一つひとつに想いをこめた「こだわりの家づくり」

注文住宅なら確かな技術と信頼を誇る弊社にお任せ下さい。

知りたくありませんか!?家づくりの本音!!(お客様の生の声)


他のエイハウスの「お客様の生の声」はこんな雰囲気です!確かめてみる!!

一年前の独り言から今日、元気をもらうブログ!!ブログに行く!!

「あなたの家づくりパートナーとして、本当に、ふさわしい私なのか!?」 是非とも、私自身で自ら、毎日更新しているブログをお読みになり、 私の頭の中にあるすべてをあなた様自身の感性でお確かめください!!

再確認!家づくりを委ねる職人さんの素顔!!その匠の技と力量とは…


家づくりに失敗しないためのお役立ち情報

あなたの家づくりを依頼しようとしている住宅会社は、2020年3月1日施行の改正建築士法にきちんと対応されていますか?
202003014goutatemono.png

エイハウスでは、お客様の「お住まい」という大切な財産を守るため、万が一の大きなご被害を受けてしまう前に、是非、お客様自身でご依頼予定の住宅会社に改正建築士法に関連したすべての事を、強くご確認することをお勧めしています。

消費税(10%)増税後の制度
shouhizei_book.jpg
8%の消費税で住宅を購入しようと思った場合、その期限は2019年9月30日となります。
そして、この日までに「新しいお住まいの『お引渡し』をお受けになられ、お住まいになられている必要があります。

ただし、請負契約を2019年3月31日までに締結すると「新しいお住まいの『お引渡し』が2019年以降になられても、8%の消費税が適用される経過措置が講じられ、8%の消費税で住宅を購入できます。
上記に当てはまらないご契約は消費税(10%)増税後のお取り扱いとなります。

【1】住宅ローン減税の控除期間を10年から最大13年(建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税)

【2】すまい給付金の拡充:対象となる所得階層を拡充、給付額も最大50万円に引上げ

【3】贈与税の非課税枠の拡充:非課税枠を最大1200万円から最大3000万円に引上げ

【4】新築は最大35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントがもらえる「次世代住宅ポイント制度」を創設します。※2020年3月31日までに工事請負契約を交わし、尚且つ、着工できる物件に限ります。また、「次世代住宅ポイント制度」の予算上限に達した時点でも同様に適用できなくなります。

※尚、詳しい内容をお聞きになりたい方はエイハウス独自のわかりやすい資料をご用意しております。
下記よりお申し込みください!!
※絶対にしつこい売り込みや訪問販売は一切いたしません。ご安心してお越しください。 


お問合せ・ご相談


お役立ち情報はこちら

「安くていい暮らす家!」 工事途中現場を公開中

エイハウスでは予約見学会実施中!工事途中現場を常時公開中です!!
■日時
ご連絡をいただき、ご予約していただければ、いつでもご覧いただけます。
■ご予約期間
2019年12月30日~2020年1月28日
■ご見学期間
2019年12月30日~2020年1月末日
■場所
秋田県湯沢市【完成物件】

※今回の予約完成見学会は、無事終了いたしました。

たくさんのご家族様のご参加ありがとうございます。
数ある住宅会社の中から、エイハウスをお選びいただいたお客様の御期待は絶対に裏切りません。
今後もよろしくお願いいたします。

■参加すると得する情報

家づくりの「お金」の話で、誰も語らない真実について良い事も悪い事も、あなただけの「お金」の真実を私が使命感を持ってお伝えします。

もちろん、絶対に自分勝手なしつこい 売り込みはありません。ご安心ください。

追伸、
今、住宅ローンを組んで「月々3万円台からの家づくり」
あるいは「月々5万円台でマイホームを持てます」

という言葉で目を引き、お客様の心を踊らして「家」という住宅会社の自社商品を売るための住宅会社の資金計画セミナーに参加して、家づくりのことを勉強したにもかかわらず、家を建てて住んだ後「お金」の問題が原因で後悔する方が続出しています。

なぜ?きちんと住宅会社の資金計画セミナーに参加して勉強し、仕様も同じ家で、エイハウスの「安くていい暮らす家」の価格よりも最終的な引き渡し価格が「高額」になると分かっているのにもかかわらず、

「本当に?一生涯?住宅会社が示した住宅ローンの月々の支払額で安心した家づくりは可能だったのでしょうか?」

答えは間違いなく「NO!!」です。

なぜなら、住宅会社の誰もが知っているのに 住宅ローンを組んで家づくりされるお客様には、一切、語らない、生々しい「お金」の真実が隠されています。

その隠された誰も語らない「真実」を私が包み隠さずにお伝えいたします。

ヒントは「あなた自身が生涯をかけて総額でいくらの住宅ローンの利息を支払い続けるのか?」にすべての話は収束します。

何百万円、あるいは高額な住宅になればなるほど数千万円にも及ぶ桁(ケタ)違いの利息を支払わないくても済む原理原則を一目で誰にでも理解できるまで数字的根拠をもって私が証明します。

