えようとしているのか聞く努力をする。

ということです。

結果、よく出てくる単語や短い簡単な文法は学ぶ

という習慣を身に着けることだ。

と私は思っていて常に意識して実行します。

今日のお題は
「深く学ぶべきは外国語ではなく日本語」
です。

外国語は流ちょうに話せないが、
何を私に伝えようとしているのか聞く努力をする。

と先ほどお書きしましたが、

私は何かに似ていると感じているのです。

そう接客の時と一緒だなと私は思っています。

人間が自分の意思をもって話す言葉の中に
意味のない言葉など存在しない

が私の営業マンとしての独自の感覚です。

私には何気なく聞こえても、
そこには、お客様の本音が隠れている。

が真実だと私は感じています。

この訓練をするために外国人が使っている
外国語を全く意味が分からなくても
私は真剣なまなざしで聞くことにしています。

そうすると言葉では何を言っているのかわかりませんが、
何を私に伝えようとしているのかは見えてくるのです。

意味もそうですが、
何が見えてくるのかというとその外国人の人間性です。

一生懸命、私に自分が伝わるようにと努力している姿です。

私はその姿に「なんて素晴らしいことなんだ。」
と美学を感じるのです。

反面、私は日本語の使い方に厳しいところがあり、
優しい口調で言っているのは相手の方の心に届いているようですが、
どうも、同時に日本語に対しての厳しさも相手に伝わっているようです。

AIの技術が物凄い勢いで発達している今、
いずれ、通訳という仕事も淘汰されるような気がしています。

言葉は技術にならない時代がやってくるということです。

しかし、言葉を介さないでも伝わる
自分で一生懸命取り組んできた技術で
さらに進化し続けていることに対しては

なかなかAIもすぐに追いついて追い越していくことはできない。

と楽天的かもしれませんが、私は感じています。

その代表的な仕事が営業です。

営業マンの仕事とは

人間という相手の心を開かせる仕事だ

と私は思っています。

それには、「日本語を深く理解する」
ことが大前提になると思って私は生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月21日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2155666821202661

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2155824647853545

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1952回 「信頼」という貯金をためておくと挽回の可能性は0%ではない。というのが私の教訓で...!!(2021.01.20.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月20日のテーマは

~ミスをした時「何かの間違いだ」と言われる人になる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001200000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1952日目、私がfacebookに書いた言葉
から

ミスを起こすとその人間の本性が現れる。

これが私の人生経験による答えです。

ミスを起こすと言い訳で
必ず、言葉を返す方がいらっしゃいます。

こんな方は間違いなく同じミスをまた起こし続けます。

そうやって、生きてきたのでしょうから
その性格を私が無理やり変えることはできない。

と私は思っています。

もっと深く突っ込むと
こんな性格は学校時代に
勉強ができて成績が良かった優等生に多いように
私は受け止めています。

今の時代だとさすがにまずいことでしょうが

私は教卓のすぐ前の席に中学2年の時に1年間席替えがなく、
座り続けていた時期があります。

先生も人間なので自分の気分に障ることが起こると
そばにいた私の頭に軽く竹刀が飛んできて
クラスの代表としてよく頭をたたかれていました。

でも、その時代はそれが当たり前だと私は思っていたので
みんなの代表で教卓に席が近いからしょうがないな。

と、自分では責任を感じて納得していました。

悪い生徒の代表が私みたいな感じでしたが、

本当にそうであったのかというと

今もそうですが、
「もうどうにもならないかも」
とみんなが感じているときに
「何とかしてくれ」
というような視線が私に向けられ、
スポットライトが当たるのです。

これが信頼関係なのかな。

と私は思っていました。

でも、その場面はいつもかなりきつい時に現れるので
物凄いプレッシャーが私にかかっていたのは事実で
大分メンタルを鍛え上げられました。

今日のお題は
「ミスをした時『何かの間違いだ』と言われる人になる」
です。

社会人になって父がすぐなくし
責任を全部、私が背負わなければならなくなったときに

私が自分の心に決めたことの一つに

「自分が犯した間違いを素直に認められる人間になる」

ということでした。

そうすることにより、
問題解決が速くなり、

負のオーラをいつまでも抱えなくて済むようになりました。

「自分をよく見せよう」
とする意識が働くとなかなかできないことだ。

と私は思っていますが、

「素のままの自分で勝負する」

と自分の覚悟を決めると意外と簡単にできることだ。

と私は感じています。

信頼を築くのには、長い時間を必要としますが、
失うのは、一瞬です。

ミスをした時に「やっぱりか」といわれるよりも
「何かの間違いだ」と言われる人になる

とは、一度限り通用する「保険」だと私は思っています。

できれば、この「保険」を使わないように生きることが
一番いいことなのですが、

「まさか」ということが人生にはどこかで起こります。

その時に「信頼」という貯金をためておくと
挽回の可能性は0%ではない。

というのが私の教訓です。

言い訳をするよりも自分に素直な気持ちで叱られて
常に自分を背水の陣において
生きる道を私は選んで生きてきました。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月20日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2154109798025030

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1951回 「負けは謙虚さと慎重さの母」という言葉をいつも自分の中に置くようにして営業活動し...!!(2021.01.19.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月19日のテーマは

~ネガティブの扱い方の一流、二流、三流~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001190000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1951日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私の中で最高に尊敬できる野球人は
間違いなく、
読売ジャイアンツの長嶋終身名誉監督です。

因みに、どうも今でも「読売ジャイアンツ」
という球団は好きになれず、アンチ巨人ファンです。

私が感じる長嶋さんの魅力は
決して自分から自分で苦労したことは一つも明かさず、

常にお客様自身で稼いだお金を支払って
自分のプレーを見に来てくださった
お客様が喜ぶあるいは感動するプレーだけをプロとして追い求め
徹していたことに私は美学を感じるのです。

2番目は現ソフトバンク会長の王さんです。

自らの努力でホームランの世界記録を保持し
結果で残しているのには言葉などいらず、
ただ私は脱帽するのみです。

3番目は2020年2月11日におなくなりなられましたが
「負けは謙虚さと慎重さの母」
をはじめとする名言を残している野村克也さんです。

私はこの中ですぐに実践で
自分の営業に取り入れられる
野村さんの本をよく読んでいます。

なぜ「負けは謙虚さと慎重さの母」
という名言をピックアップしたのか。

というと

私の中では

負け=ネガティブ

ということをすぐに連想してしまいます。

私の経験の中で一番きつい負け方は競合になり、
最後の2社まで残りながら
競合相手に契約を持っていかれた時です。

私の場合はこの期間がかなり長くありました。

野村さんも、「俺の記録には2位が多い」
ということをおっしゃっているのにも
私にも似ているところがあり、
共感を持てるところです。

でも2位が多いからと言って
そのことを言い訳にするのは大嫌いな私です。

すぐには結果に結び付かなくても
3回ぶつかったら、
1回は自分で契約をものにする必要がある
と強く私は心に思って生きてきましたし
今もそうです。

現実にこの道のりは遠く時間がかかりましたが
その時、私の心に常にあった言葉は
「負けは謙虚さと慎重さの母」
という野村さんの言葉だったのです。

今日のお題は
「ネガティブの扱い方の一流、二流、三流」
です。

私のネガティブの扱い方は

「負けは謙虚さと慎重さの母」

なのです。

負けから学び取ることは量も質もとても多いです。

しかし、それを誰かのせいにしたり、
時間の経過とともに忘れてしまいやすくなるので
負けた時こそ、すぐに自分とトコトン向かい合うことに私はしています。

というか、
それしか同じ敗戦を繰り返すことを止める方法はない。
と私は思いこんでいます。

「勝って兜の緒を締めよ」

ということわざもありますが、

私は「負けは謙虚さと慎重さの母」
という言葉をいつも自分の中に置くようにして
営業活動しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月19日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2152189754883701

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1950回 「怒り」よりも「愛情」の方が私の場合の優先順位は上なわけとは...!!(2021.01.18.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月18日のテーマは

~怒りに任せて言った発言、行動は必ず後悔する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

h https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001180000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1950日目、私がfacebookに書いた言葉
から

似ているような表現ですが、

「怒りに任せて言った発言を、言われた相手の方は一生覚えている。」

これが私の経験と教訓です。

自分自身でも言葉だけに限らず、自分の意思に関係なく
いきなり痛い目にあったことを私は覚えていて
二度と同じ過ちを犯すまいと決めて
自分の行動を改善しています。

でも、これは悪い時ばかりではなくて
いいこともあります。

怒りに任せて言った発言に
少しでも、愛情が加わっていれば、
関係を修復できる可能性は残る。

というのも私の経験です。

愛情がないのであれば、
怒りに任せて言った発言自体
無駄というのが今の私の認識です。

要はその相手を選んだのは自分だということです。

よって責任はすべての自分にある。

というのが今の私の基本です。

冷たい言い方になってしまうのかもしれませんが、
愛情がどうしても持てないのであれば、
もう付き合わない方が利口だと私は思っています。

今日のお題は
「怒りに任せて言った発言、行動は必ず後悔する」
です。

愛場が込められている言葉とそうでない言葉を
人間はかぎ分ける能力が備わっていると私は思っています。

言葉を持たないほかの動物は人間よりも
この能力がさらに優れていてすぐに見分けます。

怒りのエネルギーはものすごい瞬発力を生み出しますが、
長続きしません。

ここは私の主観ですが、
朝目が覚めてから眠るまで怒りのエネルギーを使い続けていると
自分の寿命を縮めるだけだと私は感じています。

怒りというエネルギーというのは
若い方の特権だと私は思っていて、
この歳ではほとんど不要だと私は思っています。

「元気が出る雰囲気」とか「愛情であふれている状態」
が人の心を落ち着かせて穏やかな心の維持につながり、
結果、冷静な判断が下せるほうを今の私は選んで生きています。