「あなた自身だけのもっと詳しい失敗しない住宅ローンを組んだ時の「お金」の真実を知りたい!!」

と興味のある方はご連絡ください。

家づくりに必要とする「お金」に対する不安をクリアにしてあなたの心を一新し、私が晴れやかにして見せます。

※絶対にしつこい売り込みや訪問販売は一切致しませんので、ご安心してお越し下さい。

お問合せ・ご相談

なぜ?私たちはローンが組めないの!?

家づくりへの情熱

家づくりへの情熱

家を建てられたすべての方が必ず、幸せになるとは限りません!!これが今の私の本音です。

『嘘と無責任が大嫌いな一級建築士』の田澤 平です。 よろしくお願いいたします。

「一生に一度のお買い物だから『良い家』を作りたい!!・・・」と誰もがそう願います。私だって自分が家づくりをするのであれば、間違いなく、同じ気持ちになります。でも、よく考えてほしい事があります。「そもそも『良い家』とは、どんな家なのだろうか?・・・」という事です!!

株式会社 エイハウス 一級建築士 田澤 平

続きはこちら

商品の説明

標準設備が充実 私たちエイハウスはお客様と一緒になりお客様の目線で家づくりをしています。

その一環としてキッチンスペースに付く「カップボード」をオプション工事なしの標準価格内で取り付けています。

キッチンは標準でも「カップボード」は別工事というのが住宅業界の悪しき常識となっています。

これも「ワンランク上の家」に含まれる標準装備の一つです。

「『カップボード』はないより付いていた方がお得だ。」ということもありますが、それだけではありません。

固定されていない「カップボード」は地震が起こったときに、いきなり倒れ、怪我につながってしまったり、運が悪いと下敷きになって命を落としてしまう危険性さえあります。

エイハウスではこれを人災と考えています。

お引渡しを受けたときから「カップボード」が丈夫な壁にきちんと固定されていて、国が認める公的機関から「耐震等級3」の認定書を受けたお住まいであれば、いきなり倒れて命を落とす心配もありません。

「安全な家」というキーワードも、「ワンランク上の家」の絶対必要条件です。

さぁ、私たちエイハウスと「安くていい家づくり」を楽しく「実現」し、

特に、お引渡しを受けた、お住まいに住み始めてからも、住宅ローンの支払いが原因で「ストレス」のかからない「安らぎ」そして「安全」を手に入れましょう!!


施工へのこだわり エイハウスの建てる家は、同じご予算なら間違いなく「ワンランク上の家」です。

例えば、家を建てる時、ご家族ごとにご予算は違います。しかし、それだけではありません。

世帯年収、ご家族構成、お住まいになられる方々のご年齢、家を建てる土地の環境などなど…すべてが違います。

同じ予算で建てるなら、 「規格住宅」という間取りがまったく同じ家ではなくて、

あなただけのお悩みを解決し、あなただけのこだわりが一つでも多く取り入れられた 「世界に一つだけの間取り家」をエイハウスでは実現します。

お金をかけて高価な家を建てることはどこの住宅会社でも可能です。

しかし、同じ予算を使うのであれば、

日本で今、頻繁にどこでも起こりうる可能性のある大地震に対して、 追加工事費を必要とせずに、

一番耐震能力の優れている「耐震等級3」の技術を構造計算で導き出し、

国が認める公的機関から「耐震等級3の認定書」を受けられる家づくりを標準装備として、

エイハウスがあなただけが望む「世界に一つだけの間取り家」をおつくりいたします。

OBのお客様に対して、同じ間取りの家をエイハウスでは今までに「一度も」お引渡しした経験がありません。

それに同じ間取りの家は防犯上でも「犯罪者からも狙われやすい」という動かない欠点もあります。

もしかすると、お金を取られるのなら、まだ、あきらめがつくのかもしれませんが、

今の日本では、大切なご家族を守る家に放火されて火事になり、ご家族の命に係わるようなニュースもよく目にします。

「ワンランク上の家づくり」とは、大地震に対して強い「耐震等級3」の家だけではなくて、防犯上、「抑止効果のある家」であることも必要だ 。

と、エイハウスでは考えています。

これに、弟子時代に厳しく辛い修行を受け弟子上がりし、人間的にも尊敬できる 熟練した職人さんの技術が絶対に必要不可欠である。

と私は言い切りますが、皆さんはどう受け止められますか?

エイハウスの提供する家はこれらを「オプション工事なしのコミコミ価格」 という標準価格内で提供できる「安くていい暮らす家」です。


お問合せ・ご相談

最近の活動

最近の活動はFacebookでご覧いただけます。

20160220Facebook.jpg


お知らせ

エイハウスの「安くていい家」はフラット35S住宅業界最低水準の金利の適用が可能です!! 2020年02月の実行金利をアップしました。 20200201kinri.jpg

~2020年02月の住宅ローン(フラット35)についてのミニお役立ち情報~

年収250万円の方が返済期間35年(毎月の返済額一定)で借りられる融資限度額(既存借入金がない場合)に新機構団信が適用されてから最低金利だった4か月前の2019年10月の金利と比較すると

毎月の返済額は変わらないのに2020年2月も1月に引き続き60万円減りました。

60万円という金額は毎月5万円ずつ自己資金を1年間貯めるのと同じ金額です。

60万円は大きな金額だな。」と私は感じますが、この現実の数字の差額をあなた様はどう受け止めますか?

ちなみに住宅ローンを組んで2,000万円借りるとして0.01%金利が増えると月々のローン支払い額は約96円増えます。さらに35年間だと約40,320円多く支払うことになります。 これも同様にあなた様はどう感じられるでしょうか…?


詳しい家づくりのお金の話がお聞きになりたい方は下記からお問い合わせください。
※絶対にしつこい売り込みや訪問販売は一切いたしません。ご安心してお越しください。

お問合せ・ご相談

fiat35suii.jpg フラット35最低金利の推移(返済期間21年以上35年以下)
※9割融資の場合
20200202kinri.jpg

2000万円の借入金時返済期間35年に必要な毎月の返済額の推移
(既存借入金がない場合)
20200203kinri.jpg

年収250万円の方が返済期間35年(毎月の返済額一定)で借りられる融資限度額の目安の推移
(既存借入金がない場合)
20200204kinri.jpg

フラット35最低金利の推移(返済期間21年以上35年以下)
※9割融資の場合
20200205kinri.jpg

2000万円の借入金時返済期間35年に必要な毎月の返済額の推移
(既存借入金がない場合)
20200206kinri.jpg

年収250万円の方が返済期間35年(毎月の返済額一定)で借りられる融資限度額の目安の推移
(既存借入金がない場合)
20200207kinri.jpg

お問合せ・ご相談


2020.02.21 第1618回 「間違い探し」をただ感情に任せて、思い付きでしゃべるのではなくて、絶妙のタイミングをとらえて…!!(2020.02.21.金) 。ブログを更新しました。 https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/20/

2020.02.20 第1617回 「それはあなたが勝手に起こした事故でしょ」は、家づくりの今後の商談には全く通用しないわけ…!!(2020.02.20.木) 。ブログを更新しました。 https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/19/

2020.02.19 第1616回 「楽なことを考えるとろくなことがない」という自分の経験による教訓の方が大事…!!(2020.02.19.水) 。ブログを更新しました。 https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/18/

2020.02.18 第1615回 自分が変わり、それが自然体でできれば最高だと私は思って…!!(2020.02.18.火) 。ブログを更新しました。 https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/17/

2020.02.17 第1614回 「人の話を聞いて自分の中からアイデアを引きだせる人は一流」とありますが…!!(2020.02.17.月) 。ブログを更新しました。https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/16/

2020.02.16 第1613回 何かにひらめいた瞬間を記録することができる環境を作っておくことができれば…!!(2020.02.16.日) 。ブログを更新しました。https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/15/

2020.02.15 第1612回 「『絶対に反応が無いだろうな』というレスポンスレター」を反応してくれるレスポンスレターにしていくには…!!(2020.02.15.土) 。ブログを更新しました。https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/14/

2020.02.14 第1611回 「なぜこの商品を扱っているのか?」です。この部分が肝だと私が感じるわけとは…!!(2020.02.14.金) 。ブログを更新しました。https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/13/

2020.02.13 第1610回 「自分の力の無さを知ってからが本当のスタート」ということは現役で営業マンを続けている限り、終わりのない…!!(2020.02.13.木) 。ブログを更新しました。https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/12/

2020.02.12 第1609回 安定した成績で一人ぐらい、天然で、「お客様が喜んでいる姿が何よりもうれしい。」と本音で思う営業マンがいても… !!(2020.02.12.水) 。ブログを更新しました。 https://www.ahouse.co.jp/staffblog/2020/02/11

お知らせ一覧はこちら

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!