でも、そればかりでは自分がボケてしまうる

と私は感じているので、
「喜怒哀楽」という言葉が日本の言葉の文化に存在するように
「喜怒哀楽」をバランスよく使うことを私は意識して生きています。

で、私の場合、「怒り」は他人ではなくて
能力が足りない自分に向けて使うことを基本としています。

自分以外の方に向けるときは、よっぽど信頼関係が築けており、
信頼できる方にしか向けないことにしています。

ここでも忘れてはいけないのが、
私心がない「愛情」に溢れていることです。

「怒り」よりも「愛情」の方が私の場合の優先順位は上です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月18日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2150387081730635

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1949回 生き残るのは「強いものではなく、変われるもの」というのが地球上の歴史である。と私は学んで...!!(2021.01.17.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月17日のテーマは

~付き合っている5人を足して割ると自分になる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001170000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1949日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は人付き合いのストライクゾーンが
かなり広い方だと自分では思っています。

まずは会って
ボクシングのジャブのような程度で
自分の思っていることを相手の方にぶつけて
様子を見てみます。

その時、直感で相手の方は私に

「心を開いていい人間なのか」

をいい方向で感じてくださり、
大体は友好的に接してくれます。

極端な言い方かもしれませんが、
それ以外の方は私の目の前に現れませんし、
もし、会ったとしても
その方の意思で消えていってくれます。

もちろん、私は「YES」マンの方ばかりと
お付き合いしているわけではありません。

私が自分の思っていることを相手の方にぶつけるように
相手の方にも自分の意見を言って
私にぶつけてもらうような空気を作っています。

こんな方ばかりが集まると
自分の足りないところに自分で気づいて
進化しようとする仲間が集まりだします。

逆に、すごいなと感心くらい人の欠点を見つけるのがうまい方が
いらっしゃいます。

しかし、そんな方とのおつきあいは私の場合
必ず短いものとなります。

否定型の方は、一瞬、大きな勢いで
人の心を止めることができますが、
長続きしない。

というのが私の人生経験です。

長続きする信頼関係を築く方は、
とにかくいいところを見つける努力の継続を感じられる方です。

もちろん、同時に、私の欠点にも気づいていますが、
それはやたらに自分からは話しません。

私に受け入れてもらえる、
というタイミングで指摘してくれます。

その時はとても「ありがたい」と私は感じます。

今日のお題は
「付き合っている5人を足して割ると自分になる」
です。

最初「いいな」と感じてお付き合いしていても
付き合っているうちにその方から
「なんか変だ」と違和感を感じるときがあります。

そうすると、その家族で会ったり、
その方がお付き合いしている方をよく観察すると
答えの原因が見つかります。

どうも、現代医学では、
容姿や病気になるリスクは遺伝しますが、
性格は遺伝しない。

ということがわかっているようです。

例えば、双子でも一度も全く違うことなく
性格が違う別々の人に育てられたら、
容姿は似ていても別の性格の人間が出来上がってしまうようなことだ
と私は受け止めています。

ただし、どんな性格になるのかは
自分で選んでいるということだとも私は感じています。

いったん身についてしまった性格を変えるには
かなりの本人自身の意識改革が必要です。

私自身は特にその傾向が強く、
なんでもかんでも自己流で
いきなり身に着けないことにしています。

まずは世の中の道徳や倫理に合った基本を身に着け、
それに自分の味をつけていくという感覚です。

AIがどんどん進化してきていますが、
おそらく、AIにも育てられた環境によって
性格が出るのではないのかな。

と私は思っています。

これにはプラスばかりではなくて
マイナスもありうるということです。

おそらく、2020年代は今までの常識が
大きく変わる年代になると私は感じています。

具体的には民法に代表される法律自体の大改正などです。

私はこの流れに逆らうのではなくて、
今まで無理矢理使わず、税金を支払って残ったお金を
新しい基本を身に着けるために投資していくことに決めています。

生き残るのは「強いものではなく、変われるもの」

というのが地球上の歴史である。

と私は学んできました。

実行に移す時期が今から始まる。

という思い込みが私は強くなる年です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月17日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2148011798634830

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2148336691935674

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2148626355240041

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2148956938540316

の4つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1948回 2度と同じミスを繰り返さないようにするにはどうしたらよいか?というのは誰かに気づかされるのではなくて...!!(2021.01.16.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月16日のテーマは

~お客様の「大丈夫ですよ」に気を付ける~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001160000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1948日目、私がfacebookに書いた言葉
から

ものごとには「裏と表」「陰と陽」というようなことが
必ず同じ次元に一緒に存在している

と私は思っています。

ひねくれた考え方かもしれませんが、
これが私の人生観です。

「大丈夫ですよ」

という言葉が発せられたとき、

そこには、「大丈夫じゃない。」
という意味も必ず含まれています。

そうでなければ「大丈夫」という言葉さえ出てこず、
全く違う言葉が出現する。

が私の感覚です。

罪を犯すと罰せられますが、
初犯にたいして
おおらかな判決が出ます。

日本の文化には、人間だから、間違って過失を犯すこともある。

しかし、同じ過ちを2度置かしたら、次は厳しい判決を下すぞ。

というのが通常のようです。

私もこの歳まで何度となく、ミスを犯し、
周りの方に助けられて生きてきました。

今になって気づいていますが、「感謝」の連続です。

しかし、社会人になりたての頃は
何度も同じミスを簡単に繰り返すことがありました。

要は私がミスを犯したことに対して
自分で意思決定して
意識を持たなかったからです。

それに、気持ちは「負けたくない」と思っていても
ミスを挽回する力も
その時の私は持ち合わせていませんでした。

しかし、ある時、自分自身で黙って反省していると

「同じミスも3回までなら許される」

と、やさしく教えてくださった
ご年配の社長がいらっしゃいました。

しかし、その意味を深く理解していない私は

「3回までなら、簡単にミスを続けてもいい」

と解釈してしまったのです。

もちろん、この解釈では
自分自身で本当に痛い目に合うまで気づきません。

なぜかというとミスを続けている限り
結果に結び付かず、信頼も得られません。

「同じミスも3回までなら許される」

の本当の意味は

自分で気づくことはすべてやり
細心の注意を払って行動していても、
ミスは3回起きる。

だということにのちに気づきました。

私の接客方法は初回アポで土俵の真ん中にいても
積極的に相手の懐に入っていき、
常に「背水の陣」で戦い
自分に対しての甘えを許さないやり方です。

「背水の陣」とは、ミスを犯したら、
そのまま自分が没落して
そのお客様とは二度と会えない状態を
初回アポで作り上げて私は戦いに臨んでいます。

今日のお題は
「お客様の『大丈夫ですよ』に気を付ける」
です。

今の私は「大丈夫ですよ」という言葉を
相手の方から出させてしまった時点で

「取返しもつかない大きな借りを作ってしまった。」

と感じるようになりました。

契約に結び付かなくて当たり前

という考え方です。

カッコつけているかもしれませんが、
お金をいただくプロの仕事である以上、

仕事は「パーフェクト」でなければならないが
私の生き方です。

しかし、自分ではそう思って行動しているものの
もし自分が逆の立場になったら、
人のいい私はきっと

「大丈夫ですよ。問題ありませんから気にしないでください」

と言ってしまいます。

実際、私が尊敬している経営者の方々も同じ対応でした。

ミスを犯してしまったら、
2度と同じミスを繰り返さないようにするには
どうしたらよいか?

というのは誰かに気づかされるのではなくて
自分で気づくしか道はない。

が私の答えです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月16日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2146297422139601

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2146594612109882

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2146606698775340

の3つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

2021-01-15 11:55:00

第1947回 私の感覚では、他に「怒り」を感じさせて敵を作るよりも仲良く生きる道を常に選ぶべき。という風に...!!(2021.01.15.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月15日のテーマは

~怒りのパワーは瞬発力があるが持続力がない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001150000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1947日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「怒りのパワーは瞬発力があるが持続力がない」

の簡単な理由として、

怒りのパワーはものすごいエネルギー量が必要である。

というのが私の経験による答えです。

怒りのパワーにはいろんなところで遭遇します。

例えば、よく私がここで触れる
感情的なクレームのお客様などもその典型的な例です。

機関銃のような勢いで、最初、私に接してこられます。

私はこういうとき、真摯な態度で黙って聞くことにしています。

そうすると、必ず、そのエネルギーが途絶える瞬間がやってきます。

なぜかというと、怒りのエネルギーは
体力の消耗もとても激しく疲れるからです。

そこで私が「美しい」と感じる口調で自分の意見を伝えると
もう疲れているので
また最初のような怒りのエネルギーは復活しません。

それに感情的なクレームは
家そのものの性能ではなくて

お金の問題や家族のギクシャクした関係によることがほとんどだ。

というのも私の経験です。

そうすると、怒りのパワーの持続力を保つには、
体力をつければいいということになります。

でも体力をつけるには、毎日の鍛錬が不可欠になります。

毎日の鍛錬は強い意思決定による
自分の思いがなければ三日坊主で終わってしまいます。

ここからは、私の経験ですが、

これを乗り越えて体力をつければつけるほど
「怒りのエネルギー」とは効率が悪い
ということに気づきます。

若い時には自然と体力も備わっているので
一晩寝れば済むのかもしれませんが、
歳をとってからはかなりきつい毎日の連続になります。

そうすると、蓄えられた体力は
「怒り」ではなくて別の使い方をした方がいいと悟るのです。

今の私は、なんにでも「感謝」することにしています。

これに切り替えてやめたこともあります。

それは、契約棟数ばかりを追い求める経営です。

自分のエンジンを把握し、
それに見合った棟数だけを取り続けることにしています。

今日のお題は
「怒りのパワーは瞬発力があるが持続力がない」
です。

私の感覚では「感謝」パワーに無理は必要ない

という感覚です。

「感謝」とは自分で無理矢理思い込んですることではなくて
「自然に全身から溢れ出す」ことと私は感じています。

全く脱線してしまいますが、

「ありがとう」に持続力はなく、
その場限りということもありますが、

「感謝」には持続力がある。

というのが私の感覚です。

「ありがとう」は口から出て終わり、
「感謝」はその後の行動に現れます。

この歳になって気づきましたが、

「怒り」は敵を回りに常に置いてしまう。

という感覚です。

また「感謝」が自然と自分の内から溢れ出ているオーラの持ち主は
まわりから敵が消えていく。

という感覚です。

私の感覚では、他に「怒り」を感じさせて敵を作るよりも
仲良く生きる道を
常に選ぶべきという風に感じています。

そうするとライバルからも
尊敬のまなざしで見られるように
自分が変わっていき、好循環に回りだす。

というのが私の経験です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2019年1月15日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2144110145691662

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2144417338994276

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2144731408962869

の3つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1946回 心が「荒れた」状態から「美しい」感じる状態まで修正していく繰り返しが、私の場合は日常的な癖となっていて...!!(2021.01.14.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月14日のテーマは

~一番影響力のある"心"を軽視していないか?~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001140000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1946日目、私がfacebookに書いた言葉
から

昨日に続いて、今日も「掃除、手入れ」にまつわる話題になってしまいますが、
「心」を磨くには、「掃除、手入れ」が一番だと私は思っています。

ちょっとその前に
漢字の使い方は間違っている
と自分でわかっていますが、

私はどうも大見習いからこの住宅業界に入ったため、

「磨く」という漢字よりも
「研く」という漢字の方が私の中に入ってきて
シックリします。

例えば、大工の道の始まりは
「まずは自分の道具の手入れをすることから始める」
が私の学んだことです。

私の場合、鋸(のこぎり)の刃先を職人レベルで研いだ経験はありませんが、
鑿(のみ) 鉋 (かんな)を研いだ経験は数えきれないほどたくさんあります。

今なら、You Tube等で鑿(のみ) 鉋 (かんな)の研ぎ方のコツなんか
が出てくる時代ですが、

私はただ先輩の研ぎ方を見様見真似で盗みとりながら
体に覚えさせるしか方法はありませんでした。

もちろん答えは教えてくれませんし、
コツも教えてもらえません。

どうやって先輩の切れ味を確かめるのか。

というと、先輩が機嫌がよい状態で
その道具を使っていない時に
許可を得て道具をちょっと借りてみるのです。

そうすると、自分の研いだ刃先との切れ味の違いがすぐに判ります。

次に何を盗み取りに行くかというと

刃先を研いでいる姿ではなくて
研いだ刃先がどうなっているのか
眼だけではなくて
指先で確認しているところです。

これは研いだ職人さんが自分で納得するまで続けられます。

もちろん、刃先ばかり研いでいては
一人前の職人としての今日の仕事のノルマが達成できません。

実際、一日の手間賃をもらうには
結果が最も求められるのは当たり前のことです。

ちょっと前に「第二領域」という話題がありましたが、

私の感覚では「刃先を研ぐ」というのは
この「第二領域」に含まれる。

という感覚です。

今日のお題は
「一番影響力のある『心』を軽視していないか?」
です。

何を言いたいのかというと私の場合は

道具の手入れ = 自分の心を磨く(研く)

ということです。

あるいは、

掃除 = 自分の心を磨く(研く)

です。

これは何から生まれてくるのかという

「感謝の気持ちから生まれる」

が私の行きついた答えです。

私の場合、
「ありがとう」という言葉がベターで
「感謝」はベストです。

なぜかというと

「ありがとう」はその場限りで終わってしまうことも多々ありますが、
「感謝」はそのあと行動として現れ続つけるのです。

自分の心を磨く(研く)には

自然と自分の中で何事に対しても
感謝の気持ちで溢れていなければならない。

と私は感じています。

ということで

私は、

「自分の心が荒れてきているな」

と感じた時もトイレ掃除に代表されるように掃除をしたり
身の回りにあるものの手入れから
始めることにしています。

そうすると、

今の自分の心の状態がどこにあるのか?

を正確に感じ取ることができます。

心が「荒れた」状態から「美しい」感じる状態まで
修正していく繰り返しが

私の場合は日常的な癖となっています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月14日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2142874119148598

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1945回 「鏡は姿をうつし 言葉は心をうつす」はどうも私の場合、あてはまるようで...!!(2021.01.13.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月13日のテーマは

~調子が出ない時に気分をチェンジするアイテムを持つ~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001130000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1945日目、私がfacebookに書いた言葉
から

ここでもよくお書きしていますが、
私は、「調子がいまいち上がらないな」
とか仕事が思うようにはかどらない時、

家の中では我を忘れて夢中になり
ひたすら一生懸命、自分でスッキリしたと納得するまで
トイレ掃除をして、
気分転換を図ります。

しかし、家の外ではそういうわけにもいかない時があります。

そんな時、私には、自分の心を落ち着かせてくれ
迷ったら、自分の原点に戻らせてくれる本があります。

その本は、贅沢かもしれませんが、
製本された文庫本とKindle版の2冊を持っています。

文庫本の方には自分で
「ん、これは共感できる」
という言葉の横に線を引いています。

線だけでなく、箱で囲ったり、
短いセンテンスの書き込みや
矢印もつけているところもあります。

さらに、このセンテンスは自分に全部入ってくる

という箇所には付箋を付けています。

結構、本に手あかがつき、
本自体も私の体のように太ってきています。

でも、外出するときは荷物の量が関係して
家に置いていくときもあります。

そんな時に私のスマホと連動している
Kindle版の出番です。

単行本で線を引っ張ったところに
Kindle版では、マーカー機能のようなものがあり、
黄色で私は印をつけています。

「調子がいまいち上がらない」

と感じた時、私はそのマーカー機能
のところだけを自分でスッキリするまで

途中の内容は飛ばして読み続けます。

そうするとその言葉の連なりは
私を元気にしてくれ、

本を読む前の「調子がいまいち上がらない」
ということはどこかに消えてしまいます。

今日のお題は
「調子が出ない時に気分をチェンジするアイテムを持つ」
です。

私の場合、家の中では、
ひたすら自分で納得するまでトイレ掃除をします。

一旦、家から外にでたら、お気に入りの本の印
のところだけを飛ばして読むと、

さっきまで調子が上がらなかったことはうそのように
自分の心や精神状態をいい方向に高めることができます。

誰が言ったのか、私はわかりませんが、

「鏡は姿をうつし 言葉は心をうつす」

はどうも私の場合、あてはまるようです。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月13日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2140705072698836

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1944回 今の時代に合わないかもしれませんが、職人さんが時間ではなく、一仕事を終えた後にたばこを一服する深いわけとは...!!(2021.01.12.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月12日のテーマは

~できる限り仕事が早い人と付き合っていく~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001120000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1944日目、私がfacebookに書いた言葉
から

ちょっと私の意思で「正確で」
という言葉を付け加えて申し訳ございませんが

私は仕事が「正確で」早い人を見分ける能力を
自分で身に着けることが大事だ。

と思っています。

とお書きしても、抽象的でわかりにくいです。

具体的に、
仕事が「正確で」早い人かどうかを見分けるとき、

その人が行っている単純作業を見れば、
私は正確な判断ができます。

例えば、自分たちが食事を終えた後の食器の後始末を
「美しい」と感じるレベルで
さっとこなすことができるのか!?

という例があったらということです。

「美しい」と感じるレベルで

という言葉を挟んだのは
ただ仕事が早いだけで食器の磨きのこしがあったり、
元の位置に整理整頓されていなかったりすると

ほかの人がもう一度やり直しをしなければなりません。

仕事は早く見えるが結果は伴っていなく
ほかの方に迷惑をかけることになります。

むしろ、最初は、仕事は遅くても
「正確さ」を身に着けてほしい。

というのが私の学んだ教育です。

ほかに似たような例は「掃除」なんかがあります。

また、雪国の秋田だと
並んで「雪かき」をしている姿を見ると
すぐにその人間の素の姿が見えます。

ちなみに、中学時代の今の季節は
屋根から滑り落ちた雪が軒先にくっつき、
そのままにしていると軒先が壊れてしまい、
多額の修復費用が掛かるので

ホームルームの時間に雪かきをする。

なんてことはよくありました。

必ず、その「雪かき」の姿が先生をはじめ
教育委員会の話題に上がり、

あそこの息子は学業の成績はいまいちだが、
雪かきをするときの仕事の組み立て方ときれいに仕事を終えた後には感心する。

なんてことが話題に上がり評価を受けました。

日常生活に関係する単純作業は
ときに学業の成績よりもすごい評価を受け、
自分という人間の信頼につながるんだな。

というのが私の「雪かき」仕事から得た教訓です。

今日のお題は
「できる限り仕事が早い人と付き合っていく」
です。

大工の世界では
現場をきれいに掃除して整理整頓しながら
仕事をする大工さんは仕事が遅いように見えます。

しかし、実は、一番「正確な」な仕事をし、
手直しもなく、
結果、仕事が早くきれいに完了しているのです。

逆に、明らかに
意味もなく散らかっている現場の職人さんは
仕事は早く、頑張っているように見えますが
結果的に仕事は遅いのです。

大事なポイントは

自分が今終えた仕事の後を
もう一度必ず確認して今の仕事を終え、
そこで、きちんと後始末をして次の仕事に移っているのか

ということです。

たばこを休憩時間以外に吸う。
なんてことは
今は時代には合いませんが、

職人さんが時間ではなく、
一仕事を終えた後にたばこを一服するのには
そういう「確認」と「後始末」という意味が込められている
ということを私は大工見習時代に
何も言われなくても感じ取りました。

私は「早く」という前に「正確さ」という言葉が付き、
「早く」の後には、「確認」と「後始末」という言葉が付きます。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月12日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2138850279550982

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1943回 「コミュニケーションが取れている仲間同士のフットワークは軽くなる」はお客様との今の信頼度をチェックするときのバロメータになっていて...!!(2021.01.11.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月11日のテーマは

~フットワークの軽さは良好なコミュニケーションが必要~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001110000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1943日目、私がfacebookに書いた言葉
から

この日の菊原さんのブログを読んで

「コミュニケーションが取れている仲間同士のフットワークは軽くなる」

と私は受け止めました。

これは私の場合、お客様と信頼関係を築いていく過程に似ています。

最近は、ウェブからの問い合わせが多くなりました。

しかし、お客様は、二つのパターンに分かれます。

いわゆる、フットワークの重い方と軽い方です。

フットワークの重い方は、
明らかに信頼関係が「0」から始まる方です。

それに付け加え、住宅会社の選択枝は
ほかにもたくさんある

と思い込んでいる方ほどこの傾向は強くなります。

こんな方に対応する今の私のキーワードは
コピーに頼らず直筆した「手書き」で
伝えるとしいうことです。

私がハウスメーカーの営業マンだったころは
「手書き」が当たり前というか
「手書き」しかありませんでした。

せいぜいあったのが一枚下の便箋に
カーボンコピー紙を挟んで複写することです。

今は、効率化に頼るあまり、
DMが送られてきても
すべて同じ活字に私は見えます。

私の感覚では確かに見た目はきれいなのですが
機械的な同じ字体ばかりで
もう飽き飽きだ。

という感覚です。

もう一回自分の過去の経験を見直し、
「よかったな」ということに戻ると
私は決めて行動しています。

特に私は自分を売り込む表現として
自分の「色」とか「味」ということを意識して動いています。

今日のお題は
「フットワークの軽さは良好なコミュニケーションが必要」
です。

一方、フットワークの軽い方は
私が出して指示した提案に対して

「ここまでやりましたが、間違いないか確認してみてください。」

私が「完璧です。」

とお答えすると

「次は、何を動けばいいのか。教えてもらえますか?」

と、ドンドン積極的に私を押してきます。

すぐにどんどん動いてくれ
私の方もどんどん感心してしまいます。

明らかにウェブ上で信頼関係の構築がかなり出来上がっていて
それで私のところにきているという風に私は受け止めています。

ウェブ上で信頼関係が構築できるなんて
すごい時代になったものです。

こんなお客様の傾向は明らかに初めに計画した資金計画よりも
その動くスピードの度合いによってお金がかからなくなる。

という傾向になります。

まさに、「時は金なり」で
いつも私はお客様自身で動いた結果に脱帽で
頭が上がりません。

当たり前の成り行きですが、

「コミュニケーションが取れている仲間同士のフットワークは軽くなる」

はお客様との今の信頼度をチェックするときの
バロメータになっています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月11日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2136757669760243

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1942回 残された人生の未来を決める時間を何につぎ込むのか。自分の意思で決定する。ということが...!!(2021.01.10.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月10日のテーマは

~何に時間をつぎ込んでいるかで未来が決まる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001100000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1942日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「一万時間理論」について

この独り言を毎日約1時間かけて私は書いています。

内容は、過去の自分で忘れている記憶をよみがえらせて
今の自分に課題とするということです。

そのヒントを菊原さんからいただく。

といった感覚です。

ちなみに2014年9月18日から始めて
結果として丸6年以上費やしていて
仮にもし、この後も毎日続けたら、
あと2か月ほどで2000回を迎えます。

私は文章を書くのに
「自分で楽をせず」ということを心がけ、
一生懸命思い出しながら書いている状態で
約1時間かけているので
2000時間ということになります。

まだまだ10000時間まで5分の一にも到達していなく、
ペーペーといったところで
程遠い位置に自分はいて「一流への道のりは遠いな。」

と今、気づきました。

しかし、これも私の実力のうちで、
動かない数字の結果が証明しています。

このブログは私の場合、

第二領域「緊急ではないが重要」

に含まれています。

「将来のための勉強」
「自分磨き」
「人とのコミュニケーション」

すべてが含まれます。

マンパワーでガンガンやっていたときは
第二領域について知っていたものの
手抜きをしてやっていませんでした。

しかし、自分で死を覚悟するような大病を経験して
誰かに頼らなければならなくなったことを悟ったことが
キッカケとなり、

第二領域「緊急ではないが重要」

に時間を費やす第一歩としてこのブログを始めました。

今日のお題は
「何に時間をつぎ込んでいるかで未来が決まる」
です。

稲森和夫さん「心を高める、経営を伸ばす」という本の中に

「24時間、仕事のことばかり考える」

という内容が書かれているところがあります。

私はこの本に出合う前から
仕事に対してエンジンを止めず、
24時間アイドリングでいる。

ということが今の実力のない自分でも
今すぐできることだ。

ということを父の死から悟り、
実践していたので
すぐに私の中に入ってきました。

でも実際、24時間には寝て
自分の体力回復をはかる時間も含まれているので
現実には無理です。

しかし、これをやっていると
嘘みたいですが、

仕事で壁にぶち当たって悩んでいることが
夢にまで出てくるときがあるのです。

そして、そこで夢は終わらず、
解決しようとしている自分の姿も出てきます。

さらにたまにですが、
その解決の糸口になるようなヒントが
夢に現れることもあります。

多分、これは小さな企業でも
自分で使命感を持ってやっている経営者ならば
現れる現象かもしれません。

正直、「一万時間理論」に気づくのが
遅すぎたからかもしれません。

しかし、かなり、コンパクトなサイズかもしれませんが、
大谷選手のようにマンダラートチャートを今から作り、

残された人生の未来を決める時間を何につぎ込むのか
自分の意思で決定する。

ということが一年前の勉強会に参加して私が気付いたことです。

後は実戦で試していき、
結果を数字で判断することが大事だ。

と私は思って生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月10日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2134733426629334

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1941回 キーワードは周りの方への配慮。その中から自分が主役になれる話題になったら、すぐ流れに乗り、飽きてきたなと感じたら、引き下がる...!!(2021.01.09.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月9日のテーマは

~飲み会では主役は5分で交代しなくてはならない~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001090000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1941日目、私がfacebookに書いた言葉
から

一年前の昨日、私がお世話になっているコンサルタント会社の
の勉強会と新年会が行われました。

だいぶ前にも触れたことがありますが、
私がハウスメーカーの営業マン時代に
いつも最後に値引きをして契約を持っていかれていた社長さんの方から
突然、名刺交換をお願いされたので名刺交換をしました。

正直、過去のネガティブなことが自然と頭の中に浮かび
100%気持ちがいいわけではありませんでした。

今も総合展示場にショールームを構え
私とはけた違いの結果を出していますが、

どうも

身体と声と笑い声が大きく、周りから時々、「うるさい」と注意を受け、
「ごめんなさい。」と謝ってしまう私に興味を示しているようでした。

新年会の席でも私の目の前にお座りになられました。

最初は世間話が続きましたが、

お酒が入った最後の時間の方に
私の地元でバッティングしたこともある。

と話題にしたら、

あのお客さん本当にあの価格でやったの?

と質問されてきました。

はいそうです。利益も残しました。

とお答えしました。

私が唯一その社長さんからも
最後まで残ってもぎ取った物件でした。

私は自分を進化させるために
たとえライバル関係にあっても出し惜しみせず、
聞かれたことはすべて馬鹿正直に答える性格です。

それで負けるようであれば、
それは自分の実力不足とすることに決めています。

そうすれば、自分の進化に必ずつながるが私の教訓です。

今日のお題は
「飲み会では主役は5分で交代しなくてはならない」
です。

周りの方が食いついていると感じるときは
私は5分というルールを守りません。

でも、興味がないと感じたら、
すぐにその話題をやめ、引き下がり、
また本音で聞きたいことが出てきたら、
その流れに乗ります。

今日のお題はそのまま
見込みのお客様との関係に似ているな。

と私は感じました。

キーワードは周りの方への配慮。

その中から自分が主役になれる話題になったら、
すぐ流れに乗り、
飽きてきたなと感じたら、引き下がる。

一年前の昨日の新年会はこんなことを私に気づかせてくれました。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月9日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2132170633552280

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2132235153545828

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2132263886876288

の3つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1940回 そうかトップの成績を残す方は、こういうタイミングで勝負をかけてくるんだな...!!(2021.01.08.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月8日のテーマは

~嫌な人と仕事をする際にやって頂きたいこと~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001080000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1940日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は、お客様と商談するときに

確かに自分でもそんなに好きでやっているわけではありませんが、

「その部分は聞かれたくないなぁ」

といったポイントをグイグイ質問していくタイミングがあります。

ただし、これは、お客様が家づくりをするうえで
絶対に必要なことだと私は感じていて
お客様が幸せになる道のりだ
信じているからです。

例えば、年収です。

これは、住宅ローンを組むときの
かなり重要なキーワードになりますが、

なかなか人前では言いにくいことです。

私自身も自ら進んで公言することはありませんし、
聞かれてもいない年収を
自分から言い出すなんて行為
を「美しい」とは感じません。

バカじゃないの?

と感じます。

でも、住宅ローンを組んで家づくりをするときは
逃れられません。

私自身がやっていることはホームページのトップページに
今月に年収250万円の方がフラット35の9割融資
を組んだ時にいくらまで借りられるのか?

を毎月更新しています。

また、年収をお聞きするときは

申し訳ございませんが、

と前置きして、去年の私の年収は○○万円です。

どうしても住宅ローンを組んで家づくりをするときは
教えてもらわなければならない情報なので
記憶にある範囲でいいので
おおよそ年収の額を教えていただけますか?

と質問形式でお聞きし、

そうすれば、今月の最大限に借りられる金額を
私が目の前で計算して出します。

というオファーをかけ
おおよそでいいから
年収を教えてもらうことにしています。

フリーの完成見学会を定期的にやっていたころは
教えてく足さる方もあまりいませんでしたが、

予約制にしてからは、お聞きすると
結構簡単に教えてくださる傾向にあります。

今日のお題は
「嫌な人と仕事をする際にやって頂きたいこと」
です。

どうしても嫌な人にならなければならない時も存在します。

私の営業の経験上、いい人だけは契約に至りません。

でも、本気でお客様の幸せを願うのであれば、
本音でぶつからなければ、幸せの方向に行けない。

ということを私もこの歳になると知っています。

私が「こいつは、すごい営業マンかも!?」

とオーラを感じるすごい営業マンの要素として、
大げさかもしれませんが、

自分の生死をかけた
一か八かの踏み込んだ質問がばっちりのタイミングで
飛んでくることです。

私はそのとき、

そうかトップの成績を残す方は
こういうタイミングで勝負をかけてくるんだな。

と瞬時に感心し、その営業マンの人間的な魅力に
自然と引き込まれてしまうのです。

そこは真似するべき点だとロートルになっても
いつも勉強させてもらっています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月8日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2130322247070452

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2132044356898241

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1939回 目の前に起こっていてたまたま、自分で気づいた変化への対応を私は楽しんで生きて...!!(2021.01.07木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月7日のテーマは

~「今後は厳しくなる」の後にどう思うかが重要~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001070000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1939日目、私がfacebookに書いた言葉
から

相変わらず、早とちりで思い込みが激しく
さらに老眼も徐々に進んでいる私は
いきなり、今日のお題の

「今後は厳しくなる」...

「今後は楽しくなる」...

と全く逆の意味に読み違えてしまいました。

しかし、物は考えようだと私は思っています。

今日の菊原さんのブログの内容を
私なりに一つ一つピックアップしていくと

「これからはどんどん厳しくなる」

「これからはどんどん面白くなる」

が私の脳のとらえ方です。

でもこの発想はいたって簡単です。

厳しくなるから
目の前に壁が立ちはだかって
自分の人生が面白くなるんじゃないか!!

という常識外れで突拍子もない発想が
今までの自分の人生を生きてきた素のままの私です。

また、
「家を建てる人がどんどん減っていくのできついです」

「確かに、家を建てる人はどんどん減っていきますが『0』ではない。」
もまた、ひねくれた私の性格による発想です。

肝心なのは家を建てる人は『0』ではないので

「自分が家を建てる方に選ばれるのかどうか。」

ということだと私は思っています。

具体的には、家という商品はまだいい方だ
と私は思っています。

なぜなら、間取りや外観さらにはコストパフォーマンスなどなど
変化を生める可能性がたくさん存在するからです。

例えば、私がきついなと感じる営業マンの仕事は

保険屋さんとか、車屋さんの営業マンの仕事です。

何しろ全く同じ商品を同じ値段で売らなければならないのです。

明らかに営業力を通り越して総合的な人間力が要求され
その結果でお客様から選ばれます。

そして、きつい言い方ですが、
その結果すべてが
自分の評価につながる時代だと私は思っています。

まさに弱肉強食の時代に突入していきそうですが、
地球の歴史を見ると

恐竜に代表されるように
必ずしも、圧倒的に力の強いものだけが
生き残り続けるとは限りません。

生き残るのは変化に逆らわず、
その変化に自分を合わせられるもの。

というのか私の感覚です。

今日のお題は
「『今後は厳しくなる』の後にどう思うかが重要」
です。

私の人生経験から、

ちょっとだけ「楽」をするのはいいけれど
「楽」をし続けたら、ろくなことがない。

ということです。

変化に自分を合わせるときに必ずあらわれる現象が

頑張れば達成できそうな目的を建て
そこにたどりつくために学んで行動し
できるまで努力し続けて得た結果の繰り返しによる
自分自身の進化だ!!

が、思い込みの激しい私の答えです。

私の左脳は努力を続けているものの
とっくの昔にAIから追い越されているな。

と私は感じています。

しかし、まだまだ私の右脳は大きな可能性を秘めているとも
能天気な私は思いこんでいます。

自分にとって「ちょっときついな」
と感じることを続けることしかない。

と私は思っています。

目の前に起こっていて
たまたま、自分で気づいた変化への対応を
私は楽しんで生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月7日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2129048747197802

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1938回 結局、本は自分のお金で買うから意味があると私は思って...!!(2021.01.06.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月6日のテーマは

~下手な速読は本の誤読をまねくことになる~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001060000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1938日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私が主に買う本には

信頼できる方が「あの本いいよ」と言っている本。
著者の実績に伴った自伝タイプの本。
辞書と同じ目的で使う本。

と大きく分けると3種類あります。

この中で速読する傾向が強い本は

信頼できる方が「あの本いいよ」と言っている本。

です。

私が速読する理由の条件に「信頼」があります。

本を読む前にもう信頼関係が構築されていれば
安心してその本を読むことができます。

一方、速読しない本は

著者の実績に伴った自伝タイプの本。

この本を読むときは
一つ一つ頭の中でその状況をイメージしながら
私は本を読み、即読はしません。

むしろ、イメージできない時はそこのページで立ち止まり、
イメージできるまで前へ進みません。

こんな言葉が存在するのかわかりませんが、
かなり遅読で、「かみしめながら本を読む」という感覚です。

最後に残ったのは

辞書と同じ目的で使う本。

でなかなか手放せません。

今になってまだそんなことしていての?

と言われてしまうかもしれませんが、
「Word」,「Excel」,「PowerPoint」
の基礎的な本です。

確かこんな機能があったな。

と辞書のように引っ張り出して
集中的にそのページ近辺をよく読んでいます。

これは、コンピュータ学校に通う時間とお金を投資して
自分自身で学んだことあり、
思い入れも強いです。

でもまだまだ自分のものになっていません。

ということで手放せない本となっています。

今日のお題は
「下手な速読は本の誤読をまねくことになる」
です。

私は貧乏性で
もし本を買ったら、時間はかかっても
最後までひと通り「遅読」でいいから
目を通すことにしています。

必ず、せめて一つぐらいは
読んだ本の中から
自分の身となることを発見する。

という気持ちです。

私はこんなレベルなので
折角、一所懸命働いて得たお金で買った本を
「速読」する方の感覚がわかりません。

だから私は結果として不器用なのかもしれません。

でも、なかなか読まない本に共通していることは
こちらが要求していないのにもらった本です。

よっぽどのきっかけがない限り、
なかなか手を付けられません。

結局本は自分のお金で買うから意味があると私は思っています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月6日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2126952374074106

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2127087520727258

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1937回 運をつかむのか、そうでないのかは、すべて自分の判断で決めていることだ。というのが...!!(2021.01.05.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月5日のテーマは

~誘われて「ちょっと考えます」で運を逃す~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001050000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1937日目、私がfacebookに書いた言葉
から

今日もまず、お客様の例からお書きします。

私は古くても丁寧に掃除しながら住んでいる持ち家がある。

あるいは、

今はアパート暮らしをしていますが、
いずれ、必ず戻る実家がある。

こんなタイプのお客様が
「ちょっと考えます」
という言葉を返すのならば、
私はよく気持ちがよくわかります。

私の意見としては、自分の家族内だけではなくて、
もし、ご夫婦の場合は、両方のご両親と

「ちょっと」ではなく、
「じっくり」時間をかけて結論を出してほしい。

と思っています。

もし、その結果、

やっぱり最終的には実家に戻り、家を建てることをやめました。

となってもいい。

と私は思っています。

私の家づくりに対する思いは結果として

「商売だから、ただ、家を売ればいい」

ということが私の目的ではないからです。

あくまでも、

家づくりはこれからのご家族や身内とのスタートラインに立ち
全員が幸せの方向に仲良く進んでいってほしい。

が私の家づくりへの思いです。

家づくりがその幸せを妨げるような可能性があれば、
私はこの家づくりという仕事をやめようと思っています。

一方、自分名義の土地もなく、
「先のことは何とかなるだろう」
という安易な気持ちでアボート等に住んでいる。

あるいは、

実家はありますが、
後を継ぐ明確な目的意識をもって
すでに長男夫婦がそこで生活をはじめている。

こんなお客様の「ちょっと考えます」と気持ちはよくわかりません。

この前、勉強会に行ったときに
また、その住宅会社さんのOB様のお声を聴くことができました。

歳は、20代後半に差し掛かろうという若いご夫婦さんです。

私の印象に残った言葉は、

将来、自分たちのものにならない
アパートにお金をつぎ込むのは
「とてももったいない」と
いつも夫婦で話し合っていて
家を建てました。

というお言葉です。

20代なのに素晴らしいことだと私は感じました。

今日のお題は
「誘われて『ちょっと考えます』で運を逃す」
です。

私のことを書きます。

今の私は、先約優先の法則で生きています。

しかし、ただ、やみくもに先約を取っているわけではありません。

やっぱり、即時に判断して、すぐに「YES」か「NO」を告げます。

ほとんど、「YES」で返しますが、

唯一、この約束は、自分で「美しくない」と感じた時は
「NO」で返します。

即断で約束を決めますが、後悔もない

というのが私の即断即決です。

でも生きていると自然現象による被害に遭遇し
約束の時間に遅刻してしまうこともあります。

とりわけ秋田の場合は、この冬の期間です。

猛吹雪でホワイトアウトとなり前へ進めない時です。

こんな万が一の時のために
私は先約優先で常に約束を果たして
自分の信用を崩さないようにしています。

でも、「誘われて『ちょっと考えます』で運を逃す」は
いくら頭の中ではわかっていても
ほとんどがその人の性格によることが多い

が私の経験です。

決められない方は、やっぱり決められなく、
他人には言えないドツボにはまっていることが多い。

というのが私の経験論です。

よく医療をテーマにしたドラマなどで
主人公の名医のところに来たときには

もっと早く気付く兆候はなかったのですか?

というシーンがあります。

多分あったはずなのです。

それも、一回だけでなく、何回もです。

簡単に見逃してしまう癖がついてしまっており、
気づいた時にもう手遅れだ。

もまた、当の本人が自分で選んで決めていることなので
他人にはとやかく言えません。

運をつかむのか、そうでないのかは
すべて自分の判断で決めていることだ。

というのが私の結論です。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月5日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2124982597604417

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1936回 お金の金額の大小ではなくて、気持ちのこもった贈り物を持参することを私はいつも心がけて...!!(2021.01.04.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月4日のテーマは

~人と会う際の一流、二流、三流~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001040000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1936日目、私がfacebookに書いた言葉
から

将棋の「羽生 善治」さんの名言に

三流は人の話を聞かない。
二流は人の話を聞く。
一流は人の話を聞いて実行する。
超一流は人の話を聞いて工夫する

という名言があります。

自分のことを書いてもいいのですが、
もっとわかりやすい例は
お客様のしぐさや行動です。

私は、いくら私から礼儀正しく真剣に話を着ていても
私の話を聞かない方は
少々投げやりかもしれませんが、すぐにリリースして
そんなに無理をしてまでも追いかけず
自分のお客様にならなくてもいい。

と今は思っています。

無理して契約をとっても
おそらく感謝されず、
感情的なクレーマーになるだろう。

が私の営業勘です。

今度は私のことを書きます。

「私は人の話を聞く」と「人の話を聞いて実行する」
を行ったり来たりしています。

この歳になっても基本は猿真似から始めています。

だから少々高価で有料のセミナーにもよく出て
気づきをいただき、自分の行動に取り入れて
そのままそっくり真似をします。

ところが何回も真似してやっているうちに
ここをもう少し進化させてやったら
うまくいくのでは?

となり、感情が抑えきれずにやってみます。

ところがやはり、私の考えはまだ浅く、
玉砕してしまいます。

また、そっくりそのまま真似をしてやる
に戻してやっているとレベルは低いかもしれませんが
うまく回りだして安定します。

そうしているうちに
また、やってみたくなることが出てきます。

という繰り返しがエンドレスの私の行動パターンです。

今日のお題は
「人と会う際の一流、二流、三流」
です。

一流、二流、三流は別として
私は誰かと会う際、
必ず手ぶらでは会いません。

失敗することもありますが、

これを持参したら喜んでもらえ、
私の良いイメージが少しでも長続きして残るだろうな。

という工夫を施した物事です。

私は発想力が乏しい人間だ
と自分のことを分析しています。

しかし、何かがきっかけとなり、
そのことを工夫して自分の手足となるようにまで極めることを
意外と得意な方だと思っています。

私は力のない人間ができる人に唯一対抗できる方法は
「工夫」しかないと私は祖母にしつけられました。

その典型が私の場合は外食です。

とはいっても、お金のかからないB級グルメです。

外食していると自分にもこの味が再現できないかな。

とよく頭に浮かびます。

何度もあれこれ工夫しながら試してみるのですが、
絶対に再現できないB級グルメも存在します。

そうすると私の行動はどうなるのか

というと
あそこの店に行ってまた、あの味を確認してみたいな。

と感じ行動してしまうのです。

お金の金額の大小ではなくて、
気持ちのこもった贈り物を持参することを
私はいつも心がけています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月4日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2122943657808311

の1つでした。

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1935回 うまくいって一瞬だけ現れてすぐ消える楽しさ以外は「苦」の連続でそのことを「面白い」と感じながら...!!(2021.01.03.日)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月3日のテーマは

~営業歴30年の方が結果を出し続ける原点~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001030000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1935日目、私がfacebookに書いた言葉
から

「いつまで営業をしたいと思いますか?」

と聞かれれば、当たり前のことですが、

「私自身がお客様に必要とされなくなるまで」

と答えます。

お金に余裕があり、
道楽で続けるのであれば、
あるかもしれませんが、

そこまでして営業職を続ける気はありません。

必要とされなくなったら、
いくら自分で営業職を続けたいと思っても
廃業せざるを得ません。

とはいうものの「営業職が楽しい」

と感じたことはほとんどなく、
大部分が「苦」という言葉の連続です。

むしろ、毎回、違ういばらの道で、
契約まで届かず、
途中で引き返すことになることの方が
何度となく私の目の前に現れます。

でもこの毎回違ういばらの道で
うまくいかないこともたくさんあるから、
「営業職は面白い」と私にはいえます。

私の場合は「楽しい」から営業職を続けているのではなくて
「面白い」から続けているのです。

これは、私の偏屈な性格もあるかもしれません。

私は自分で課題を無理矢理にでも見つけ出し、
自分の脳を刺激することが大好きな人間のようです。

営業職は自分一人では成立せず、必ず相手があります。

それも十人十色で人の性格は似ているところはあっても
確実に全部違います。

ここが私の脳の刺激を受けるところです。

毎回全く同じやり方で
通用するならば、営業職はなくなり、
昨日の話のようにAIにとってかわられてしまいます。

今日のお題は
「営業歴30年の方が結果を出し続ける原点」
です。

私の場合、営業職というのは

自分自身を鍛えて進化させるのにうってつけの仕事だ

と私は思っています。

だから楽しいことはないのが当たり前です。

でも、夢と希望に溢れた仕事だと私は感じています。

自分の過去の失敗経験から学んだことを
自分なりの論理的思考を組み立て
次の実践で試してみるのですが、
また返り討ちに合います。

でも夢と希望は無くならない。

この繰り返しですが
運も手伝って私の論理的思考に合うお客様と巡り合え、
結果が出ると

今度はその契約率を上げる論理的思考を組み立てる。
などなど...
いくらでも課題は無理矢理作ることができます。

なんか私の人生みたいです。

私は、うまくいって一瞬だけ現れてすぐ消える楽しさ以外は
「苦」の連続で
そのことを「面白い」と感じながら
今も営業職を続けています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月3日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2120961611339849

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...


最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1934回 過去の失敗による経験から、ここぞと感じタイミングでは自分の直感を信じ集中力を一気に高めて...!!(2021.01.02.土)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月2日のテーマは

~結果を出す人は集中して一つにのめり込む~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001020000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1934日目、私がfacebookに書いた言葉
から

よく勉強会に出ていると他社の営業マンの方が
「なかなかアポが続かなくて...」
という悩みを聞く機会があります。

じっと聞いていると、
明らかに身だしなみもみるからにハマっていて
標準語の丁寧語や尊敬語のレベルは
秋田弁が染みついてしまった私よりは格段に高いレベルです。

そんなことを身に着けているのに
アポが続かず契約率が上がらない。

なぜだろうと思って「よ~く」話を聞いていると
契約率が上がらない方の共通点に気づきました。

それは、基本話法などの技術は私よりも明らかに上なのに
ヒアリングで特に集中するポイントが
ズレてしまっているところです。

ここでもよく野球のたとえ話にしていますが、

ピッチャーが投げたボールに集中して
タイミングをぴったり合わせなければ
高確率でヒットを量産することはできません。

営業マンの仕事を私はバッターとしてとらえています。

一年前の昨日、新年の特番でAIにとってかわられない確率が低い仕事の
一つは
新しい発想の創意工夫でプログラミングを
絶えず進化させることができる能力の方と

もう一つは

人との関係をうまく保てる営業職

という風に挙げられていました。

AIは過去の事実を統計化して
今最善を選ぶ能力には
到底今の人間の進化力では及びません。

しかし、現在の状況を打破して新しい未来のことを生み出す能力は
人間の能力にはまだまだかなわない。

ということでした。

例えば、自動販売機で売られている飲み物などは
もう信頼関係が出来上がっているので
営業マンを必要としませんが、

実はお客様が隠している悩みやこだわりを引き出して
世界にひとつだけの家を作る能力は人間の方がまだ上で
人間の仕事だ。

と、私は感じとりました。

今日のお題は
「結果を出す人は集中して一つにのめり込む」
です。

私が商談中、意味のない馬鹿話をしているようで
実はお客様のしぐさや声のトーンから

ここは自分の中にあるボキャブラリーの中から
アドリブでこの言葉を出すタイミングだ。

を今も鍛え続けて追求しています。

実践でやっていると
ここはまだそのアドリブを出す時期ではなかった。

ということが今でもあります。

でもその失敗は私の財産になります。

なぜ失敗が財産になるのかというと
それは、集中して聞き取ったうえでの失敗で
自分の今の実力だからだ。

という納得できる答えにたどり着けるからです。

私の場合は、集中して一つにのめり込むタイミングを常に見計らう

という感覚です。

お客様の話を全部に集中力を高めてインプットすることは
今の私にはできません。

しかし、過去の失敗による経験から
ここぞと感じタイミングでは自分の直感を信じ
集中力を一気に高めて

お客様が私に何を伝えようとしているのか!!

は絶対に逃しません。

今の私の場合は集中力にもメリハリをつけています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月2日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2119078831528127

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1933回 まとめると2021年の私も、まだ収束の見えないコロナ禍での経営にも新しい変化を求めず、逆にそれに身を任せ...!!(2021.01.01.金)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2020年1月1日のテーマは

~2020年はどんな1年にしたいかを考える~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/202001010000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1933日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私には、新しい年が始まったかどうかに関係なく、
自分だけの決め事があります。

それは、「今日1日を悔いなく過ごし、後悔を残さず。」
という生き方です。

新年早々暗い話になってしまいますが、

水星人(―)の私は
昨年から3年間六星占術で言われているところの
大殺界という冬の時代に突入ししています。

ちなみに前回は2008~2010年でした。

特に真ん中の2009年は「これで俺も終わりかな。」
と感じたことを思い出します。

その時と似た状態が3年間続くと予想し、
さらに付け加えるとコロナ禍で
まだ収束も兆しも見えません。

でも、2008~2010年当時は実質、
私一人で会社を切り盛りしていて
なるようにしかなりませんでした。

ただ、ひたすら、今、与えられている状況に耐えながら
仕事をしていたことも思い出しました。

でも、何とか自分なりの力で乗り切って現在があります。

その時と、一つ違うことは、妹が社長として活躍していて
一人ではないことです。

他力本願を元来の私ならば望むところではありませんが、
前回の経験もあり、
昨年から3年間は素直に力を借りることにしています。

今日のお題は
「2020年はどんな1年にしたいかを考える」
です。

消費税の駆け込み需要も静まり、そして変革が起こり、

「住宅業界も新しい時代の幕開けに突入するのではないのか?」

というのが私の予想でしたが、

まさか、それが新型のコロナウィルスの出現で
「住宅業界も新しい時代の幕開けに突入する」
とは予想できませんでした。

逆に、これに立ち向かうやり方は二つしかありません。

今まで寄せておいたお金を新しいノウハウに
どんどん投入し、次々と取り入れてやってみるやり方

今まで培ったノウハウを最大限に自分のやり方で活かし
時代の流れに身を任せてチャンスをうかがうやり方です。

まさに、「動」と「静」という字に置き換えられると
今年も私は思っています。

大殺界の中でも水星人(―)の私にとって
最もきつい「停止」に自分が入るからと言っても
必要以上に恐れて自分を見失わないことが肝心なことだと思っています。

いかにも能天気な私らしいな。

です。

むしろ、今まで目に見えない力として貯めてきた
自分の本当の力が試されるときと
昨年の今日よりも今年の私は思っています。

ということで2020年に引き続き、2021年も
私は、「静」でいくことに決めています。

今まで学んできたことで「まだまだ浅いな」
ということをどんどん深堀して

古いノウハウでも気づいたことは地道に追求し
究極の力が発揮できるところまで
自分の現在ある潜在力で持っていきます。

これが前回の大殺界を乗り切った私なりの答えです。

まとめると2021年の私も、
まだ収束の見えないコロナ禍での経営にも新しい変化を求めず、
逆にそれに身を任せ、

私の世代の漫画言うと

「北斗の拳」のキャラクターで
「激流を制するのは静水」と名言を放った
「トキの拳」で挑みたいと思っています。

そうすれば、小さな工務店でも
大きな時代の変革という激流に流されず
その激流に身を任せているとチャンスは巡ってきて
私でもそのチャンスをとらえることができるかもしれない。

というのが「2021年もどんな1年にしたいか」の根幹の考え方とします。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2020年1月1日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2116251511810859

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2117157035053640

https://www.facebook.com/taira.tazawa/videos/2117183918384285

の3つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!

第1932回 自分自身と素直な気持ちで真正面から向き合い、その結果、「本当に信頼を失うのは一瞬」というリスクの確率を減らし...!!(2020.12.31.木)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2019年12月31日のテーマは

~2020年からはお金の貯金ではなく"信頼貯金"~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/201912310000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1932日目、私がfacebookに書いた言葉
から

ちょっと上げ足を取る様で申し訳ございませんが、
決して「信頼貯金」を否定しているわけではありません。

私は自分の過去の経験から、
信頼を貯蓄していくにはコツコツと
一歩ずつ貯めていくしか方法はない
と思っていますが、

本当に信頼を失うのは一瞬です。

そしてこれは何が原因かと
私が思っているのかというと

それは自分自身の言動と行動が伴わないからだ

が私の答えです。

私は自分以外の方から「信頼貯金」を得る前に
自分自身で決めた自分自身と約束を交わしたことを守り、
そのことを積み重ねていって
自分自身との「信頼貯金」を確実に貯めていくことが先。

と思って今の私は生きています。

私自身も人間としてできておらず、
「まだまだだな」と感じることがけっこうあります。

今の行動は自分の言動と会っていない。

と感じた時は後の祭りで

折角それまで貯めてきた
自分自身との信頼貯金が一瞬で消える瞬間です。

しかし、自分自身のことなので、
ほかの方には悟られないように

という力が働きます。

実はこれが最悪の展開を生み出すことだ。
と私は経験してきました。

自分自身との信頼貯金を「0」からまた貯めていくには、
一旦、そこで立ち止まって自分の過ちを素直に認め、

「言動と行動を一致させることから始まる。」

と私は思っています。

具体的には

「自分に都合の悪いことは飛ばして、調子のいい言動ばかり並べない」

ということです。

生きていれば必ず、失敗はつきものです。

そして、それは何もしなければ
そのまま自分に都合の悪い事実として
自分の中にとどまり続けます。

でも、そのことは自分にとって一番踏ん張らなければない大事な時に
間違いなく復元されて最悪の場面としてその姿が現れます。

今日のお題は
「2020年からはお金の貯金ではなく『信頼貯金』」
です。

クレジットカードも含めて、
今の時代は電子マネーと呼ばれる方向に移行する動きに
世の中が動いています。

正直、この先はどうなるのか
私には予測できません。

ただし、クレジットカードとは、
カード保有者の信用(=クレジット)によって、
後払いで商品購入などの決済ができるカードのことです。

つまりは「信頼貯金」と同じことになる

と私は思っています。

お金ならば目に見え容易に確認できますが、
信頼は目に見えず、本当のところはどうなのか
という正体はわかりません。

「信頼貯金」とはまさに
「その人間が内面に持っているすべてだ」
と私は思っています。

だから私の場合は、常に自分自身と素直な気持ちで
真正面から向き合うことにしています。

その結果、「本当に信頼を失うのは一瞬」というリスクの確率を減らし
スピードは遅いかもしれませんが、
「信頼貯金」を確実に積み上げていくことになる
と思って私は今に生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2019年12月31日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2116251511810859

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1931回 「規格住宅」ではなくて、「企画住宅」となり、同じ「きかく」でも「規格」よりは「企画」の方が同じ家づくり予算なら、「お客様の夢と期待は広がる」...!!(2020.12.30.水)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2019年12月30日のテーマは

~2019年はどんな年だったか?1時間かけて振り返る~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/201912300000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1931日目、私がfacebookに書いた言葉
から

毎年この時期になると、一番初めに頭の中に浮かぶことは

今年一年間で新しいお住まいのお引渡しを終えた
お客様とそのご家族様そして、お客様のご両親のお顔です。

このことを思い浮かべて振り返ってみると、

自画自賛ですが、自分自身で

「今年もいいことをしたな。生きていてよかった。」

と自分だけの達成感を味わうことができます。

そして、「来年もまた、引き続き、頑張るぞ」
という意欲が自分の中から沸々と湧いてきます。

単純細胞の今の私はこれのみで生きている
といっても過言ではありません。

私は今まで依頼を受けたお客様の家の設計を
誰かに依頼したことがありません。

すべて、国家資格の一級建築士という資格のもと
自分自身で手掛けて最後まで責任を負っています。

最近、「規格住宅」という言葉をよく耳にしますが、
お客様にとってどんなメリットがあるのか、
私にはその真意がよく理解できません。

きつい言い方かもしれませんが、
私は「規格住宅」を売っている住宅会社にしか
メリットがないように感じてしまうのです。

というのも、私は今まで
全く同じ間取りの家を設計したことがないからです。

家の外観は似ていますが、
どこかにお客様のこだわりが入り、
間取りに微妙な変化が出る。

私の場合は

こちらの方が自然で真実だ

と感じて今も生きています。

もし、「自社商品をお持ちですか?」

と質問されたら

「自社商品はありません。」

と初めに断言し

強いて挙げるとすると
少しでも多くお客様のこだわりが入った
世界に一つだけの注文住宅の家を作り上げること自体が
私の商品です。

とお答えします。

極端な話ですが、家に住んでいて
お客様が予測できない危険性を取り除こと以外は

お客様のこだわりの家づくり思いが
形として込められるほど、
私はいい商品だ

と思っています。

だから全く同じ間取りの家は存在しない。

というのが私の答えです。

こんな言葉が存在するのかは、よくわかりませんが、
ひらがなで書くと「きかくじゅうたく」
という風になりますが、

漢字に変換すると「規格住宅」ではなくて、「企画住宅」となり、

同じ「きかく」でも「規格」よりは「企画」の方が
同じ家づくり予算なら、

「お客様の夢と期待は広がる」

と私は感じています。

「企画住宅」=「世界に一つだけの注文住宅の家を作り上げること」

「来年もまた、引き続き、家づくり頑張るぞ」

という私のモチベーションにつながっています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2019年12月30日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2112996012136409

の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1930回 お金もない凡人が通用するやり方は「『今できること』をすべてやっていく以外に方法ない。」と私は思って...!!(2020.12.29.火)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2019年12月29日のテーマは

~結果を出す人は"今できること"をすべてやっている~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/201912290000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1930日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私は自分で気づいたことは、
すぐに決断して行動に移すことにしています。

しかし、必ず、自分が思い描いているような結果には
必ずしも結び付かない。

ということも知っています。

つまりは、努力したからと言って
その結果は人間すべてみな平等に与えられるものではない。

ということを受け入れています。

それでもなぜ行動に移すのかというと

結果を出し続けている方は皆、日々、努力し続けている

という事実です。

私自身が実感していることの中にこのブログがあります。

毎日、書き続けてまる5年を超えました。

何が変ったのかというと
会話の時すぐにその場面に合ったタイミングで

「あ~、う~」とならずに

ぴったりした言葉が自分の頭の中に浮かび
言葉としてすぐに出てくることです。

ちょっと付け加えると標準語ではなくて秋田弁の方言でです。

相手の方が少しでも秋田の方言のなまりが出たら、
すべて勝手に秋田弁に変換されます。

でも、秋田に生まれて
秋田にずっと住んでいる私の場合は
方言にも、丁寧な言い回し、尊敬する言い回しも存在するので
これでいいと思っています。

要は、私の脳ができるだけ衰えないような状態を作り上げ
脳が衰えたとしても、
勝手に私の脳のリハビリにもなっている気がしています。

今日のお題は
「結果を出す人は『今できること』をすべてやっている」
です。

私は高額なノウハウも買いますが、
それ以上に無料のノウハウも学び
かなり実践に取り入れています。

正確には、交通費と私の大切にしている時間を使っているので
全くの無料というわけでもありませんが、
明らかに新鮮だと感じる気づきがあり、私の脳も刺激を受けます。

もちろん学んでもそのままにしておくと
時間の経過とともに記憶のかなたに追いやられてしまうので
できるだけすぐに行動に移し、
新たに進化した脳への刺激を与え続ける。
というのも私のやり方です。

一番影響している私の思いは

気づいているのに手を付けず後で後悔することが絶対嫌だ。

という私の性格です。

お金もない凡人が通用するやり方は

「『今できること』をすべてやっていく以外に方法ない。」

と私は思って今に生きています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、

2019年12月29日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2110787475690596
https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2110843525684991

の2つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん、友達申請してくだされば、喜んで承認させていただきます。

((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス!!

私、田澤 平(たざわ たいら)は一級建築士で
秋田県でお客様に「安くていい家づくり」を提供させていただいております。

詳しいことをお知りになりたい方は

https://www.ahouse.co.jp/

から、お入りくださいませ(*^-^)V!!


第1929回 まだまだアナログにも無限の可能性を秘められていると私は感じていて...!!(2020.12.28.月)

https://www.ahouse.co.jp/

私は「住宅営業マン日記~月いちさん営業コンサルタント&大学講師」
菊原智明さんのブログを読んで
自分で感じた「独り言」を毎日facebookに書かせていただいております。

もちろん、菊原さんの了承を得て続けています。

2019年12月28日のテーマは

~デジタルとアナログのハイブリッドでお客様を獲得する~

でした。詳しい内容をお知りになりたい方は

https://plaza.rakuten.co.jp/tuki1/diary/201912280000/

で確認をしてみるのもよい方法だと感じるのですが...いかがでしょうか?
1929日目、私がfacebookに書いた言葉
から

私はいろいろなことに挑戦しましたが、
はっきり自分のことを分析できて今わかっていることは

絵心はありませんが、筆字なら何とか勝負になり
ほかの方の心に響かせることができる。

という点です。

よって正確な数字に関係するお役立ち情報は
てデジタルツールを主に使いますが、
はがきに私が重要だと感じているポイントを筆字で書いて伝えます。

ここでもよく書いていますが、

はがきが今の時代に合っている
と私が感じていることは
表裏をワンアクションで切り替えて
相手の方の目に入れることができる点です。

もう一つは
手書きのはがきに限りますが、
私はなかなか捨てるのに勇気がいり、
手元に自分自身でも置いてしまうという点です。

ちなみにはがきでも手書き以外のはがきは
決断よくはすぐに捨てられます。

自分の手書きの字で書く
というひと手間をかけることが
なかなか捨てられない状態を作っている
と私は感じとっています。

また私は1年前、なかなか捨てられない写真を
お金をかけてデジタル化し
私の毎日更新しているFacebookのヘッドにアップしました。

どれも私らしさがにじみ出ている写真ばかりで
なかなか捨てられませんでしたが、

今は毎日それらの写真を目にすることができるようになり、
私はフローな気分を続けられています。

これなんかはいちいちアナログで探してやると続かないことですが
デジタルツールに感謝しています。

今日のお題は
「デジタルとアナログのハイブリッドでお客様を獲得する」
です。

まだまだデジタル100%では伝えたいことを伝えられない。
やはりアナログが必要だと私は感じています。

今は年賀状の季節ですが、
一時期私も年賀状のアプリを使いプリンターに任せて
年賀状を作成していた時期がありますが、
今は筆ペンだけを使って書いた年賀状を送っています。

「あけましておめでとうごいます。」

という挨拶の言葉一つとっても
全く同じ字にはならず、
一枚一枚、その時の私の状態の味が出ます。

今の私はこれが素顔のままの自分でとてもいい。
と感じられるようになりました。

まだまだアナログにも無限の可能性を秘められている
と私は感じていて
デジタルとアナログのハイブリッドを
自分の経験による判断で私は併用しています。

それでは、また明日。

追伸: ご参考になるのかは、よくわかりませんが、


2019年12月28日に私自身の情で反応して、シェアしたのは

https://www.facebook.com/taira.tazawa/posts/2108810062555004


の1つでした。

興味があったら、クリックしてみてはいかがでしょうか?...

最新情報を知りたい方は

https://www.facebook.com/taira.tazawa

でご確認くださいませ!!

もちろん